coins-1726618_1920

バフェットが妻へオススメしたとかしてないとかで有名なあのS&P500への投資を行っている方は多いと思います。
ウォール街のランダムウォーカー等、様々な投資本でも
「インデックスファンドを使ったパッシブ運用最強!」
みたいな話が出てますよね。
みんな大好き米国株ブログ界隈でもS&P500等のインデックスへの超長期投資が最適解であるなんて言われていたりして、
「株とか興味ないけど運用しなきゃな…」
って人には十分オススメできると思います。

S&P500に連動したETFや投資信託ってたくさんありますよね。
ETFなら、ブラックロックのIVV、バンガードのVOO、ステートストリートのSPY。
投資信託なら三菱UFJのeMAXIS Slim米国株式、大和証券のiFree S&P500 インデックス等々。
別にどれが一番とかはなくて、個人の好みで選べば良いと思います。

ただ、悩みに悩んで、色々ググって投資するETFや投資信託を選んで、積立てを開始しても、結局ほとんどの人がこの運用法を継続できないんじゃないでしょうか。

なぜか?
理由は単純で
「パッシブ運用なんてクソつまらないし、自分ならもっと上手く回せる気がしてくるから!」
です。

最初は
「自分は投資初心者だから~」
と遠慮していても、色々ググっていくうちに、個別株をガチャガチャ動かして圧倒的なパフォーマンスを上げていたり、相場を予想しているブログで
「やはり、私の言う通り下落しました」
みたいなクソ記事を読んで、
「買いっぱなしより良い方法があるんじゃないか…」
と思うようになるんですね。
それで、○○なので一旦売却しました。とか書くようになるわけです。
「…サンバイオで失敗したお前が言うなよ」は無しでお願いします。

私の肌感覚ですが、インデックス投資のブログ書いてる半分くらいはインデックスへの投資を始めて1年も経たずに売却してるんじゃないですかね。
最初は30年持つつもりで買ってたのに。。。

それもこれも、簡単に売買できてしまうから良くないのであって、iDeCoや確定拠出年金を使えば売ってもキャッシュとして手に入らないので放置プレイすることが可能になるはずです。(拠出額も少額なので長期投資向き)
ということで、インデックスファンドへの投資は、簡単に売れない仕組み(商品の振替はできてしまいますが)のものを使って行うのが良いでしょう。
放置プレイのおかげで私の確定拠出年金は生きていますし、30年とか続ければそこそこの額にはなると思いますし。泣