Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

2017年12月

私は株式投資において信念こそが最も大切だと思うのです。
その銘柄を断固として保有し続け利益を最大化させるためには信念が必要です。
銘柄について色々と調べ遂に購入に至るもすぐに売ったり薄利で撤退してしまうのは信念が足りないからです。
正に私の今年の売買がそれに当てはまります。
買っては売り、買っては売りを繰り返しました。
雑な売買が多く、買って含み損になった瞬間に不安になって売ってしまったりと本当に残念な取引が多くありました。
もし、信念を持って本当に自信のある銘柄だけ買ったとしたら。
含み損になればナンピンしますし、薄利で売ることもなかったはずです。
(もちろん信念と希望的観測は違うので悪材料が出ればその内容如何で損切りも選択しなくてはなりません。)
来年は信念を持って保有できる銘柄だけ買おうと思います。




私の会社では企業型確定拠出年金を導入しており退職金は自分で運用してねというシステムになっています。
正確に把握してないのですが私のポジションで確定拠出年金分約1万8千円と退職金ポイント100Pが付与されています。
退職金ポイントは1P100円だそうです。
私は勤続11年ですが入社以来100Pから変動していません。
この退職金ポイントが100Pを上回る人というのはかなり役職が上らしいので私のような不良社員は今後も100Pをキープし続けると思われます。

新入社員の時から確定拠出年金に加入して(させられて)いますが当時は仕組みがよくわからずフィデリティ日本成長株ファンドと定期預金を50:50の比率で購入していました。
新入社員研修の頃に1時間くらいでパパッと説明されて
「それじゃあ、どれを買うか記入してください。後でも変更できますから」
と催促され訳もわからず選んだ記憶があります。
その後、様々な変遷があり現在はDC外国株式インデックスファンドLという商品を100%購入している状況です。
IMG_20171224_230305

昨今流行りの米国株100%が良かったのですが
一番この商品が私の理想に近かったので仕方なくこれにしてます。
会社から金を出してもらってるのに贅沢言うなって話なんですけどね。

そして、肝心の運用利回りですがこんな感じとなっております。
IMG_20171224_230824

国内債券と外国債券が0.1%ずつあるのは過去の試行錯誤の結果、少額過ぎて売れなく残っている遺物です。
リーマンショックからの世界的株高の恩恵の割には利回りが低いのは中途半端に知識をつけたせいで色々といじってしまったからです。

確定拠出年金については現状通り外国株式インデックスのみを購入し続ける予定です。
将来の大事なお金なので定期的にウォッチしていこうと思います。

サンバイオより米国で行われているSB623の慢性期脳梗塞フェーズ2bで最後の被験者の組入れが完了したと場中にIRが出されました。
2016年3月に組入れ開始し2017年中に完了できて良かったと思います。
85%達成が11月7日なので残り15%は僅か一月半ほどで行われたことになります。
また当初予定では156名のところ最終的に163名の方が試験に参加されるということで後半のペースの上がり方は尋常でないです。
プラセボ群ではSB623を投与しないにも関わらず頭部に穴を開けるというリスクを背負うので登録された患者さん方には頭の下がる思いです。
また是非とも成功し上市までたどり着いてほしいと思います。
2019年にはトップラインデータが発表されるということですが、その前にもTBIの組入れ完了やTBIのトップラインデータなど思惑は大きいです。
後はどれだけ待っていられるかという話になるのではないでしょうか。
今は3,000円程度の株価ですがアキュセラの時価総額が3,000億円近くまで上がったことを考えると・・・。
安いところでは信用を使っても買って資金が出来たら現引きしていこうと考え中です。

エンバイオを2,066円で3,000株購入しているのですが今日の終値が1,945円なので約36万円の含み損を抱えています。
節税のため明日、損切りし同数を信用買いして月曜に現引きする予定です。
エンバイオではかなり儲けさせてもらったのでこの損切りをしても十分プラスですし将来性も十分だと思うので一定の枚数は確保しておきたいです。

そして本日からエンバイオが日々公表銘柄入りしました。
買残1,120,600株、売残423,800株とかなり信用取引が活発です。
こちらの記事では日々公表銘柄入りのメリットを紹介しています。(もちろんメリットだけではありませんが)
私が、成り上りたいあなたにお勧めするのは、日々公表銘柄や規制銘柄のうち、国策にかなった、または人気テーマに乗った銘柄を選ぶことです。
人気テーマかどうかは微妙ですが土壌汚染対策というのは今後、避けて通ることの出来ないテーマであることは間違いないと思うので大化けする可能性も十分あるはず。

1月19日にエンバイオのIRセミナーがあり運良く時間が取れそうなので参加してきます。

プロスペクトは61円で購入していた現物60,000株を全て62円で売却しました。
まさかの1円抜きです。1円抜きたくて買った訳じゃないんですけど含み損になるくらいなら売ってやれと思って売りました。
あと売った理由として太陽光発電所の進捗が微妙なんじゃないかと思ったのもあります。
12月稼働予定の宇都宮プロジェクトですが昨年10月の予定では平成29年5月稼働予定なんですよね。
仙台も同じく半年以上遅れています。
もちろん今月に予定通り稼働する可能性も十分ありますがあまり信頼できないかなという印象です。
ただ、信用で購入している64円32,000株は含み益になるまで放置しようと思います。

エンバイオはずるずると下げ続けています。1,954円で500株追加し2,066円で3,000株となりましたがまだまだ下げそうな状況です。
行使終了まではこんな感じですかね。1,800円台突入なら更に追加しようと思います。


↑このページのトップヘ