少し前から、DWTIを買おうかどうか悩んでいました。
ターキーさんから話を聞いたり、自分なりに調べたりしていたのですが、来期赤字なら上場廃止というのが気になって購入に踏み切れませんでした。
グラナテックとDW-1002のロイヤリティだけでは来期黒字は難しいと感じたからです。

しかし、昨日、DWTIから
が発表されたことにより、来期にH-1129のマイルストンも入ることから、黒字化の可能性が高まったと思い購入に至りました。
(案の定、そんなに買っていないんですけどね)

DWTIは、これからなかなか面白くなりそうな感じです。
短絡的ですが、ラクオリアが黒字化で評価されるとしたなら、DWTIが黒字化しても評価されるはずと思います。
DWTIの資料によれば、DW-1002は開発競合先、既存薬がなく、現在の欧州以外の日米でも上市まで順調に持っていけそうなこと、グラナテックの韓国承認も間近に控えているのでどこかで大きく上がるタイミングはあると思っています。
H-1337のP1/2aの結果が良くて、導出があれば最高なんですけど。

そして、ラクオリアをまた購入……ダウの影響か朝から下げていたので買い出動してしまいました。
前回より多目です。また10%くらい取れたら売るかもしれません。

どうせ買うならある程度の量を買わないと意味がないなと痛感しました。
サンバイオで資産が激増しているので、ロットも今までより上げていかないと、株価が上がるにしろ下がるにしろ資産に対しての影響が非常に小さくなってしまいます。
この辺の金銭感覚?がまだ追い付いていない感じですね。

10月以降、TBIの結果が出るまで、現物はほぼサンバイオのみ+信用でもサンバイオ(現物の20%ほど)というサンバイオ一極集中だったので、他の銘柄は少額でもポジるのが非常に怖かったです。
もし、サンバイオ以外を信用で買っていて何らかの理由によりサンバイオが暴落したら、絶対に信用分が邪魔になってくるので、サンバイオ以外はほとんど売買していなかったと思います。
ですので、今は自由に売買できて嬉しいですね。

「バイオは株券印刷業」なんて言われて蔑まれていますが、毎年のように株価が数倍になる銘柄が現れる稀有なセクターでもあるので、これからも注力していく価値は十分にあると思います。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK