オプションによるヘッジを検討しています。

最近、ナシームタレブの「まぐれ」という本を読んでディープOTMのプット買い(いわゆる屑プット買い)という戦略を知りました。
(この本は結構おすすめされていますがオプションの知識が皆無な人が読んで理解できるんですかね…)
オプション自体はやったことがないのですが「超・株式投資」や「株式より有利な科学的トレード法」という本を読んでいたので何となく概要程度は知っていました。

キャッシュセキュアードプットからカバードコールやショートストラングルなどの解説が多いなかで屑プット買いなんて勧めているのは初めてで興味をひかれました。
屑プット買いは当然ですが失敗する確率の方が遥かに高いためプレミアムは損することが多いです。
しかしいざ暴落が起これば何十倍、何百倍にもなって返ってくることがあるので暴落への保険料ということで割り切って考えれば良いかもしれません。
屑プット(コール)買いのコストを賄うためにショートストラングルやバタフライを組むやり方もあるみたいですが難しくてなかなか理解が進みません。
(アイアンコンドルの外側を大きくしたみたいな?)

私は現在、ほぼサンバイオしか保有していません。
サンバイオに悪材料が出なくても新興バイオ銘柄ということもあり暴落時には真っ先に売り込まれると思われます。
2月初頭の下落時には素早く売却して運良く下で買い直すことができたのですが、たまたま上手くいっただけで次回も同じことができるとは限りません。
それならば屑プット買いで保険をかけつつ来るべき日を待つのも一つのやり方かなと思います。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK