drops-of-water-578897_1920

金がなければ水道水を飲めば良いのです。

我が家ではペットボトルの緑茶を常飲していてAmazonで大量に注文してストックしておくというスタイルでした。
しかし、今回の借金問題で少しでも生活費を節約するため、水道水を常飲することにしました。
私は結構、お茶をがぶ飲みするタイプなので2Lのお茶でも1日から2日で消費してしまうんですよね。
2Lだと1本で150円くらい?1ヵ月20本なら3,000円、1年で36,000円です。

これはなかなか大きいですね。

「水道水を飲む」と言うと「えー!、都会の水なんて不味いじゃん!」みたいなしょうもない反応があると思うんですけど、それは恐らくただの思い込みじゃないですかね。
以前に月曜から夜ふかしという番組(マツコ・デラックスと村上くんが出てるやつ)で
"静岡県民 水がうまいと自慢する問題"
というものをやっていたんですよね。
水が美味いと自負する静岡県富士市の水道水(富士山麓の地下水使用なので美味いと評判?)と東京の公園だかの水道水との比較。
「東京の水なんか飲めねーよ」と声高に話す静岡県民でしたが、いざ飲み比べてみるとその違いに気づく人はほとんどいませんでした。。。
(もし、利き水道水できる人いたらどこが美味いか教えて)

私が思うに、温度の差で美味いとか不味いとか判断してるんじゃないですかね。
静岡県の方が若干冷たいとか。知りませんけど。
よほど硬度に差がない限りは気づけないと思いますね。

ってことで、普通に水道水は飲めますし、美味しく飲みたいときは氷を入れて冷たくするってので十分です。
調子こいてミネラルウォーターとか飲んでる人もいますけど、あっちの方がなかなか癖がある味がしますよね。
ただの水道水ですら美味しくいただける日本に生まれ育ったことに感謝しかありません。