昨日、前回一緒に塔ノ岳を登った友人とまた塔ノ岳に登りました。
台風が接近していたので当日朝に決行するかどうか決めて登っている途中でも怪しい感じだったらすぐに引き返そうという流れで登山に至りました。
結果、一度も雨に降られることもなくじめじめはしていましたが気温も丁度よくて前回より快適に登れたと思います。(相変わらずめちゃキツでしたが)

一緒に登った友人は前回登った後に一人で来て登頂したという話だったので今回は始めから各々のペースで登ることになりました。

渋沢駅からバスに乗車。登山者は我々を含めても4人しかいませんでした。
我々以外にも物好きはいるんですね。

7時ちょい過ぎに大倉に到着、いつものようにだらだらと準備をして7:15に出発、山頂には9:46に到着しました。
相変わらず途中で足が止まることがあって体力不足を痛感しました。
今回は特にタイムを意識せず結果として約2時間半で登ったのですが慣れた人なら2時間は余裕で切れるんだろうなという印象です。(荷物の量にもよりますが)

IMG_20180809_094846

私が山頂に着いたときは雲海から富士山が顔をのぞかせていました。

そして友人と山頂で合流し11:17に下山開始。(山頂に1時間半もいました)
下りは友人のペースに合わせて2人でだらだらと歩いたため大倉には14:30に到着。
下山開始直後に友人が滑って足を少し捻ったかもということで大事をとってゆっくり下りました。

今回は飲み物を3.5L持っていったのですが1.5Lくらいは余りました。
またまたゼリー飲料もたくさん持っていきましたが次回からはソフトフラスクを購入して自作ジェルを作って持っていこうと思います。
そっちの方がゴミも出ませんし

そう言えば前回も今回もランナーっぽいすごく軽装の方を見かけて驚きました。トレランっていうみたいですね。
調べたらトレラン用のシューズや装備も結構充実しています。
確かに塔ノ岳往復くらいなら軽装でパッと行ってパッと帰ってくるのも良いかもしれません。
始発で行って正午には家にいれると思うと魅力的です。
私は登山に力を入れているわけではなくどちらかと言うと体力向上を狙っているだけなのでよりクイックに登るトレランの方が性に合っているのかもしれません。(花を愛でるとか写真をいっぱい撮りたいとかも無いですし)
次に登るときはランニング用に買ったサロモンのTrail 20にハイドレーションを装備してなるべく軽量にし、どれだけ短時間で登れるか実験してみたいです。
普通に歩いて2時間は切れないととても走って登るのは難しそうです。

次回に色々と挑戦してみたいことが増えた山行となりました。



にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK