Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

前回、多摩川でガサガサ 2で捕獲してきたウキゴリ(スミウキゴリ?)やヌカエビやドジョウをメダカやハヤのいる水槽に入れたのですが「なんかメダカが少ないな~」なんて思っていたら9匹から3匹にまで減ってしまってました……
元からウキゴリも1匹入っていたので大丈夫だろうと思ったのですが甘かったようです。
よくよく水槽を見るとメダカの頭だけ転がっていたりという凄惨な状況で恐らくウキゴリに食べられたのでしょう。

慌ててでかいプラケースとメダカ用というソイルを買ってきてメダカ3匹を隔離しましたが弱っていたのか更に1匹死亡してしまい残りは2匹のみとなりました。
これからはメダカはベランダビオトープで飼育していくことにします。

悪いことばかりではなく良いこともあって最近、メダカの産卵ラッシュが起きていて卵をつけているメダカを発見しては別の水槽に隔離しマツモに卵を産み付けたら元に戻すということを繰り返していました。
そして今日、遂にメダカの稚魚を発見しました。
親メダカはかなり減ってしまいましたがこの稚魚達が成長しまた繁殖してくれることを祈ります。

また、ホームセンターのペットコーナーでウィローモスを購入しました。
60cm水槽に入れていたホテイソウを全てベランダに移動させ、エビたちの隠れ家が少なくなってしまったためウィローモスで代用しようという作戦です。
(マツモがめちゃくちゃ増えてるのでいらないような気もしますけど)
ウィローモスを活着させるためのプラケースみたいなのも買ったんですけどみんな石とか園芸用のマットとかに活着させてるみたいなのでいらなかったかな。(600円くらいしました…高)
今度は100均で調達します。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

IMG_20180601_183101

先月とほぼ変わらずです。


先日、職場で確定拠出年金の話になりました。
私を含めて年齢が比較的若い人の中には株式(日本、海外含む)の比率をほぼ100%まで上げて運用している人がちらほらいました。
私が思っている以上に投資というのは身近になっているのかもしれません。
(もちろん
「株なんてリスキーなもので年金を運用するなんてどうかしている」
っていう人もたくさんいましたが。)

ポートフォリオの構成などを聞いてみると、まあまあな割合でインデックスファンドとアクティブファンドを同時に買っている人がいることが判明しました。
例えば日本株インデックス40%、○○日本成長株ファンド20%、外国株インデックス40%といった感じです。
確定拠出年金を株式で運用するのならインデックスファンドを買っておくというのが妥当な選択肢だと思いますが、そこにアクティブファンドを混ぜるメリットって何かあるのでしょうか。

気になったので

「インデックスファンドだけの方が手数料が安くないですか?」

と聞いたら

「手数料??1%ちょいだからほとんど変わらなくない?まあ"成長株"って言うくらいだし普通のよりも上がる可能性もあるでしょ」

という返答をいただきました。(そのファンドの手数料は1.7%ほどでした)

それに、"日本株1つだけ"だと不安だから2つ選んでいるとも。

この2つの回答を聞いて合点がいきました。
そもそもインデックスファンドとはどういうものかを全く理解していないということ、さらに手数料についてはもう全くといっていいくらい気にしていないということから2つ選んで"分散"させた方が安心と感じるのでしょう。

昨今、巷では"資産運用"やら"投資"やらの話をよく聞きます。
そういう方たちも様々な媒体から得た情報で投資の必要性は感じていても「じゃあどうすれば良いのか」が全くわからないので感覚的に自分が正しいと思った配分で投資したのでしょう。
ネットで調べるなり山崎元氏の本を1冊で良いから読めば考え方は変わるのかと思いますが、「投資の勉強=めんどくさそう」という人がほとんどだと思うのでそこまで至る人も少ないんでしょうね。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

IMG_20180531_100424

本日、午前10時頃に三井住友カードより「ご入会審査のお知らせ」というメールが届き審査に通った旨の通知を受けました。

"ANA VISA ワイドゴールドカードの申し込みをしましたが審査に通る気がしません"なんて記事を書きましたが杞憂?だったようです。(実際ギリギリのところだった可能性は高そうですが)

一般カードもリボ払い、ゴールドカードの初期設定?もリボ払いにしていて、そもそも銀行の引き落としが出来ていなかったという状況でも大丈夫なんて…
"ゴールド"なんて付いてますけどそんなに大したものじゃないってことなんでしょうね。
ネットの情報に踊らされてしまいました!

最初に「満20歳以上かつ年収400万円以上」なんて条件を見たときは楽勝!と思いましたし実際、楽勝なんでしょうけど私の場合、認印相違により引き落としが出来ておらずさらにしばらく放置していたという特殊な事情があったので少し時間がかかったのかもしれません。
5/30の深夜(日付は5/31)にネットで申し込みをしたので3営業日で連絡が来たことになります。
今日の夕方にはキャッシングやリボ払いの案内のハガキが届いたので実質、先週金曜日(6/1)には審査が完了していたんでしょう。
何はともあれ作ることができたので後は年会費分程度は元を取れるようにしたいと思います。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

本日も多摩川(の支流の野川)でガサガサをしてきました。
2回目のガサガサですが野川(二子玉川近辺)はあまりガサガサに向いていないのかもしれません。
水際に草が繁茂しているところが意外と少なくて水深も浅いためガサガサしにくいような気がします。(早くも贅沢を言い出す)

成果はウキゴリ2匹と10cmくらいのドジョウ(マドジョウ?)、エビ多数でした。(前にヨシノボリって書いたけどウキゴリでした)
今日は小魚は狙わず石をひっくり返して出てきた魚を狙うようにしたため底物系が多かったです。
エビはもういくらでも捕れるので結構逃がしちゃいましたけど。

狙いはオヤニラミだったのですがどうやら野川にはいないようです。
投網をしていた方に「何か狙っているんですか?」と聞かれ「オヤニラミを探しているんですけど…」と言うと、どうやら野川の下流域では見たことがなくもっと上流にいかないと駄目だそうで。(泣)
更なるリサーチが必要なようです。

捕ってきた魚たちは水合わせをして水槽へ。
大分賑やかになりました。
早くオヤニラミを捕まえたい。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

5月のパフォーマンス
月間パフォーマンス -2.3%
年間パフォーマンス -20.7%


あれ?なんか計算おかしくない?
入金した分は除いて計算してるんですけど4月か3月分が間違ってたのかな。
一応年間パフォーマンスはこれで合っているはずなんですけど。

今月、大量入金したので口座残高自体はそんなに減ってないように見えるのですが先月に引き続きマイナスが拡大しています…

今はサンバイオが9割以上とキャッシュが少しっていうスゴくシンプルなポートフォリオとなっているので単純にサンバイオが上がれば私のパフォーマンスも改善されます。

最近、思うんですけどバイオ銘柄をいくつも買っている人ってなかなか勝つのが難しい気がします。
ツイッター等で保有銘柄を載せている人はたくさんいますが特に複数(感覚的に5銘柄以上)のバイオ銘柄中心にポートフォリオを構成している人って全部が全部上がると思ってるのでしょうか。(余計なお世話)
ツイッターのmotihamotiyaさんみたいに相当上手くやらないと(安く買って長期で保有したり)厳しいのではないかと思います。

つい最近だとブライトパスバイオなんかは治験失敗で半値になりました。
そーせい、ラクオリア、メドレックス等々大きく下げた銘柄は枚挙にいとまがありません。(サンバイオも…)
1つの目標として"1億円"というのを掲げたとき、複数のバイオ銘柄中心でポートフォリオを構成すると、どれかで大きく利益が出ても別のどれかで大きく食らってしまう可能性が高くなります。

「いやいや、もしブライトパスに全力してたら資産が半分になってたじゃないか。でも5銘柄で分散していたら仮に1銘柄で半分になっても全体では10%のマイナスで済むぞ」

このように思われる方もいると思います。
確かにこれは正しい意見ですが"1億円を達成する"という点から見るとブライトパス全力の方が正しい行動に思えます。
仮にITK-1のP3が成功していれば買いが買いを呼んでもしかしたら2倍3倍になっていた可能性もあります。
ブライトパスによる億り人も出ていたでしょう。
ですが5銘柄に分散していては1銘柄で2倍になったとしても全体で見ると+20%、3倍でも+40%にしかなりません。
"億り人が出ていた確率"で考えると圧倒的にブライトパス全力のほうが高くなるのです。
もちろんこれは攻撃力のみに特化していて防御力は皆無なので今回のような治験失敗など悪材料が発生すると資産は大きく減ってしまいます。

「でも+40%なら充分じゃないか」

と思われるかもしれませんが他が下がらないとも限りませんよね。
もちろん上がってくれれば良いんですけど、上がるバイオを複数選び出すってとても難しいことです。

そもそもバイオベンチャーへの投資というのは投機に近い部分もあると思っていて、そういう銘柄をいくつも集めてポートフォリオを構成しても全部が全部成功するわけではないので結局上昇と下落で相殺してしまって資産は増えにくいのでは。
それならコア・サテライト戦略のように安定した成長を望めるような銘柄を中心にし、ポートフォリオの一角として厳選したバイオ銘柄を持つ、または私のように集中投資した方が将来的に大勝する可能性は高いと思います。
1銘柄しか買わなくてもキャッシュポジションを多くするなどすればリスクは大分抑えられるはずです。
バイオで一攫千金を狙っているのに複数のバイオに分散してリスクを減らすというチグハグさに違和感があるのかもしれません。

私はサンバイオ全力であれば1億円は達成できると思っています。(それ以上も)
しかしバイオベンチャーを5銘柄均等に買って1億円目指せと言われたら全く自信がありません。

なんてことを思った次第です。

この辺の記事も読んでいただけると私の偏った?考え方がわかるかもしれません。






にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ