Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

2017年12月

大納会で資産高値更新。
最後にラクオリアとエンバイオが引っ張ってくれました。
今年は○○ショック的なこともなくほとんどの人がプラスになったであろう稀有な年だったと思います。
ワケのわからない取引を繰り返した私でも+60%ほどのパフォーマンスを叩き出すことが出来ました。
来年は細かい売買を避けてこれと決めた銘柄をしっかり保有できるようにしたいと思います。
現在は保有数順でエンバイオ、サンバイオ、ラクオリアという結構攻めたPFでラクオリアは2,000株しか持っていないのでエンバイオかサンバイオが大きく上がればと期待しています。
エンバイオ、サンバイオ共に期待しているストーリーがあるので期待通りにいくなら株価に関わらず保有しようと思います。(って期待ばかりだな)

ラクオリア強いですね~。
2,000株だけの保有ですが私のPFをどんどん引っ張ってくれてます。

これから先、動物薬の欧州展開、ジプラシドンの上市、テゴプラザンの日米欧導出、中国での展開、TRPM8やRQ-941の導出などなど本当に材料が多く谷社長の言う2020年に時価総額1,000億円に到達する可能性も見えてきました。
時価総額1,000億円なら株価は約5,000円、私の2,000株が1,000万円に化けます。
本当に5,000円になると思うのなら2,000円弱の今でも十分割安ですがまだまだ赤字のバイオ株と考えるとここからの買い増しは怖い気もします。
しかも、仮に5,000円になったとしても思惑で買われていた頃から業績相場に移行した場合、時価総額1,000億円を肯定するだけの材料は今の時点では無いようにも思います。(個人の考えです)

2020年までに上市可能と見込める各導出薬の売上予想は以下のように言われています。
※()はロイヤリティです。
・動物薬 2剤2地域200億円(10億円)
・テゴプラザン 韓国50億円(5億円)
・ジプラシドン 100億円(5億円)
これに各マイルストンや契約一時金などが入りますがこれはピーク時の予想なので2020年では大分下回るはずです。
中国のテゴプラザンはピーク時に売上300億円程度は見込めるのではという予想があるのでロイ5%なら15億円と非常に大きいです。
ですがGNIのアイスーリュイも上市させるまで、さらに売れ出すまで非常に時間がかかった(中国では医薬品は保険リストに収載されるまで保険適用とならない)のを見ると一筋縄ではいかないのではないでしょうか。

つまりそーせいのように思惑から業績を意識される段階になるとピーク時からの半値以下になる可能性もあります。
これは物凄く先を見据えた話なので短期的にはイケイケで株価が大きく上がる可能性も十分あります。
赤字から黒字化が一番美味しいときだと思いますし。

いまは握っておいて大きく下げる局面があれば追加するのが正解なのかなと。
古参のホルダーで今から買い増す人も少ない(いない?)しイナゴか大口の買いに期待ですね。
もう余力もあまり残ってないですから・・・(これが一番の理由)
でも逃げ足に自信のある方はここから買い上がって短期で利益を出すことも出来るんでしょうね。

IMG_20171117_062601
どこかで拾った画像の転載です。

本日は保有株が軒並み好調でした。
というかどこを見ても上がっている銘柄が多かったですね。
さて、この画像のようなアノマリーがあるのなら今年中は上げて年初からずるずる下がっていく展開となるのでしょうか。
今は信用のポジも多いので大きく下げると買い増しも出来ずキツいことになりそうです。

保有株の雑感ですが・・・
エンバイオは新株予約権の行使が完了すれば需給も良くなってくると期待しています。
また3Q前後には上方修正も出るのではなんて思っています。中間で今期予想利益を達成しているので上方修正か来るのはほぼ間違いないはず。
何か良い話が聞ければなという思いで1/19のIRセミナーに申込みしました。
気が早いのですが今から楽しみです。

プロスペクトを62円で損切りしました。
昨日、信念について書いたのですがプロスペクトを保有し続けるに足る信念が私にはないなと感じたため売却に至りました。
じゃあ、なんで買ったんだって話なんですが買った時は高い配当利回りや色々な思惑に確かに期待していたのです。
しかし、太陽光発電所の大幅な遅延や思惑ばかりが先行し過ぎている感が強いと思ったため損切りしました。
今後、2倍3倍と上がっていき結局損切りする必要がなかったという可能性もありますがそれはそれでしょうがないですね。
これで保有株はエンバイオ、サンバイオ、ラクオリアの3銘柄となりました。
大きく成長してくれることに期待します。

それと今更ながらTwitterはじめました。色んな投資家をフォローして勉強していきたいと思います。

私は株式投資において信念こそが最も大切だと思うのです。
その銘柄を断固として保有し続け利益を最大化させるためには信念が必要です。
銘柄について色々と調べ遂に購入に至るもすぐに売ったり薄利で撤退してしまうのは信念が足りないからです。
正に私の今年の売買がそれに当てはまります。
買っては売り、買っては売りを繰り返しました。
雑な売買が多く、買って含み損になった瞬間に不安になって売ってしまったりと本当に残念な取引が多くありました。
もし、信念を持って本当に自信のある銘柄だけ買ったとしたら。
含み損になればナンピンしますし、薄利で売ることもなかったはずです。
(もちろん信念と希望的観測は違うので悪材料が出ればその内容如何で損切りも選択しなくてはなりません。)
来年は信念を持って保有できる銘柄だけ買おうと思います。




↑このページのトップヘ