Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

2018年09月

バフェット太郎氏著作の「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」を読みました。

友人が株の勉強のためと言って何冊か本を買ったのですがその内の1冊で内容に感銘を受けていたようだったので借りて読んでみました。

私は以前からバフェット太郎氏のことは存じていました。
バフェット太郎氏のブログはlivedoor Blogの金融カテゴリで常に上位に表示されているので暇なときなどちょこちょこと読ませてもらっています。
昨今、まさに雨後の筍のように米国株ブログが増殖していますがその内容はほぼバフェット太郎氏の記事にインスパイアされているというかパロディというかよく言えばオマージュみたいな…まあ詰まるところパクryな感じなので氏の影響力はかなりのものだと思います。
他の米国株ブログを読んでいてもポートフォリオも氏と似たような感じ人が多いですよね。
(それが良いとか悪いとかじゃないんですけどせっかく株やってるならもっと尖った銘柄買ってる人がいても面白いと思うんです)

ネットでサーフィン中に米国株ブログにたどり着いて少し期待して覗いてみると「JNJの企業分析をしてみた」「なぜ米国株が良いのかその理由を教える」みたいな記事ばかりでウンザリみたいなことが何度もあります。

バフェット太郎氏は私と真逆に近い投資スタイルですけど1日2回?ブログを更新しているところとか投資スタイルが一貫しているところとかは結構好きですしリスペクトしている部分もあります。
氏の著作である「バカでも稼げる……」はブログの内容をまとめてある感じで氏のファンである私は楽しく読むことができました。
特に感銘を受けたのが「米国株を買うときは1,120ドル以上で買う」という部分です。(え)
SBI、マネックス、楽天とも購入時の手数料はほぼ同じらしくて例えばSBI証券だと約定代金の0.45%(最低5ドル、上限20ドル)の手数料がかかります。
20ドルの株を1株だけ買っても手数料が5ドルかかってしまうんですけどこの1,120ドル以上であれば4,445ドルまでは下限の5ドル以上の手数料がかかるので手数料の影響を0.45%まで小さくできるんですよね。
逆に上限は20ドルなので4,445ドル以上になればなるほど購入金額に対して手数料の割合は小さくなります。
で、この1,120ドル以上で買うってのに何でそんなに感銘を受けたのかというと今まで米国株の手数料について全く調べてこなかったので単純に「分かりやすい!」と思ったからなんですね。
手数料くらいすぐに調べれば良いんですけどなかなか気持ちが向かなくて…。(そういうことありませんか?)
複雑で調べるのに時間がかかるかもみたいに考えていた部分もありました。
それでずっと後回しにしてたんですけど氏の本を読んで「ちゃんと調べてみるか」って気持ちになったんですよね。そしたら全然難しくなかったという。

っていうことで「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」の評価は星5です!笑
バフェット太郎氏のおすすめ銘柄は購入しませんが前々から気になっていた銘柄を購入するきっかけとなったので読んで良かったなと思います。
この本を読めば米国株ブログ界隈の話題にはほぼついていけると思うので米国株に興味のある方は読んでみても良いんじゃないでしょうか。

グッドラック。



IMG_20180912_102607

遅くなりましたけど先月末にスクショしたものです。
先月よりも微増です。

私は確定拠出年金ではDC外国株式インデックスファンドってのを買い続けているだけなんですけどそれでもこれだけの利回りがあります。
元本確保型の定期とか保険商品を買っている人とは毎月の積立て額は同じでも評価額では150万円くらい差があることになります。
現時点で150万円なので5年後、10年後ではさらに差が大きくなって定年のときには(そこまで会社にいたくないですけど)数千万円違ってくる可能性もあるわけです。
それでも「投資は恐いから」とか「損する可能性もあるんでしょ?」といって元本確保型を買い続ける人はたくさんいます。
それはそれで特に否定するつもりは無いんですけど投資している人より資産が増えるスピードは圧倒的に遅くなりますよね。
私なんかは「どうせ会社が払ってる金(労働の対価ではありますが)だし全額運用に回そう」って思っちゃいますけど。
DC以外にも定年時には数百万円程度の退職一時金が出るようなのでしばらくはこのまま外国株式インデックスのみを買い続ける予定です。

IMG_20180910_231619

サンバイオから重要なIRが発表されました。

再生細胞薬SB623の適正使用・普及、安定流通の在り方を5社で共同研究するための資本業務提携の合意に関するお知らせ


8月の頭にサンバイオの雑感で中間決算で流通に関する進捗が来るのではと書いていたのですが本当に来たのでびっくりしています!(素晴らしいIRなので自画自賛させてもらいます)

製造の次は流通です。
ここまで戦略的なバイオベンチャーが日本にあったのかと驚愕しております。
何となく日本のバイオベンチャーは経営陣も研究者然として「俺のところはスゲー技術持ってんだぜ」で完結していてライセンスアウトや臨床試験の成功で株価が大きく上がってもその後が続かない、そんなイメージを抱いていました。
しかし、サンバイオは違いますね。しっかり経営陣が経営をしていると言いますか。(経営のことは全く知りませんけど)
もちろんモノ(SB623)が良い(社長談)というのもありますが日立化成をはじめとして上市前からこれだけ多くの企業を巻き込んでいくには水面下での並々ならぬ努力(陳腐な言葉ですが)があったことと思います。
今回のIRでいち早く患者さんに薬を届けたい、ステークホルダーに報いたいという思いを見せてもらった気がしました。

ケアネットのウェブサイトでサンバイオ株式会社との資本業務提携に関する説明動画が紹介されていますが動画内で「脳損傷だけでなく脳梗塞の追加承認を視野に入れて~」とケアネットの藤井社長が言ったのには驚きました。
「2020年東京オリンピックの前後には承認販売されるのではと期待している」という話もあってサンバホルダーとしてほ嬉しい限りです。

今回の資本提携の概要は
・サンバイオがケアネット株を1,076,400株(発行済み株式総数の9.74%)を取得
・ケアネット、メディカルインキュベータ、バイタルケーエスケー・ホールディングス、アステムがサンバイオ株を発行済み株式数の1.59%を取得(発行済み株式総数が49,713,533株のため4社で約79万株取得)
となっています。

これは日経新聞の記事ですがもう少し詳しく内容が出ています。
ケアネット株の発行済み株式総数の9.74%について、筆頭株主を通じて約10億円でサンバイオに売り出す。ケアネットが強みを持つ医師や薬剤師向けの情報提供のノウハウを生かし、サンバイオの再生細胞薬の普及につなげる。
~中略~
ケアネットなど4社がサンバイオ株の発行済み株式総数の1.59%を取得する。このうちケアネットはサンバイオ株の発行済み株式総数の0.12%を約1億9000万円で取得する。
ケアネットがサンバイオの発行済み株式総数の0.12%を約1億9000万円で取得するということは3,200円くらいで取得するということになります。(単純に発行済み株式総数から割っただけなので実際は違うかも)
残り3社がどのような割合でサンバイオ株を取得するのかは不明ですが仮に同様の3,200円ならケアネットの1億9000万円を除いても23億円ほどになるのでかなりの額ですね。
もしSB623が転けたらサンバイオ株はとても3,000円の値が付くとは思えませんし逆に上市までいけば3,000円台でウロウロしているとも考えにくいので結構ギャンブルしたのかなと思います。(勝算の方がかなり高いですが)

恥ずかしながらメディカルインキュベータ、バイタルケーエスケー・ホールディングス、アステムはこのIRで存在を知ったくらいの知識しかないのですがググってみると、

3151 バイタルケーエスケー・ホールディングス
時価総額 770億円
売上高 5,650億円(2018年3月期)
医療用医薬品卸5位
東北、関東、北信越、関西地方を中心に展開

アステム(非上場)
※売上はフォレストホールディングス
売上高 4,568億円(2018年3月期)
Wikipediaによると
医薬品関連卸業での九州地区での売上高2位(中国地区を含めると総売り上げでは九州地区では1位)
と言うことで東から西まで幅広くカバーしていることになります。
実際に医薬品卸を行っている大手企業が2社もサンバイオの株を保有するということで上市の実現性が更に高まったと言えるでしょう。

サンバイオの株主総会に行ってきました 6でSB623の流通について質問された方がいたので紹介させてもらいましたが各社から話が来ているというのは本当だったんですね。(失礼)
Q. 自社販売を目指すと聞いてMRやSB623は冷凍保存での移送など大変ではないか。JCRファーマはテムセルでメディパルと提携しているがそういう話があれば聞かせてほしい。 
A. (森社長)各社、興味があってお話が来ている。メディパルが先行しているが液体窒素での輸送、保管は各社で対応できるものなので色んな条件を含めてどこが良いのかということになってくると思う。
自社販売は目指していて取り組みもやっているが今の段階では自社販売か提携か両睨みで進めている。
ということは
サンバイオの株主総会に行ってきました 5でも紹介させてもらった
Q. 海外での販売を模索しているということだが海外企業からはオファーが来ているのか。
A. (森社長)多数の引き合いが来ている。今後、フェーズ2、フェーズ2bのデータが出てくることでプログラムの価値が上がるのでそこは一つのポイントになる。
資金的なところもあるが自社で進めれば進めるほどより価値が高まるので企業価値の向上、欲を出すとヨーロッパも自分たちで進めていくことも頭の片隅に置いている。
これもかなり期待できると思います。(ちょっと飛躍し過ぎ)
森社長の言が嘘とは思っていませんが導出するする詐欺の多いバイオ業界のなかで多少のリップサービスは含まれているのかなくらいに考えていました。
仮に欧州やアジア地域でメガファーマに導出となれば恐ろしいことになります。
事実、2018年1月期決算説明会資料では今後の取り組みとしてエリア拡大にも言及されていることから(今のところエリア拡大以外は達成)TBIのトップラインデータ発表後に何らかの動きが期待できそうです。
IMG_20180911_132445

キーオープン前のこの時期にここまで色々とぶっ込んで来るなんて誰が予想できたでしょうか。
TBIのトップラインデータ発表までまだ時間はあるので先日のような急落局面も十分考えられますが「悪いようにはしないからガチホしとけよ!」というサンバイオからのメッセージなのかもしれませんね。

IMG_20180909_005944

前回、5kmのタイムトライアルをしたときよりも1分ほどタイムが縮まりました。
今回も5km全力で走ってみようと思ったわけではなく何となく走り始めたらいつもより調子が良かったのです。
それで「無理だったら途中でやめてもいいや」くらいの気持ちで走ったら意外と走りきることができました。
かなりキツくて走り終った直後は立ち止まってヒーヒー言ってましたが。

IMG_20180909_010022

つい1か月前まで1km5分でかなりキツかったのですが今では1km5分だと結構ゆっくりだと感じるようになってきました。(ゆっくりはさすがに言い過ぎかも)
6月から走り始めて当初はこのタイムで走ることは絶対にできなかったので人間の適応力ってすごいなと感心します。

普段走ってる距離は4~6kmくらいとかなり短いのですが7月から始めた塔ノ岳登山がLSDみたいになって長距離走を全くやらない分をカバーしてくれているのかもしれません。
登山は歩いているだけでも長時間心肺を刺激し続けることができるのと行動時間が長くなっても飽きないのが良いですね。
まあ、登山は2週に1回くらいのペースなのでどこまで効果があるのかは疑問ですがやらないよりはマシなんじゃないかと思います。

現状は1km4分30秒というペースですがここから先はかなり地獄かもと思っています。
1km4分20秒くらいになると走り始めから「あ、これ無理だわ」って思うんですよ。
そして、1km4分になると結構気合い入れても2kmくらいで足の回転が止まるというかペースを維持できなくなるんですよね。
ただ5km20分っていうのは結構基礎的な部分というかジョグしてれば達成できるってブログかなにかで読んだので今のレベルならとりあえず走っていれば何をしていてもタイムは上がっていきそうな感じです。
次回は9月の後半にでも5kmタイムトライアルに挑戦したいと思います。

IMG_20180908_000411

「お前、サンバイオからそーせいに鞍替えしたのかよ!」
って怒られそうですがそういう訳じゃありませんので怒らないでください。笑

そーせいは7月の頭くらいでしたか、エーザイがAD治療薬(BAN2401)のフェーズ2が成功?したとかしてないとかで(読んだんですけどよくわかりませんでした)爆上げしたのを見て「そういえば そーせい もアルツハイマーに手を出していたな」なんて思って調べてから買い出したのが始まりです。

そーせいはアラガンに導出したM1(HTL18318)でDLBの自社開発を行っていて個人投資家説明会資料なんかを読むと成功する確率が高いんじゃないかなと思いまして。
(っていうかADよりもイケるって踏んでいると書いてあるようにしか見えない。)

・ドネペジルはアセチルコリンエステラーゼを阻害し脳内のアセチルコリン量を増加させる。
・DLB患者ではAD患者よりもシナプス前ニューロンの欠損が多いためアセチルコリン量が少なく?アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(
ドネペジル)の効果が限定的。(副作用の問題も)
・ドネペジルに対してHTL18318はシナプス前活動をバイパスし直接、ムスカリン受容体のM1を刺激するため脳内のアセチルコリン量の影響を受けない。
・イーライリリーのキサノメリンの臨床試験によりM1を刺激することで認知機能の改善に繋がることが判明しているもキサノメリンはM2、M3も刺激してしまい副作用が大きく開発を断念。
・HTL18318はM1だけに選択的に作用する。
・副作用も少なく効果的な新薬の誕生?

ってな具合です。(なにが)
以前に何かでGPCRの立体構造の解析が進めばアルツハイマー病を含む多くの治療薬が登場するみたいなことを読んだのを思い出して「ってことはそーせいかな」みたいに思ったのもあるような。

M1は7月の後半に欧州でやってたフェーズ1を終えていて治験結果が良ければ株価的にもかなり期待できるんじゃないかなと思ってちょこちょこと買っていたら値動きを無視できないくらいの量になってきました。
今の株価だと買う度に取得単価が上がっていくんですけどしょうがないですね。
サンバイオと同じくらい期待してます!


↑このページのトップヘ