Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

野村證券の大量保有報告書出ましたね。
最近のバイオは増資増資増資でツイッターにも少し書いたのですが特にメドレックスの増資はヤバい匂いがプンプンします。(シンバイオはもうノーコメントです)
マイクロニードルアレイは協業相手がおらず臨床試験すら始まっていないのに量産化っていうのが……
ポジティブな増資は下げないなんてコメントもありましたがポジティブの域を通り越していると思います。
サンバイオも治験結果発表前に上市後の体制構築のため増資していますが臨床試験は終了間近、慢性期ではほぼ回復しないはずなのに著明な回復が見られる患者が現れている可能性、国内外からの評価が非常に高いこと、HCATSとSB623製造の業務提携を行ったことから成功率は全く異なると思います。

今回の行使の前提として以下の2パターンが挙げられます。
  1. 新株予約権者(野村證券)は下限行使価額(2,660円以上)であればその裁量により行使を行うことができる
  2. サンバイオは終値で下限行使価額の120%を下回らないとき(3,192円以上)に野村證券に対して行使指定を行うことができる
4月9日、10日に合計40万株の行使が出ましたがこれはサンバイオが行使指定したものではなく野村證券が裁量により行使をしたものです。
(サンバイオが行使指定したらIRを出すこと、行使指定後は20取引日以上空けることから)
サンバイオが行使指定を行うことのできる3,192円以上であったため双方そんなに悪い条件ではなかったのではないでしょうか。

私は当初、新株予約権発行に関するお知らせを読んで1ページ目に野村證券の裁量による行使ではなくサンバイオによる行使指定のことが記載されていたためサンバイオが株価を見ながら行使指定を行うのかもと思っていました。
つまりサンバイオが行使の主体であると感じたのです。
しかし今回の40万株の行使があったことにより野村證券はサンバイオと関係なしにガンガン行使を進めてくると思いました。
(もしかしたらサンバイオと野村の間で多少やり過ぎないようにくらいの話はしてるかもですが)

40万株の行使があったから即、市場に40万株流れたというわけではありません。
新株予約権を40万株行使したら野村證券が40万株取得したことになりその後、市場内でその40万株を売却していくのです。
40万株売却しきったら(もしくは裁量により)また新株予約権を行使してサンバイオ株を取得し売却していきます。
恐らくですが市場内で400万株全て売却するのではないでしょうか。
この流れは今後出てくる大量保有報告書もあわせて見ていくとわかりやすいと思います。
4月9日以降、1日数万株ずつ売ってきているはずです。
ここ数日の出来高で40万株売るのは厳しいので上がったら売りを繰り返して大きく値を崩さないように処分していると思われます。
下限行使価額の2,660円以上であれば野村證券はその"裁量"により行使可能なのでいくらサンバイオが3年とかなんとか決めていてもじゃんじゃん行使して売却を繰り返すことになるでしょう。

地合いも微妙ですし3,000割れも射程圏内となってきました。
株価的には苦しい状況が続きますし私も含み損を見て嫌になることもありますがいまこうしている間にも治験は着実に進んでいます。
ゴールが見えているのは本当に心強いなと思います。
TBIのトップラインが出れば株価はすぐに回復します。
「じゃあトップラインデータで良い結果が出てから買えば良いんじゃないの」となりますが世界初のTBI治療薬上市目前、さらにすぐあとに脳梗塞のトップラインデータも控えているとなると株価はどこまで上がるかわかりません。
(もしかしたらあまり反応しない可能性もありますが、注目度からいってかなり低いでしょう)
総会前に何か出すんじゃないかと思っていましたがその可能性は低そうです。
しばらくは指値だけしておいて放置プレイでいこうと思います。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

遂にTBIも組み入れ完了(予定していた人数より2割ほど多い)となり泣いても笑っても後10か月以内(今期中)にはトップラインデータの発表となります。
日本のバイオベンチャーの中でも数少ない時価総額1兆円を狙える会社(他はそーせい、ぺプチくらいか)だけにここで失敗となるとバイオ全体に冷や水を浴びせることとなってしまうでしょう。

本題に入りますがサンバイオは何故株主総会直前のこの時期に増資を決めたのでしょうか。
仮に総会後に増資を発表しても1か月程しか変わらないはず。

ここで株価が大きく下がれば総会でかなり槍玉に上げられる気もしますが…
ざっくり理由を考えてみますと、、
  • 経営陣が実直なためしっかり増資について説明したかった
  • 株価が下がらない自信がある
  • 1か月も待てないほどに早く資金が欲しかった
  • そもそも総会で株主から文句を言われるくらい屁でもない
って感じになりますかね。

何も考えずにわざわざ総会直前に増資を行ったとは考えにくいので(買い被り過ぎ?)何か隠し球でも持ってるのかもなんて思っています。
さすがに無いと思いますが決算説明会でも触れていた"エリア拡大"なんてことになったら……

増資の理由として
「患者にいち早く薬を届けたい」
とあります。
確かにこの気持ち、わからないでも無いですが治験に絶対はないのでもし失敗すると市販後の体制構築のための費用、その他もろもろ無駄になりかねません。
(下手したらUMNの二の舞に)
言い方は悪いですが慢性期のTBIは重度の癌などのように余命ごくわずかというわけではありません。
SB623の承認を得てから
「全力で製造体制を構築しています。あと少しだけお待ちください」
となっても十分患者の理解は得られると思うんですよね。
ポジティブに考えれば市販後の体制構築のために総会直前に増資したというのは余程自信があるということかも。
私としては近いうちに何らかの材料を出してくる可能性があると思っていますが……




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

IMG_20180331_084426

どんどん下がってきていますが昨年末くらいからの調子が良すぎただけとも言えます。
計算したら毎月18,700円拠出されているので年に224,400円。
私が40年働いたとして8,976,000円。

ん?少なくない?

と、思いきや毎月、確定拠出年金の拠出額と同程度が現金でも加算されていくらしく、それが退職金となるようです。
(その現金の分も運用に回せれば良いのに)

我が社では身の丈に合わない買い物をする人が多くいます。
日常での贅沢は忘れず、家買って車買って子どもを大学に入れてと。
将来、給料が増える前提でまあまあな家や車を買って給料は増えるけど支出も増えるのでローンが残ったまま定年を迎え退職金で完済するのがセオリーだそうです。
いま退職するような世代ならそれで良いかもしれませんが私が退職する頃には恐らく年金制度はかなり危うくなっているでしょうから虎の子の退職金を一気に減らすような真似は本当に危険だと思います。
しかし、私の同世代でも上記のセオリーまんまの道を歩んでいる人もいて案の定ローンも退職金で返すと言っている人もいます。
どれが正解かはわかりませんが老人になって貧困にあえぐようなことは避けたいですね。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

以下のコメントをいただき、本当はコメント欄で返信するべきと思ったのですが思いの外、長くなりそうだったのでこちらで返信とさせていただきます。
    • はじめまして。
      サンバイオ損切りホルダーです。
      毎回楽しみに読ませていただいております。
      さて、ワラントの件ですがいまいち理解できておらず再度買うべきか様子見か悩んでる日々でごさいます。
      現在3500円付近ですが、4000円付近まで上がってそのまま降りてこないのか
      横横もしくは上がって一旦降りてくるのか
      年末以降は今の株価は安値とは思いますが
      4000円付近で買って3000円切った時の辛さ
      下で待ってて降りてこなかった時の取り残され感
      新規参入ならまだしも一度損切りしているだけに次の入る株価に日々悩んでおります。
      テレビ放送以降、決算も無事に?越えて「行ける」と思ってからの増資発表。
      含み損に耐えきれず損切り。
      2000円台に突入するなら買い直そうと思いきやそんなにさがらず、戻ってきて涙目でごさいます。

コメントありがとうございます。

安心してください。私もワラントのことはよくわかりません。(え)

金曜日になぜあれだけ値を戻したのかについても、いくつかの憶測はありますが正直さっぱりです。
掲示板などを見ていても4月以降も短期的に株価が上がる下がるという予想はいろいろありますが根拠がありそうなものは皆無です。(当たり前ですが)

なのでありきたりな話になってしまいますが3さんがどの程度リスクを取れるかで買う買わないを決めるのが良いと思います。
例えば1,000株買うつもりならとりあえず500株だけ買って下がったらもう500株買うなどすれば下落時のダメージは少なくなりますが上がっていったときに利益を逃したという気持ちも大きくなってしまいます。
この辺のさじ加減は自身の取れるリスクで変えていけば良いのではないでしょうか。
ちなみに私は何度か事実上の利益確定(2月の下落時に売ったり)をしていますが現在のポジションは平均3,500円ほどです。なので3さんがこの辺の株価で購入されることは決して高値掴みではないと思います。

私は1,000円程度の変動は誤差の範囲内だと思っています。
サンバイオに資金を集中しようと思い立ってから、
「結局、株価はTBIと慢性期脳梗塞の結果如何なのだからその2つの成功率と現在の株価を比較し割安だと思うのなら全体の8割ほどは買っておき、さらに下落したときに残りの2割で買っていこう」
という方針を立てました。
現在の余力は1割ほどで、大きな下落が来て買ったとしても大して取得平均は下がりませんがそれはそれで良いと思っています。

私自身、過去にいくつかのバイオベンチャーを買ってきて細かく回転させようとして置いて行かれたことが何度もありました。
大体、最初の何度かは回転が上手くいき少しばかりの利益を得るのですが、あるとき失敗してそのまま株価上昇を指をくわえて見ているだけということが多かったです。
ちなみに私が過去に買ったことがあるバイオはそーせい、GNI、カルナバイオ、ラクオリアです。最近、ラクオリアは上手く売れましたがそれ以前にも500円以下で結構長く持っていた時期がありました。
私は全力投資大好きなので普通にこれだけの銘柄のうちどれかに乗れていれば億も十分ありえたのですが……(嘘のような本当の話)
これらの苦い経験があるので上手く回転させようとするよりも将来パイプラインが上市される確率、上市された場合の利益、現在の株価を比較し割安なら買い、割高なら売りってシンプルに考えた方が上手くいくような気がします。

これだけどとアレなので、私の想定していることを書いてみようと思います。
まず、一生懸命ヘリオスを出してきて売り煽る方もいますがそもそも新株予約権を全て行使した場合、ヘリオスは7,145,000株に対し増資時の過去半年の1日の平均出来高96,998株、サンバイオは4,000,000株に対し1日の平均出来高667,497株です。
需給の問題でヘリオスのようにサンバイオも下がると言っている方がいましたが、逆に完全に需給の問題であるならば同列に語るのは難しいのではないでしょうか。
1日の出来高10万株で714万株を受け止めるのと66万株で400万株受け止めるのではインパクトが全く異なります。
行使が始まっても意外と株価は下がりにくいんじゃないかなと思っています。(思っているだけ)

そして、私が意外と気にしているのは従業員向けストックオプションです。
サンバイオは昨年、従業員1名に対して20,000株のストックオプションを1株3,030円で発行しました。
サンバイオは金欠なので
「いまは多くの報酬は出せないけど将来、株価がいくらになってても3,030円で買える権利を20,000株分渡すからとりあえずこれで勘弁して」
ってことで従業員を繋ぎ止め?ているわけです。
これって結構強気だと思いませんか。
私はストックオプションについて詳しくありませんが現在の株価からかなり割引してストックオプションを発行している会社を見たことがあるので非常に株主に配慮していると感じました。
(ここでも少し触れました。http://kabukabu-chanman.net/archives/5642037.html)
仮に2,000円で発行していたら即座に行使して市場で売り払うことで利益がでます。(割を食うのは株主)
ところが3,030円は当時の上場来高値付近、そこから大きく株価を上げる自信があったからこそなんだと思います。
今回の決算時にも従業員向けストックオプションの発行があり(1株1円の事実上の株式報酬の部分もありますが)株価を上げていくに足る自信があるのかもと思っています。
仮に我が社でボーナスの代わりに自社のストックオプションを渡すと言われたら恐らく暴動がおこります。笑
だって株価が上がる気しませんもん。
報酬にシビアなアメリカみたいな国ならなおさらじゃないですかね。

最後までまとまりのない話をしてしまいましたが私はSB623の効果、安全性から上市されて然るべきだと思いますし上市された場合、今の株価ではとても買うことができないと思っているので保有を続けています。
将来数万円になるとしたら今の1,000円なんて本当に誤差になりますから3さんがTBIや慢性期脳梗塞の成功率がどの程度と思うかで買う、買わないを決めると良いかもしれません。

蛇足ですが……

いまのサンバイオの株価はこんな感じかもしれません。
せっかく上がってきていたのに急落、多少戻すも先行き不安。
IMG_20180402_002803

しかし、先ほどの高値を超えて……IMG_20180402_002834

さらに上昇は続きます。
IMG_20180402_002936

これはNYダウの長期チャートを切り貼りしたものでした。
短期的には上がった下がったで一喜一憂するも結局、長期的には最初の安いうちにいっぱい買っておけば良かったとなると思っています。
IMG_20180402_003005




※投資は自己責任でお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

今月のパフォーマンス

月間パフォーマンス -8.8%
年間パフォーマンス +2.7%

年初比でマイナスしてるかと思ったらまだなんとかプラスでした。
しかしプラスで終えることが出来たのは最終日にサンバイオが予想外の強さを見せたためであって年初比マイナスであった可能性の方が高いので全然嬉しくありません……

今はサンバイオにほぼ全力してて余力も少ないので特に新規銘柄を発掘する気にもならず投資スキルはいつまで経っても現状維持といった感じです。

「いま、こんなにサンバイオを買いまくって危ないんじゃないの」
と思われる方もいるかもしれませんがTBIのトップラインデータが出てくると思われる夏以降には思惑で株価が多少なりとも上がっている可能性が高いと考えています。
(サンバイオ上場以来の一大イベントですから)
現状、TBIについての不安材料は出ていないのでガチホを続ける予定ですが仮にトップラインデータ発表までに株価が上がっていれば一部は利益確定するかもしれません。
まあ、その辺を勘案してサンバイオをかなり多めに買っているわけです。

4月9日以降、サンバイオは1回目にどれだけ行使指定してくるかでどのくらい資金調達に時間をかけるつもりかわかる気がします。
ツイッターにも書いたのですが行使指定後は前回の行使指定から20取引日以上空けないといけないのでちまちまと行使指定していると資金調達に結構時間がかかってしまいます。
SB623の上市後の体制確保のための80億円と国内慢性期脳梗塞用の40億円は早々に仕入れたいと考えると結構ガンガン行使してくるんじゃないかなと思います。
支出予定時期が平成34年1月までとされているのを見て3年かけて行使するって言う人もいますが、わざわざ3年もかけてちまちまと資金調達する意味もないと思うので今年中には行使完了するんじゃないですかね。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ