Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

2018年11月

3、4日前にサンバイオ以外に唯一保有していた株を売って、現金を増やしていたのですが、気付いたらサンバイオの買い増しをしていて余力がすっからかんになりました。笑

来期早々に発表されるであろう慢性期脳梗塞P2bの結果は、P1/2aや外傷性脳損傷のP2の結果から考えて、成功率が非常に高いので売る理由が全く見当たらないです。
再三、言われていることですが、外傷性脳損傷のP2の結果からプラセボでの回復がほとんど見込めないことが明らかとなりました。
慢性期脳梗塞P2bの主要評価項目であるFMMSの10ポイント以上改善の割合は、コントロール群がほぼ0%、SB623投与群が数十%(50%以上はあると思っています)となり、圧倒的な有意差が出て治験は成功に終わる、そんな未来が見えているのです。

お花畑と言われるかもしれませんが、慢性期脳梗塞のP2bは99.9%成功すると思っています。
成功すれば、大幅に株価が上がることが目に見えているのに、こんなところで売るなんて考えられません。
今後も株価が大きく下がるタイミングがあると予想し、上手く回転させようとしている人も多いかもしれませんが、脳損傷の治験成功後の上昇率を踏まえると結局はただ、持っていただけの方が良かったとなる確率は高いです。

株式投資において、「稲妻が輝く瞬間に居合わせる」という話は有名ですね。
これは、インデックス投資の話ですが、過去72年間だかの間に劇的に株価が上昇する数日間にポジションを持っていなければ大幅に利益が減ってしまうというものです。
外傷性脳損傷の結果発表前に一生懸命回転させてたら、あっという間に置いていかれたという人は、まあまあいるんじゃないかなと思ってます。
来期の慢性期脳梗塞の結果発表は、この「稲妻が輝く瞬間」がいつなのか、ほぼわかっているという非常に稀有な現象が発生しているのです。

「そんなうまい話があるわけない」と思われる人も多いと思いますし、人に話せば笑われるようなことかもしれません。
ですが、来年の春には、現在、ツイッターで「前にサンバイオ持ってたのに…」みたいにグチグチ言ってる人と同様、
「なんで、脳損傷の結果が出てからでも買えなかったんだろう」って後悔する人が急増しそうです。

※売買は自己責任で行ってください。

本日、6,090円でサンバイオを買い増ししました。
この株価で買い増しするなんて異常かと思われる方もいると思います。
が、時間軸の差と言いますか、まだまだサンバイオを持ち続けるつもりですので、TBIの成功が確認できて6,090円で買えるなら安いものだと思っています。


森社長は治験結果について、自信があるという発言を何度もされていました。
そして、外傷性脳損傷のP2は文句のつけようのない、素晴らしい結果が出ました。
私は、今回の治験結果から、森社長の言の確度が高いということがわかり、本当に喜ばしかったです。
(森社長を信じていなかったわけではありませんよ)

来期前半には、慢性期脳梗塞のP2bの結果が出てきます。
今回の外傷性脳損傷のP2の成功により、脳梗塞P2bの成功は約束されたようなものと見ています。

慢性期脳梗塞のP2bは、主要評価項目がFMMS 10ポイント以上改善の割合となっています。
既に脳梗塞ではP1/2aにて、18名中13名(72%)でFMMSの10ポイント以上改善が確認されています。

このP1/2aでは、コントロール群を設けていないため、
「プラセボ効果による回復ではないか」
という疑念を抱かれていましたが、今回発表された外傷性脳損傷のP2により、プラセボでFMMS 10ポイント以上の改善は絶望的であることが判明したのです。(コントロール群は2.4ポイントの改善)
つまり、脳梗塞P1/2aで7割以上の患者さんに、FMMSや他の評価項目で大きな改善があったのはプラセボ効果ではなく、SB623の効果であることが、外傷性脳損傷のP2の結果から判明したということになります。
外傷性脳損傷の治験に関与していない大日本住友製薬の株価があそこまで上がったのもSB623の成功を見込んでいると言えます。

繰り返しになりますが、慢性期脳梗塞のP2bは昨年12月22日に組み入れ完了しており、経過観察期間は12か月なので、今年中にキーオープンとなります。
そして、外傷性脳損傷のときと同様、解析に1か月とすると、年末年始を考慮しても2月中に結果が出る可能性は高いと考えています。

慢性期脳梗塞P2bの結果が出たら、日本では脳梗塞の治験をやらずに、外傷性脳損傷と脳梗塞のデータを使用して、承認申請を行うという話が株主総会で出ていました。

正直、最初に聞いたときは「そんなこと出来んのかよ…」と半信半疑ではありましたが、株主総会の記事を見返してみると、かなりの自信があるようです。
冒頭、森社長の言の確度が高いという話をしましたが、その森社長が常々言っていた、
「慢性期脳梗塞でも世界で一番早く、日本で上市させる」
という話がかなり現実味を帯びてきたことになります。

前述したように、脳梗塞P2bは成功率が非常に高いため、結果については全く心配していません。
さらに、来期には外傷性脳損傷と慢性期脳梗塞の両方で承認申請があるかもしれません。(既にPMDAとの折衝も行っているようです)
これも、早期承認制度を利用できるからであり、このスピード感は従来のバイオベンチャーでは考えられないことです。

また、米国においても、P2bの結果により迅速承認の可能性がありますが、日本の早期承認制度と比較するとかなり難易度が高いようなので、可能ならラッキーくらいに思っています。
ただ、患者さんのニーズが非常に高いため、P2bの結果を見て、「早く使わせてくれ!」という声が上がるかもしれませんね。
P2bでは163名で治験を行っていますし、安全性に問題がなく、効果も十分ならRMAT指定からブレイクスルーセラピーの適用を受けて米国でP3スキップの可能性もあります。

SB623の導出期待もあります。
これもまた森社長の話ですが、「引き合いが多数来ている」ということから、比較的早く導出が決まる可能性もあります。
バイオベンチャーの「引き合いが多数」っていう話は、まともに受けると悲しい結果が待っていることが多いので、話半分で聞いておくのが良いのですが、サンバイオの場合は違うと思っています。
何故ならSB623は競合がない、唯一無二の薬となるからです。
細胞薬で脳梗塞の治験を行っているところはいくつかありますが、慢性期で行っているのはリニューロンくらいです。
私見ですが、リニューロンとサンバイオの治験結果から、サンバイオに分があるのは明らかだと思います。

大日本住友製薬へ導出した条件はロイヤリティ17%と製品供給収入合わせて末端売上高の30%程度と言われています。
これは数あるバイオベンチャーの中でも破格の条件です。
P2成功後の導出となるので、これよりも更に良い条件が見込まれるでしょう。

導出がない場合は自社開発となりますが、その場合の利益は更に上がるため長い目で見れば、サンバイオとしては自社開発したいのではないでしょうか。

導出か自社開発かはわかりませんが、近いうちに欧州など日米以外へのアクションは間違いなく来ると思っています。
最近導入したMSC1、MSC2の進展があるかもしれませんし、他のパイプラインの開発が進むかもしれません。

11月1日の外傷性脳損傷の治験結果発表から興奮さめやらぬ日が続いていますが、サンバイオの飛躍はまだまだ始まったばかりと言えそうです。


10月のパフォーマンス
月間パフォーマンス    -3.9%
年間パフォーマンス +7%

10月31日引け後の記録です。

11月は私の資産、大幅高が期待できますね。

なんてったって、超主力であるサンバイオの外傷性脳損傷の治験が成功したのですから。
サンバイオは今日のストップ高は当然として、あと何日くらい上昇が続くのでしょう。

おそらく、土日の間に

「時価総額高過ぎ」
「まだ2相でしょ?上市まで時間がかかる」
「頭に穴を開ける手術なんて誰も受けない」
「TBIや脳梗塞の3相もやるから増資が来る」
「8.7ポイントの改善って微妙じゃない?」
「幹細胞の競合は多いし導出先なんて見つからない」
「すぐに金がなくなって増資するぞ」
etc…

上記のような、「サンバイオのことはよく知らないけど、とりあえず売り煽ってやるか」みたいな人が掲示板やツイッターで溢れかえることと思われます。
もちろん、どこで利確しても個人の自由なわけですが、少なくとも私はこんな安値で手放すために治験のリスクを背負ってたわけではありません。
どこまでも上がり続ける株はない以上、どこかで利確に押される可能性はありますが、今後の材料の大きさを見れば、今の株価でも安すぎると思っています。

TBIが成功したため、SB623の効果は疑いようのないものとなりました。
P1/2aで良好な成績によりPOCを取得している脳梗塞P2bの成功率は、限りなく上がったことでしょう。
そして、TBIの導出もかなり近いところまで来ているはずです。
製造や流通での提携があったように、ホルダーがまだまだ先の話かと思っていたようなサプライズが来る可能性も高いです。
売った直後に、これらの材料が出ても後悔しないという方は株価を見極めて売れば良いと思いますよ。(余計なお世話)

SB623 外傷性脳損傷を対象にした第 2 相試験(STEMTRA 試験)結果に関するお知らせ ‐主要評価項目を達成‐
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1641423 

本試験の主要評価項目 Fugl-Meyer Motor Scale において、運動障害を伴う慢性期外傷性脳損傷患者 に SB623 を投与した群は、コントロール群と比較して、統計学的に有意な運動機能の改善を認め、主要評 価項目を達成しました。24 週時点の Fugl-Meyer Motor Scale のベースラインからの改善量は、SB623 投与 群で 8.7 点に対し、コントロール群では 2.4 点でした。 また、安全性についても、SB623 のこれまでの試験の安全性プロファイルと一致しており、新たな安全性 の懸念は認められませんでした。 本試験結果を基に、まずは 国内で平成 32 年1月期中の承認申請を目指します。

英語版では、ダミアン・ベイツ博士のコメントも。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1641425


ついに、ついに、ついに、現状では最高の結果で外傷性脳損傷の結果が開示されました。
一株主として、これほど嬉しい瞬間は無いです。まだ上市されたわけではないので気が早いかもしれませんが、SB623の開発に携われたスタッフの皆様方、治験に協力してくださった患者様方、すべての方に御礼申し上げたいです。

いやぁ~、10月は本当に長かったです。
まさかと思うようなところまで売られて、治験結果を目前に控えて3,000円を切りそうなところまで株価が落ちるとは思ってもいませんでしたが、売らずに耐え抜くことができて本当に良かったです。


少人数のため懸念されていた有意差についてもクリアし、FMMSの改善がコントロール群2.4ポイントに対して、SB623投与群8.7ポイントという圧倒的な結果にてP2を終えました。
外傷性脳損傷では、一般に脳梗塞よりも、ダメージが広範になると言われているため(衝撃を受けた反対側にもダメージがある)、SB623のように局所投与ではあまり効果が期待できないのではないか、という指摘もありましたが見事に覆してきたことになります。
詳細な解析結果はもうしばらく後になると思いますが、ブログでも報告されていた、認知機能の改善にも期待がかかりますね。
現段階では有意差がどれほどなのかは不明ですが、これだけ差があると、P値は0.05を大きく下回るのではないでしょうか。
以前に読んだ、アムジェン創業者の著書(世界最高のバイオテク企業)でも、
「治験中にも関わらず、どの患者がプラセボで、どの患者が薬を投与されたのか、部屋の反対からでもわかる」
という話を思い出しました。
これだけ差が出ているのであれば、評価を行っていた医師は結果が見えていたんでしょうね。
安全性にも問題がなく、十分な効果も認められるため、32年1月期中(2019年2月~2020年1月)の承認申請→承認もスムーズに行われるでしょう。

興味深かったのはコントロール群ではFMMSが2.4ポイントしか改善していないことです。
こういう治験を受けようという患者さんはリハビリにも積極的なため、もしかしたら、積極的なリハビリやプラセボ効果により、もう少しは改善するのではないかという思いもありました。
今回の結果を受けて、textreamでRobiさんをはじめ、複数の方が慢性期脳梗塞P1/2aの結果を受けて、FMMSの10ポイント改善は驚異的とおっしゃっていたことを実感しました。
外傷性脳損傷と脳梗塞の慢性期では病態がほぼ同じという話なので、次に控えている慢性期脳梗塞のプラセボ群の改善は、ほぼあり得ないこととなります。
脳梗塞のP2bでは主要評価項目がFMMS 10ポイント改善の割合なので、このP2bではSB623を投与した場合、どのくらいの患者さんがFMMSで10ポイント以上改善するのかを調べているに近い状態となるのでしょう。

数か月以内に見込まれるカタリストとしては、SB623の外傷性脳損傷用途での導出、慢性期脳梗塞P2bの結果発表、適応症の拡大でしょうか。
SB623の導出については、P2を良好な結果で終えていることから、慢性期脳梗塞(ロイヤリティ17%、製造供給費も含めると30%と言われている)よりも良い条件での導出が期待されます。
株主総会での社長の引き合いが多数という話(サンバイオの株主総会に行ってきました 5)や30年1月期の決算説明資料でもあるように、エリア拡大はかなり可能性が高いと思っています。
そういえば、IFISでは業績予想でコンセンサス予想と会社予想にかなりの差があるんですけど、アナリストは何らかの導出か提携による一時金を見込んでいるのかもしれませんね。https://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?action=tp1&sa=report&bcode=4592

そして、外傷性脳損傷P2と脳梗塞P2bのデータを活用して、日本での慢性期脳梗塞の承認を狙っているので、脳梗塞の方も結果が良ければ、来期中に国内承認申請の可能性も。
脳梗塞P2bでは昨年12月22日に組入れ完了しており、経過観察期間が12か月なので、早ければ来年2月くらいには結果が出てくるかもしれません。

今回の結果で認知機能にも改善が確認されれば、認知症を適応とした開発も加速していきそうです。

しばらくは売るタイミングがなさそうですね。

↑このページのトップヘ