Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

昨日も調子にのってサンバイオ買い増しです。


昨年の記事ですが…

MedStar NRHのZorowitz博士は以下のようにコメントしています。
幹細胞は、脳の修復能を引き起こす生化学的プロセスを作り出すと推測されている。「新しい神経経路が発達すると我々は信じている」とゾロウィッツ博士は言う。「脳は小児に見られる可塑性を模倣し、傷害を補い、回復を促進するための「回避策」を開発している」と彼は付け加えた。

調べてみるとMedStar NRHもZorowitz博士もリハビリの専門家です。

というかZorowitz博士は
ゾロウィッツ博士は、米国物理学会およびリハビリテーション学会の研究員で、臨床実践ガイドライン委員会委員長(2012-2015)を務めました。彼はNational Stroke Associationの取締役会のメンバーです。彼は、物理医学とリハビリのアーカイブの編集委員、ストロークリハビリテーションのトピックス、ストロークのメンバーです。
というくらいの、もはや専門家どころかトップクラスと言っても良い方ですしMedStar NRHも並々ならぬ病院であることが伺えます。
そんなひとかどの人物であるZorowitz博士が治験に参加されているのは心強いです。

偉い先生がこう言っているから正しいとか間違っていると決めつけることができないのは当然ですが複数の著名な先生方がポジティブな発言をしていることというのはそれなりに根拠があるのだろうと思います。
(もちろん全員が誤っていたという可能性もありますが)

慢性期脳梗塞のP1/2aでは回復しないと思われていた患者の7割以上が臨床的に意味のある回復を見せています。
(いわゆる"驚異的"な結果です)

少し前にTwitterでFMAを繰り返し行うことでポイントが上がるという話も出ていましたが、繰り返しによる学習効果を上回る効果が出ているからこそ著名な先生方がポジティブなコメントをしているのではないでしょうか。
Steinberg博士をはじめとした先生方は我々素人(医療関係者であっても専門外の人)には想像もつかないほど様々な症例や後遺障害を見てこられたわけで、おそらく一人の患者に何度かFMAなりのテストを行うという経験は山のようにあるのではと思います。
その自身の経験からではあり得なかった回復があるからこそ、この新しい治療法に期待して"Ask The Expert"に出演されたりインタビューに答えてるのだと邪推してしまいます。
(たまにSteinberg博士のことも調べていますが実に色々なところで幹細胞による脳卒中の治療について講演されてます)

つまり素人が「プラセボの可能性が~」なんて言ってもそんなことは先生方も十分承知しているわけで、あとは動物実験や臨床試験の結果を信じるかどうかだと思っています。

動物実験も例えばがんでは動物で有効性が出ても人に投与して臨床試験を行った場合、有効性が出ないことが多数あります。
抗がん剤の開発は極めて難しく、動物実験で有効性が示されても、実際にヒトに投与する臨床試験では有効性が示されないことがあります。実験に用いているがん細胞株は、元のがん組織の特性が失われているため、抗がん剤の正確な治療効果を予測できない可能性があります。

しかしSB623は実際に動物で脳梗塞のモデルを作り出したり脳を損傷させたりしてそれを回復させているのでこれはかなり可能性が高いと思うんですよね。
TBIでは現在行われている治験が人への初の投与になりますが、動物実験ではラットの脳を損傷させたあとにSB623を投与したら運動機能、神経機能が有意に改善したとあります。
(もちろん対照群もいる実験ですが私の理解力だとなかなか論文を読むのが難しくニュアンスでしかわかりませんでした)

結局いまの段階では何を言っても妄想にしかなりませんが結果は必ず付いてくると思っています。
100円、200円程度の上げ下げなんて気にしてもしょうがないのですし刻々とタイムリミットも迫っているので金が入ったら買うようにはしています。
ボーナスが入ってからも買いたいのでしばらくはこの辺でうろうろしててください。笑




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ようやく我が社でも確定拠出年金(DC)のマッチング拠出が開始されるようです。
開始時期は12月からとなっていました。
前々からかなり期待していた制度なので「やっと来たか!」という感じです。

マッチング拠出とは企業型DC(会社が掛金を拠出)に一定の範囲内で従業員が掛金を拠出することができる制度です。

拠出できる額は以下の制限があります。
1.会社と従業員の拠出額が合計が55,000円を超えない。(企業年金のあるところは27,500円)
2.従業員拠出額が会社の拠出額を超えない。

私の勤めている会社では企業年金はなかったはずなので上限は55,000円です。
ですが現在の会社からの拠出額が18,700円なので私は18,700円拠出することができます。
個人で拠出した額についてはiDeCoと同じく全額控除の対象となります。
私の条件でろうきんのシミュレータで簡易的なシミュレーションをした結果、18,000円の拠出で年間43,700円の節税となります。
(ろうきんの節税シミュレータ)

18,000円×12か月だと216,000円になりますがその20%に相当する額が節税できるので是非ともこの制度を利用させてもらおうと思います。
じゃあもっと早くからiDeCoでやれよって感じなんですけどなんかめんどくさかったので…



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

親メダカから隔離していた卵から稚魚が次々と誕生しています。
先日、見たときは1匹しかいなかったんですけど現在は10匹くらいまで増殖しています笑
こうやって繁殖してくれると嬉しいですね。
成魚サイズになるのに約3か月ほどかかるようです。
最初の1か月を乗り切れば結構生き残る確率が上がるようなのでその間くらいは注視しておこうと思います。
一応、稚魚用の餌も買ってきたんですけど外に出していたら必要ないという話もありますしあげるか悩み中です。

親メダカも稚魚も水とソイルとマツモだけしか入れてませんがピンピンしてるのでベランダビオトープというのは非常に理にかなった飼育法なのだと感心します。

そして、白メダカを5匹購入してきました。
生き残ったヒメダカが2匹ともメスっぽいので今度は違う色のメダカと思って白メダカを購入したのですがやっぱりヒメダカとは違う色合いがまた美しいです。
ソイルが黒のため上見でもゆったり泳いでいるのがよく見えます。この白メダカたちも卵を産んでくれると嬉しいんですけどね。




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ランニングを始めて約2週間、本日初めて10km走りきることができました。
10kmなんて走ったのはおそらく8年ぶりくらいだと思います。

今日は昼間に時間があったので
「10km走れるかな?」
くらいの気持ちで挑戦してみたらなんとか走れたという感じです。

記録は1時間6分4秒、6分36秒/kmでした。
まあ、7分/kmくらいかなと思っていたのでとりあえずは満足しています。
ペースを落とせばもう5kmくらいなら走れるかなというくらいの疲れ具合で終了しました。
1時間以上連続で体に負荷がかかり続けることってそうそう無いので足とか心肺の前に心が折れそうになりました。
しかし当面の目標である5km25分っていうのが全く見えてこないですね…
当分、10kmは走らないと思います。笑

ネットとか本とかで"流し(またはウインドスプリント、短距離を7~8割くらいの力で疾走する)を取り入れると良い"なんて書いてあったので走ってる途中に何本かダッシュを入れたら苦しくなって逆に時間がかかってしまいました。

そろそろランニングメニューでも考えようかと思ったのですが調べるとペース走とかATとかLTとか色々出てきて心拍計がないと行うのも難しそうです。
っていうか心拍計があっても難しそう。(そもそもまだそのレベルじゃないだろと言われればそれまでですが)

いま参考にしているのはコーチがいない人のための中長距離トレーニング塾コニカミノルタ ランニングプロジェクトの初心者向けの練習法なんですけど、中長距離トレーニング塾の方では初期のメニューとしてWSを100m10本などジョグと分けて行うように組み込まれているので長めのジョグをする日とジョグ&WSを行う日など緩急をつけて練習するのが良いみたいですね。

中長距離トレーニング塾の初心者向けメニューでは快調走1kmのタイムにより今後の練習ペースを決めるという項目があります。
週に1回1kmの快調走のタイムを計測するのを1か月続けて1番良いタイムを元にペース走や回復ジョグなどのタイムを求めるようなので次に走るときはこの快調走のタイムも計測してみようと思います。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

6月からランニングを始めました。

前々から走ろうとは思っていたのですがなかなか踏み出せずようやく今月から重い腰を上げてランニングをしています。
私の走歴は何年か前に気が向いたときだけ走っていたくらいで本当に初心者と言っても過言ではないレベルです。
一応、自重の筋トレはずっと続けているので(週1~2)全く運動していないわけではないのですが走るということに関してはずぶの素人です。

走ろうと思ったきっかけは友人からフルマラソンに出ようと誘われたからなのですが、フルマラソンは完走できれば良いやくらいの気持ちでいます。
フルマラソン以外の目標として「5000mのタイムを上げたい」なんてことを考えています。

なぜ5000mなのか。
仮に本格的にマラソンに取り組んでフルマラソンのタイムを上げるとなった場合、慣れてきたら20km、30km走るという練習をある程度の頻度で行うと思うのですがそこまで走ることに時間も気持ちも費やせないなと感じたからです。
(そもそも走れるようになってから言えよって話ですけど)
「じゃあ10kmでも良いんじゃないのか」
となりそうですけど、とりあえず5kmをしっかり走れるっていうのを目標にしてそこから距離を増やしていくかタイムを縮めようとするのかまた考えたいと思います。
5kmなら時間がないって言い訳は通用しませんしここで走るということの下地をつけておこうかなと。
っていうか走るのって得意じゃないし好きでもないけど(え?)走ること自体は悪くないと思うのであまり負担にならない範囲で5km頑張ってみようくらいな気持ちです。

で、早速今月に入って3回ジョグってきたのですが信じられないくらい遅くて自分のことながらびっくりしました。笑

"週1回の練習でマラソンは走れる"みたいな本を買ってきて読んだら
「初心者は最初の1か月は非常にゆっくりのペースで走って足を作りましょう」
的なことが書いてあったので本当に早歩きペースでとりあえず約5km走りました。
週1で1か月だと4回しか走れないんですけど初心者だとそのくらいが丁度良いんですかね。
今月はもう3回走ったのでオーバーワークかもしれません。笑
一応タイムは以下の感じです。(毎回5kmちょっと走行)

1回目
8:13min/km

2回目
6:42min/km

3回目
6:16min/km

1回目のペースだと遅すぎて逆に気持ちがダレてしまったので2、3回目は少しペースを上げて走ってしまいました。
この3回の結果を踏まえて5kmを25分というのを最初の目標にしたいと思います。

前回の6:16min/kmでもやや余裕があったので次回はもう少しペースアップしてみつつ怪我をしないようにだけ気をつけたいと思います。
時間があるときは距離も伸ばしてみようかな。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ