Screenshot_20180224-204830

昨日放送されたBS-TBSの健康科学ミステリーを視聴することができました。
ヤフーファイナンスのサンバイオの掲示板ではTBIの治験を受けた患者さんの映像があるという話で盛り上がっており私も是非とも見てみたいと思っておりました。
本日ようやく視聴することができ、その内容に鳥肌が立つほどの感激を受けた次第であります。
僭越ながら少しだけ紹介させていただこうと思います。

前半部分はSB623の成り立ちやその期待される効果などを紹介しており、またホルダーの間では有名?なソニアさんのSB623投与前、投与後の映像もありました。
過去のテレビ放送以上に"サンバイオ"、"SB623"というワードが頻出していたように感じます。

2011年に米国で慢性期脳梗塞のP1/2aが脳神経外科の権威であるスタンフォード大学のゲーリー・スタインバーグ教授をリーダーに行われました。
スタインバーグ教授は治験結果についてインタビューで
「驚くべきは著しい回復が複数の患者でみられたこと、副作用がほとんどなく通常は1か月ほどで効果が出てくる」
と評しています。
Screenshot_20180224-214229

18人中14人に顕著な効果がありましたがそのうち特に驚異的だった2人を"奇跡の患者"とよびその1人がソニアさんだったのですね。
ソニアさんはyoutubeでもすぐに動画を見つけることができると思います。
またスタインバーグ教授は
「ここまでの回復は全く予想していなかった」
とも語っております。
Screenshot_20180224-214252

SB623の効果などはこのブログでも少し紹介してあるので是非見てみてください。

後半部分ではなんと現在日米合同で行われているTBIのP2に参加された患者さんの紹介でした。
9年前に自宅ロフトから転落しTBIとなった川上 巌さんという方が出演されていたのですが、ヤマハの元社長である川上 浩さんの息子さんであられるようです。(これも掲示板からの情報のため真偽は不明です。すいません)
ぶっちゃけ「良い家住んでるなー」くらいに思ってましたが話を聞いて納得しました。(貧乏人は着眼点が貧乏性)

川上さんはTBIにより左半身が麻痺、杖なしでは歩行できず左腕も胸よりも上がらないという状態でしたが、治験を受けた1か月半後には左腕で顔を触れるようになり、さらに全く動かなかった左足首を少し動かせるようになったそうです。
そしておもむろに立ち上がり杖なしでスタスタと歩行されていました。この歩いている映像だけ見ると杖は全く必要なさそうに感じます。
左腕はぎこちなさがありますが治験前の映像と比較しても明らかに動作が改善されたと分かるくらいスッと上がっていて私も思わず「おっ!」と声を漏らしてしまいました。
スタスタ歩いている様子を見ると、とても1か月半前には杖が必要だったとは思えません。
映像の最後の方で川上さんの後方をおばあちゃんぽい人が歩いているのですが明らかに川上さんが勝っていました。(なにが)

Screenshot_20180224-214843
Screenshot_20180224-214932

川上さんは
「嬉しいです。そして、さらにさらに頑張るぞというファイトに燃えています」
と語っておられました。
私は門外漢なので専門的なことはなんとも言えませんが、米国で行われた慢性期脳梗塞のP1/2aでは1か月より6か月ほど経ってからの方がさらに改善されています。
今後のリハビリやトレーニング次第で川上さんはさらに回復されることと思います。

さて、ここで一つの疑問ですが現在行われているTBIのP2は二重盲検法という比較試験が行われています。
実際にSB623を250万個、500万個、1,000万個のいずれかを投与される群とプラセボ群(この場合は頭部の手術だけしてSB623を投与されない)に分けられるのです。
この二重盲検法では主観やプラセボ効果により効果を誤って判断しないため誰がプラセボで誰が投与されたのか患者にも医師にもわからないようになっています。
経口薬なら偽薬を渡せば済むのですが、SB623の場合は実際に手術を行うため手術した病院と評価する病院を別にすることで患者も医師も誰が投与されたのかわからない状態になっています。
川上さんは明らかに動作が改善されていますがなぜTBSは治験前から川上さんを追うことができたんですかね。たまたまでしょうか。
プラセボ群の患者さんである可能性も充分あったわけです。
テロップには
"川上さんが感じる変化です"
という注釈がありますがプラセボであそこまでの回復はあり得ないような気がしますので川上さんはSB623の投与された群に入ったのでしょうね。

仮定の話ですがTBSは何名かの患者さんに治験前からコンタクトを取っていてそのうち著明な回復をみせた川上さんがテレビで放送されるに至ったということかもしれません。
いずれにせよ不安視されていたTBIにも効果があるであろうことが示された形となりました。(絶対ではありません)
帝人と手を切ったことを悪材料とする見方もありましたが今回の放送によりそれもなくなるでしょう。

サンバイオは今後、TBI組入れ完了、TBIのトップラインデータ発表、慢性期脳梗塞のトップラインデータ発表、早期承認制度による条件付き承認などイベントが目白押しです。
どのタイミングで噴き上げるのか本当に楽しみですね。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK