Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

明けましておめでとうございます。

新年早々で申し訳ありませんが、私の独断と偏見で2019年のお年玉銘柄を予想してみたいと思います。

いきなりですが、世の中には様々な投資のスタイルがありますね。
株、FX、先物、オプション、債権、銀行預金、貴金属等々、多数の投資対象が存在します。
同じアセットクラスであっても、その中身の投資手法は多岐にわたります。
例えば株ではインデックスファンド、ETF、配当金や優待狙い、バリュー、グロース、個人で先物やETFを使ったロングショートなんかを行っている人も多くいます。
この中で、どれか一つの手法に拘るという人は意外と少なく、多くの方は複数の項目を意識してポートフォリオを組んでいくのだと思います。

色々な考え方があるなかで私が常々意識しているのは、
「爆発的に上昇するような銘柄に資金を投じる」
ということです。

では、爆発的な上昇が期待できる銘柄とはどんなものがあるのでしょうか。
それは、未だに人類が到達できていない領域を切り開いていく可能性のある銘柄だと思っています。
世界中の誰に聞いても
「そんなことが可能になれば、それはとても素晴らしいことだよね」
と言われるような、技術を持つ会社を選ぶことが大切ではないでしょうか。
それは一部の人にしか恩恵がないような物ではなく、多くの人に恩恵をもたらすものでなくてはなりません。(だんだん雲行きが怪しくなってまいりました)
そして、景気や流行り廃りに左右されず、いつの世でも人々に必要とされる、そんな会社であれば最高です。


その辺を踏まえてどんな銘柄が良いのか考えた結果、、、




4592 サンバイオ




を今年上半期のイチオシ銘柄にしたいと思います!


「、、、お前ふざけてんのかよ」
と思われるかもしれませんが私は大真面目です!
いくつか、気になる銘柄はありますが、自分が持っていなかったり少ししか持っていない銘柄をオススメするのはどうかと思うので、結局サンバイオになってしまいました。

なにも、サンバイオ、サンバイオ言い過ぎて引っ込みがつかなくなったからサンバイオって言ってるわけではありません。
直近で期待できる材料が多数あるので、短期間で株価が大きく上昇する可能性も高いです。(失敗したら下へ振れます)

未だに「時価総額ガ高イカラー」って言う人もいますけど、昨年7月、エーザイがバイオジェンと共同開発中のアルツハイマー治療薬BAN2401のP2突破で時価総額を8,900億円上げたのをもう忘れてしまったのでしょうか。
また、2018年の時価総額増減ランキングで3位に入っている大日本住友製薬は1年間で7,245億円の上昇を見せたわけですが、7,245億円のうち、11月2日以降、大納会の終値までで5,270億円程度上昇しています。
途中、ラツーダの用途特許について係争中の後発品メーカーと和解するなどがあり、この上昇分全てがTBIのP2成功を好感してというわけではありませんが、それでも市場はSB623の成功に期待していることがわかります。(知りませんけど)


さて、そんなサンバイオですが、今後、どのようなイベントが予定されているのか紹介したいと思います。

・1月7~10日
JPモルガン・ヘルスケアカンファレンスに参加、森社長がプレゼンを行います。

・1月25日
森社長だけでなく、創業科学者の岡野教授、厚生労働省審議官の森氏、大日本住友製薬の取締役執行役員の木村氏等、そうそうたる顔ぶれの方々が登壇されます。
サンバイオホルダーならこの面子を見てビビっと来るものがあるのではないでしょうか。

・2月20~22日
第5回再生医療産業化展 大阪では、セミナープログラムで森社長が講演を行います。
また、厚生労働省審議官の森氏、大日本住友製薬の岸野氏の講演もあります。


昨年12月22日で組み入れ完了から1年経過した慢性期脳梗塞P2bの結果もあと1か月ほどで出てくるのではないかと言われています。
脳梗塞P2bでは、主要評価項目が手術後から6か月後のFMMSが10ポイント以上改善している割合なので、この部分のデータは既に揃っているはずです。
大日本住友製薬の意向により、安全性を見るために12か月の経過観察期間を設けていましたが、それも昨年の12月22日で完了し、あとはデータを解析するだけとなっています。

繰り返しになりますが、脳梗塞P2bでは主要評価項目が、FMMSのベースラインから10ポイント以上改善した割合となっています。
コントロール群に当たった患者さんが10ポイント以上の改善は非常に難しいので(TBIのP2ではコントロール群は平均2.4ポイントの改善)、実質はSB623を投与された患者さんの中で何割程度が10ポイント以上改善するかを見るテストとなります。
P1/2aでは7割以上の方が10ポイント以上改善しています。
以前に、サンバイオの治験考察で紹介させてもらったのですが(セックさん情報提供ありがとうございます)、P1/2aの半分程度の結果でもいけるという話がありましたよね?(知らんがな)
なぜ半分程度の結果でもいけるのかというと、コントロール群が10ポイント以上改善はほぼ無理なので、SB623で改善した患者さんが仮にP1/2aの半分ほどでも十分に有意差が出てくるというわけです。

これまでは、
「いやいや、そうは言っても、リハビリとかFMMSのテストを何回も受けてたら10ポイントくらい改善する患者さんはいるだろうから、有意差が出るかどうか難しいだろ」
という話が"かなり"出ていましたが、TBIのP2の結果からその可能性は消滅し、今ではそんな恥ずかしいことを言ってる人はいなくなりました。(え)
ということで、脳梗塞P2bの結果はかなり良いものと予想していますが、市場が脳梗塞の成功率をどれほどと見込んでおり、株価にどの程度織り込んでいるかはわかりません。
でもこれほどの新薬なので成功時のインパクトは大きくなりそうです。

SBI証券のレポートでは、今年1~2月にTBIの承認申請が行われると予想しており、立て続けに色々な材料が出てくる可能性も高くなっています。
ますます売る隙がありませんねー。()
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

2018年の年初来パフォーマンスは税引き前で+178.7%でした。

大健闘と言いたいところですが、先日の急落局面でガチャガチャやったり、調子にのって色々買って含み損で苦しんだり(ラクオ)と自分でマイナスになるようなことばかりしてしまったので、反省点はめちゃ多いです。
(去年も同じこと書いてたような…)

来年の戦略は、脳梗塞の結果とか導出とか色々出てくるまでサンバイオを保有しつつ、気になる銘柄の調査を続けるって感じでいきます。(ほとんど今年と一緒)
仮に、このパフォーマンスを数年でも続けることが出来れば、充分リタイアできる資金が貯まるので、"これは!"と思う銘柄をじっくり調べて積極的に資金を投じていければと思います。


そう言えば、ツイッターを始めてちょうど1年経つのですが、ツイッターには超凄腕の方たちがゴロゴロと生息しているのに驚愕しました。(今さら)
情報量がハンパないですし、みんな本当に勉強してるんだなと感心しきりです。
情報量が多い分、取捨選択していく能力も必要ですが、相手の話に丸々乗っかるのではなく、自分もしっかり勉強していけばそこまで間違った選択はしないのではと思います。

一番の収穫がツイッターを通じて凄腕の方たちと実際にお会いすることが出来たということかもしれません。
その時は何気ない会話だったかもしれませんが、自分としては凄く勉強になった時間でした。
来年の一つの目標として、積極的に個人投資家の方々にお会いして、話を出来たら良いなと思ってます。

では、また来年も退場しないように頑張りましょう。笑
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

本日、DWTIから
緑内障治療剤「H-1337」の米国第I/IIa相臨床試験結果のお知らせ
が発表されました。

内容としては、H-1337のP1/2aの結果について、同剤について安全性が確認できたこと、主要評価項目の眼圧についても、1群20名程度ながらプラセボ群と比較し有意に低下が確認されたという素晴らしい結果となりました。
すべての患者さんが100%試験を完了し、投与中止や中断もないとのことで、有効性も含めて順調に上市まで辿り着けそうな案件だと思います。(思うだけ)

このP1/2aではPOCを取得することを目的としてプラセボ群と比較したわけですが、以下の通りの優れた結果となったため、Allystaを含めた導出も期待されます。
H-1337 の3投与群は、投与 28 日後にプラセボ投与群に対して優れた IOP 低下効果を示しまし た(p < 0.0001)。投与 28 日後のベースラインからの日内変動(8 時間)の IOP 変化の中央値は、 H-1337 0.6%投与群で-5.1mmHg であったのに対し、プラセボ投与群は-0.4mmHg でした(p <  0.0001)。すべてのH-1337 投与群は、各 12 時間の投与間隔(朝と夕方)の終了時点を含むすべ ての時点で、プラセボに対して優れていました。H-1337 投与群の投与 14 日後の IOP 低下効果 は、投与 28 日後の IOP 低下効果と同等で、プラセボ投与群に対して有意に優れていました。H -1337 0.06%投与群と比較してH-1337 0.2%あるいは 0.6%投与群は、より大きな IOP 低下を示す 傾向がありました。 


ちなみに、Allystaへ導出した場合、契約一時金、マイルストンを含めて最大で97百万ドルとなる可能性もあります。

IMG_20181220_205529

仮に導出が決まれば、H-1129のP3開始マイルストンやグラナテック、DW-1002のロイヤリティも含めて来期の黒字化は確定的となり、赤字だらけのバイオベンチャーの中でも一歩抜きん出た存在となりそうです。(時価総額的にも面白そうですね)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

これまで最強かと思われていたサンバイオですが、本日-1,160円(前日比-12.55%)と大きく下落しました。
サンバイオの牙城もついに崩壊かと思われがちですが、私は全くそうは思いません。
サンバイオ自体になんら悪材料は出ていないからです。
むしろ、ここひと月の間にメガバンク3行からコミットメントラインを取り付け、JNSにP1/2a後の2年間の追跡結果が掲載されるなど、事業内容は着実に前進しています。
そして、来期(2019年2月以降)早々に出るであろう慢性期脳梗塞P2bの結果も、非常に期待できるので、地合いの影響か、個人の狼狽か、機関の揺さぶりかは知りませんが、まだまだ売らずにホールドしています。

今回の下落と脳梗塞の結果を結びつけるような人がいるかもしれませんが、わずかひと月半前の出来事を思い起こしてみれば、TBIの結果が出る直前に3,000円を割るかというところまで下げたことから見てもこの程度の上げ下げはあって当然と思います。

「じゃあ、どこで下げ止まるんだよ?」って話になるかもしれないんですけど、そんなことは私の知る由ではありません。
ただ、少なくとも脳梗塞が成功すれば、直近高値は超えてくるはずと思うので、いま買い増しできる人は正直、うらやましく思います。
私は増担解除されるまでは買えませんので。

脳梗塞の結果が出る前に増担が解除になり、株価も下がっているのなら、逆に千載一遇のチャンスと言えるかもしれません。
9,000円やそれ以上の株価で推移したまま、2月を迎える場合と7,000円程度まで下落して2月を迎える場合、どちらが大きく買い増しできるかは自明の理であるからです。
信用取引を勧めるわけではありませんし、脳梗塞が成功するなんて保証はどこにもありませんので、あとは個々が、己の調査結果をどれだけ信じることが出来るかという話になりますけどね。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(以下DWTI)は来期赤字の場合、上場廃止となるため、是が非でも黒字化したいと考えているはずです。

DWTIの中経を確認すると、来期予想では売上500百万円~650百万円となっており、研究開発費等は調整してくるはずなので、この辺の売上が達成できれば上場廃止は回避されるはずです。
IMG_dwti_1

来期の売上に見込まれる材料としては以下の4点が確度の高いものとして挙げられます。
・グラナテックのロイヤリティ
・DW-1002(欧州)のロイヤリティ
・H-1129(わかもと)のP3開始マイルストン
・DW-1002(日本)の承認申請マイルストン

これらがどの程度の売上になるのかですが、まず、グラナテックとDW-1002(欧州)のロイヤリティで300百万円程度になると思われます。
今期の3QではグラナテックとDW-1002のロイヤリティ、グラウコスとのライセンス契約で205百万円の売上となりましたが、大部分は2剤のロイヤリティが占めていると思われます。
グラナテックは例年、4Qに向けて売上が増加していっているので今期は2剤のロイヤリティで250百万円は超えてくると思われます。
来期はさらにグラナテックが伸長し300百万円という予想です。
ターキーさん予想では2剤で250百万円。
IMG_20181209_111530
IMG_20181209_113038
IMG_20181209_114309

次に、H-1129のP3開始マイルストンですが、P2b開始によるマイルストン受領時の売上の推移から50百万円~80百万円ほどと予想しています。
ちなみにターキーさん予想では250百万円とのことです。
250百万円であれば、来期黒字化はほぼ確定的だと思います。

最後に、DW-1002(日本)での承認申請マイルストンですが、どの程度の額になるかは不明です。
おそらく、それほど高い金額ではないでしょう。


前回の記事でも書いたように、来期にH-1129のP3開始マイルストンが入ることで黒字化の可能性はかなり高まりましたが、私としては、あと一押しが欲しいところです。
H-1337についてはAllysta社とライセンス交渉中ですが、非独占的なものなので、他社とも並行して交渉を行うとあります。
P1/2aの結果次第と思いますが、仮にAllystaへ導出があれば、最大97百万ドルのマイルストンとなるので、一時金で数億円得られる可能性もあります。
IMG_20181209_223050

他に期待できそうな材料として、H-1129(海外)かDW-1002(白内障)の導出もあります。


H-1337はP1/2a終了から既に2か月半ほど経っており、通常であれば結果が出ていてもおかしくないはずです。
全く効果がないか副作用により開発中断となれば、いつまでも治験結果の発表を引っ張るのはおかしいので、治験は上手くいき、POCも取れているのではと考えています。
(バイアスかかりまくりです)
となると、導出の交渉中により、契約がまとまるまで発表しないという可能性も…(バイアスがry)
まあ、そこまで楽観視はしていませんが(え?)、上場廃止回避からの大幅黒字化の可能性も残されており、そうなればかなりの資金が入ってきそうです。

DWTIは2020年、21年には上市品が一気に拡大していくため、来期は何がなんでも黒字化し、次に繋げてもらいたいと思います。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ