少し前に、職場の仲の良い方(Aさん、私より少し年上)から
「株を始めたいんだけど、どうすれば良いの?」
という、ものすごく漠然とした質問をされました。

私はとりあえず証券口座を開くことと初心者向けの本を数冊読んで簡単な用語や取引の仕方を覚えると良いというこれまた漠然とした回答をしました。

数日後、Aさんから
「資金っていくらぐらい必要?」
というさらにまた漠然とした質問をされました。

私はなんと答えて良いかわからず結構少な目に50万円くらいあると戦略の幅が広がると思うなんて適当に返事をしました。

Aさんとはシフトの関係でしばらく会うことがなく、投資の質問も来なくなったのでなんとなくそのままにしていたのですが、今日たまたま職場で会ったときに株の話をしました。

私「あっ、Aさん久しぶりですね!株やってますか?笑」
Aさん「いやいや、最初に50万円も必要なんて思わなかったよ。何千円とかかと思ってたからさ」
私「え?Aさんなら50万円くらい楽勝じゃないですか(知らんけど)。何千円とかで始めるやり方も無いことは無いんですけど金額が少なすぎてあまりやるメリットは無いかもしれませんよ」
Aさん「いや~、50万円は大金だよ。しかも無くなっちゃうかもしれないんでしょ?そんな金あったら家の頭金にでも入れるって。株はやっぱり無理だな」
私「そうですね!株はリスクありますからね。家の頭金にする方が確実ですよ()」

ここで株ジャンキーな方ならインデックスファンドやS株、ワンタップバイ等を勧めるのかもしれませんが私はAさんの雰囲気から察してすぐに株式投資を否定して話を終えました。(え)
まあ、今後私からAさんに投資話を振ることは無いでしょうね。

もしかしたら少し冷たい対応のようにも感じるかもしれません。もう少し株の魅力を語っても良いんじゃない?みたいな。
でも株って誰かに説得されてまでやるものでもないと思っています。
おそらく、いま株式投資をされている方はきっかけは違えど皆、自分の意思でもって始められたのではないでしょうか。
もしAさんが本当に株式投資を始めたいと思ったのなら多少は自分で調べるはずです。
50万円という金額が用意できずとも10万円、20万円が作れない訳がないのですから。(私よりも残業してますし…)

別にAさんのことが嫌いなわけでもなく、今回の件もそれがAさんの選択であったというだけのことなんですけど株式投資って自分が思っているよりも人にはハードルが高いんだなと感じた次第です。
ツイッターとか株ブログとか見てるとこの感覚がマヒしてきますね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK