6月のパフォーマンス
月間パフォーマンス -4.0%
年間パフォーマンス -23.9%


むむむ…

相変わらずマイナス幅が拡大しています。
サンバイオが2,400円台まで下がったときは更に含み損が大きかったのでこれでも少し持ち直した方ですね。

しばらくの間、パフォーマンスは悪いですがそんなに悲観はしていません。
なぜなら私はサンバイオ1銘柄しか買っていないのでサンバイオが上がれば一瞬で取り返すことができますしその可能性は十二分にあると思っているからです。
これが10銘柄とか買っていてこのパフォーマンスであれば相当苦しいですね。どれかが暴騰しても全体に与える影響は少なくなりますから。

バイオである以上、ボラが大きいのは許容しているつもりです。
なによりTBIのキーオープンが日一日と近付いているので精神的にはかなり楽ですね。
現在でもTBIの結果は良いものが出ると思っていますしその後に続く慢性期脳梗塞の結果にも期待しています。
となると後は本当に時間との勝負というか待つだけなんですよね。
先日のように短期的には急落する局面もあるかと思いますけどあまり株価に一喜一憂してもしょうがないので走ったり筋トレしたり魚育てたり子供と遊んだりしているわけです。
(一喜一憂して治験の結果が良くなるのならいくらでも騒ぎますけど笑)

そういえばMUMSSのレポートはかなり面白かったです。
リニューロンとの比較や日米欧の脳神経外科医数による売上予測、患者数も色々な媒体からまちまちなところがありましたがこのレポートに出てきた数字は今後の基準となりそうです。
何をもって成功率が25%とか50%なのかがいまいち分かりにくかったというのもありますけど…
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK