Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

2017年10月

新規でハウスドゥを1,783円で1,000株、エンバイオHDを1,500円で800株購入しました。
二つとも将来性がかなり高く現状の株価は割安であると判断し購入しました。

ハウスドゥはストック型事業が利益の63.3%まで成長しておりストック型事業の中身であるフランチャイズ、ハウスリースバック、不動産金融事業は安定的に成長する可能性が高いと感じます。
ハウスリースバック事業は家を売って現金を作りたいけど今の家に住み続けたいという高齢者層に人気があるようです。

エンバイオHDは汚染された土地を安値で買い取り浄化後に販売するブラウンフィールド事業が好調です。
10月20日にはシーアールイーと新会社設立についてのIRが発表されました。
今まで手掛けてこなかった中~大規模な土壌汚染地を扱うとのことで成長余地が大きそうです。
また地味に期待しているのが自然エネルギー事業です。
2018年10月には石川県にて大規模な太陽光発電設備が完成し、現在所有している太陽光発電設備と合わせると売電売上が年間10億円にもなります。
2017年6月にも2箇所の太陽光発電所を購入しておりタイのバイオマス発電所等、今後の投資にも期待がかかります。
エンバイオHDはまだ時価総額が低いので太陽光への積極的な投資は業績に大きなインパクトを与えることと思います。

最近は結構すぐに売ってしまうことが多く続いたのですがこの2銘柄はじっくり保有したいと考えています。

最近、かなり大きくポジションを持っていたので大幅に売却しました。

イーレックスは保有していた現物8,100株を1,107円~1,113円で売却しました。
イーレックスの将来に悲観した訳ではなく単純にポジションが大きくなりすぎたのと一時的に下げが来そうと感じたので売却しました。
売ってからすぐに下げたので1,100円で1,500株だけ信用で買いました。
このまま下がれば回転成功ということでまた買っていく予定ですし仮に上がってもOKです。

さらにサンバイオの現物一部と信用分を売却したり現引きしたりして現在は現物で1,786円で1,100株保有です。

日経平均がかなり高値圏にあると感じるので日経ダブルインバースを1,476円で500株買い下落に備えています。

今年は暴落らしい暴落が来てないので、そろそろ来てもおかしくないんじゃないかなみたいなスタンスでいます。

サンバイオが急落し一時1,807円まで下落しました。
調子にのって1,965円で信用200株追加して信用分は1,936円、400株保有となりました。

ラクオリアは1,100円割れで含み益の500株売却し単価が上昇して1,211円、1,200株保有です。
安値で売らされてしまった感が半端ないです。

その他、イーレックスはつなぎ売りの500株を返済買いし、初めて買った日経ダブルインバースでデイトレ的なことをしてました。
インバースやレバ系のETFは減価していくので長期保有には不向きです。日経レバ空売りも考えましたが逆日歩のリスクも考えてインバース買いでいきました。

サンバイオ急落の理由はよくわかりませんがここ最近急騰した理由も特にないと思っているので調整と思ってみています。



ラクオリアを1,078円で200株信用買い、平均1,171円で1,700株保有となりました。
またイーレックスを1,144円で500株新規でつなぎ売りを開始しました。

ラクオリアは引け後にMSワラント行使完了&エンタイスマイルストン受領のIRが出ました。
思ったよりも早く行使完了しました。これで需給の面も多少は改善されそうです。
昨日、今日と調子にのって追加しましたが次は1,030円割れたら買いたいと思います。(1,030円に特別な意味はありません)

イーレックスはまたしてもつなぎ売りしました。
これは踏み上げられたら現渡ししてラクオリアかサンバイオの信用を現引きするつもりでつなぎ売りしたので正直上がっても下がっても良いです。
今のところ少し利益が出ているので明日、すぐ決済するかもしれません。
イーレックスにはかなり期待していますが爆発力で言えばサンバイオやラクオリアの方が大きいですね。
その分、下にも大きく動きそうですけど。
私のイメージとして四半期の決算毎に少しずつ底値を切り上げていくという感じです。
現在のところバイオマス発電所は計画通り推移してると思いますのでA地点の詳細やその先の計画なども発表してくれると株価上昇に繋がると思います。
レノバのPERが高いのも実現するかは別として洋上風力など将来への期待が大きいからだと考えています。
イーレックスも何か新しい計画を打ち出してくれたら良いなと思いますね。


http://www.aratana.com/introducing-entyce-capromorelin-oral-solution/

導出先のアラタナからエンタイスが米国で上市されました。
今秋とは言われていたのでサプライズ感はありませんが予定通り進捗しています。(春より延期して今秋上市なので完全に予定通りではありませんが)
今後はRQ-941のフェーズ1の結果が控えています。
テゴプラザンの導出も期待していますが今年は難しいかもしれないですね。
大手製薬会社もP-CABを一から開発するよりはラクオリアから導入した方が早いと思いますがP-CAB市場をどの程度取れるのか自信がないのかもしれません。
動物薬の売上増加をベースにテゴプラザン導出があれば5,000円以上、なくてもジプラシドン上市や中国でのテゴプラザン上市により少なくとも3,000円はいくと思うのでもっとたくさん買っても良いかもと思っています。

↑このページのトップヘ