Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

ASTIとFCホールディングスをほぼ本日の高値で売却できました。
結果、微損で終わりましたがこういう金を無駄にするだけの売買はやめないといけませんね。

そして、新規でウェッジホールディングスとアスカネットを購入しました。ウェッジホールディングスは673円で1,000株、アスカネットは1,809円で100株です。
これで、現在の保有銘柄はポジションの大きい順にイーレックス、イマジニア、ウェッジホールディングス、アスカネットとなりました。

ウェッジホールディングスはGL株を約34%保有していますが現在のGLの時価総額は1,000億円ほど、34%として340億円の価値があります。
ウェッジホールディングスの現在の時価総額は本日終値の656円で232億円です。
なので、現在の株価は割安ではないかと思い、購入に至りました。
ウェッジホールディングスは色々ときな臭い噂が多いですしGLもタイの経済紙に資産不正取引疑惑を書かれるなど怪しい点も多いのですがこの価格帯から参戦なら悪くはない気がします。
案外、何事もなくGLの業績も拡大し株価も上がってくるかもしれませんしまた急落する場合もあるかもしれませんが1,000円前後までは期待値が高いと思ってます。

アスカネットは何だかんだ気になって買ってしまいました。今日は100株だけですが最終的には1,500株以上は買いたいなと思っています。
購入理由はAIプレートへの期待、ただそれのみです。
現在の柱であるPPS、MDS事業では余裕の黒字化を達成しているのでAI事業が頓挫する可能性は低そうです。
安価な樹脂製AIプレートも試作品が出来ているとのことで、すぐにとはいかないまでも量産化は時間の問題だと感じました。
量産化可能でもAIプレートを使用した商品を作ってくれる会社がないと厳しいですが見た目のインパクトからコストの問題が解決されれば充分可能性はあると思います。
材料が大きいので何か一発出れば大きく上げていきそうですし材料次第では10倍でも目指せるスペックがあるので長期目線で保有することにします。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

本日はFCホールディングスを960円で100株購入しました。
でも上がったらすぐ売ってしまうかもしれません。
イーレックスは含み益へ突入しました。
この辺の値動きは誤差の範囲だと思っているのでしばらく放置します。
このままイーレックスが下がらなければ違う銘柄を買いたいと思っているのですがなかなか候補が見つかりません。

大化け期待で今更ながらアスカネットなんてどうかなとか思っているのですが安価な樹脂製AIプレートの量産がいつ頃になるのか、またAIプレートを活用した商品化の目処が立っているのか等の疑問点がいくつかあります。
まあ、そういう不確定要素が大きいからこそビッグIRが来たときに吹き上がるんですけどね。
既存の事業だけでは今の株価は割高過ぎるので投資判断に迷うところです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

イーレックスは今日も軟調な推移かと思いきや急反発し一時987円まで上がりました。
午後にちょろっと株価を見たときは一瞬違う銘柄を見たのかと思ったくらいです。

本日は927円で500株購入し平均985円、4,900株となりました。
目標の5,000株(100株はどこかで足します)まで良い感じで買えたと思います。
最近、イーレックスのことを集中して調べるようにしたところやはり将来が非常に楽しみな銘柄であると再認識しました。
とは言え950円以上でナンピンしても効果が薄いので910円、920円台になればナンピンしようかなと考えています。

さらにイマジニアを987円で300株購入し平均1,116円、3,300株保有となりました。
セゾン情報システムズは微益にて撤退しました。
集中投資は危険と思いつつも、イーレックスに資金を投入したいと思ったのとイマジニアが夏くらいには何らかのアナウンスを出してくるのではという期待からこの2銘柄に注力します。
特にイマジニアはドメイン取得や任天堂スイッチへの参入発表の時のように普段は低迷しつつも少しの材料で吹き上がる強さがあります。
配当も少しはもらえるので1年、2年は耐えるつもりで保有します。
ASTIは早々に撤退するかもしれません。その銘柄を保有するという確固たる信念がないと持ち続けるのは難しいですね。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

イーレックスを924円で800株購入しました。
これで平均992円、4,400株保有です。

CFDのNYダウは昨日の上げで微益にて撤退しました。
やはり、今は個別株(イーレックス)に注力したいです。
証拠金としてCFD口座に入れていた50万円は戻しました。

そして、なんと今日はボーナス支給日でした。
普段、給料日とかボーナス日とか全く気にしてないので出社して同僚に言われて気がつきました。
何となく7月くらいかなと思っていたのでちょっと嬉しかったです。
総支給77万円、手取りでは58万円でした。
一時はセミリタイアのことばかり考えていましたがこうして安定した収入があるのも良いものですね。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

分析なんて大層なことをタイトルにしていますが色々と調べたことなどを書き記していこうかと思います。

イーレックスは電力小売り、電力卸売り、電源開発等を行う会社です。
バイオマス発電所を2か所(土佐、佐伯)有しており販売代理店を通じて電力を小売りしています。
また、余った電力は日本卸電力取引所(JEPX)に卸売りをし、不足分はJEPXや各企業から調達をして安定した電力供給を行っています。
上場は2014年と最近ですが創業は1999年で新電力の中では老舗の部類です。

発電事業は現在、土佐(20MW)、佐伯(50MW)の2か所が運転中です。さらに大船渡と豊前(それぞれ75MW)が2019年下期に運転開始予定で沖縄(50MW)が計画中となっています。
93926fee.png


ここで問題になってくるのが2か所の発電所建設のための莫大な費用をどうするのかですが、FISCOのレポートによると”この2つのプロジェクトに対する資金手当ては終了している”とのことです。
大船渡で発電された電力は全量をイーレックスが引き取り外部へ販売、豊前では全量を九州電力に販売することになります。
バイオマス発電は同じ再生可能エネルギーの太陽光発電と比較して燃料費がかかるものの稼働率や設置面積、投資回収期間に強みがあります。
d951bdde.png

 
イーレックスは電力の卸売りと小売りを行っていますが利益が大きいのは小売りの方です。

資金繰りの不安はありますが、インタレスト・カバレッジ・レシオは9.6倍で特に心配という訳ではありません。
インタレスト・カバレッジ・レシオとは営業利益が支払利息の何倍かという指標であり10倍以上なら優良ですが、業種によってかなり差があります。
例えば製薬会社は数千倍のところもありますし、逆に電力会社は低めです。
関西電力は連結で4.79倍、東北電力は11.2倍、北陸電力は6.1倍です。
続きます。 にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ