Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ:個別銘柄 > イーレックス

ARMを1,140円で100株購入、平均1,153円で200株となりました。


サンバイオは1,443円で100株購入し平均1,412円で400株となりました。


ARMは下げたらナンピンする予定だったのとサンバイオはCIRMの補助金受領マイルストンが発表されたため購入に至りました。


 組み入れ達成度合いが85%、100%となったときも適時開示があるとのことでその度に株価が上がる可能性があるので100株だけですが今のうちに購入しようと思いました。


 


 イーレックスは朝下げたところで空売りしてたのを半分ほど決済し1,050円辺りで再度細かく空売りし、また決済なんてことをやってました。


ずっと眺めてた訳ではなく指値してたのが上手くハマった感じです。


再度空売りの玉を建てる際に間違えて信用買いをしてしまい1,048円で300株の買いポジションを作ってしまいました。


ここ数日、下値を切り上げてきているので充分利益になるポジションだとは思いますがつまらないミスをしてしまったと思います。


日本経済新聞社の販売店と組んだ「ニュースサービス日経でんき」なんてのも始まりましたね。


イーレックスは代理店制度で販路を拡大してきました。代理店側も紹介した顧客がイーレックスとの契約を続ける限り報酬を得られるので正にwin-winな関係です。


これだけで何万件も契約が増えるとは思いませんがこういう地道?な努力はいずれ実を結ぶと思います。


 


以下は完全に私の妄想ですのでさらっと読んでもらえるとありがたいです。


 


現在イーレックスの株価は1,023円、予想PERは17.25倍です。


東証一部の業種別データでは電気・ガスの予想PERは10.23倍です。


イーレックスは結構高めに評価されてますね。たまにこの東証一部のデータを持ち出して


イーレックスは現在のPERが高いためEPSが上がっても株価は上がらずセクター平均の予想PERに収まっていくはず」


なんて言われたりします。


果たして本当にそうなのでしょうか。私は少なくとも今後数年はこのPERが継続すると思っています。


その理由としては他の一般電気事業者と比較して時価総額が低いことにあります。


いわゆる大手電力会社10社の中で最も時価総額が低いもので沖縄電力の約1,070億円です。数千億円、1兆円以上がざらな世界です。


(ちなみに沖縄電力の予想PERは23.2倍です)


沖縄電力と比較してもイーレックス時価総額は約510億円なので2倍は違います。


時価総額が低いということは発電所建設による売上アップや契約1件当たりの業績に与えるインパクトが大きくなることを意味します。


75MW級の発電所1基でもFIT24円、設備利用率80%とした場合、約126億円売上増となるわけです。


イーレックスは今後もバイオマス、太陽光、風力発電所に参入していくと思われますので順当に発電所が建設されればある程度時価総額が大きくなるまで成長が続いていくと思われます。


国がエネルギーミックスの 再エネ比率をどんどん上げたがっているのでイーレックスバイオマス発電のノウハウやPKS、EFBの調達力等は今後も評価され続けると思います。


 


 


 


7万件突破から実に80日もかかってしまいました。
昼前に知ったのですが失望したので2,000株を1,020円で売却しました。
これで今期中に13万件は絶望的と思っています。
たかが低圧かもしれませんが目標の13万件も厳しくなった今、今期売上500億円の達成はより難しくなったと見ています。
やはり新電力はレッドオーシャンなんですかね。東京ガスなどの強力な競合が多すぎて当初の予想よりも苦戦しているように感じます…
そう言えば大船渡のバイオマス発電所は9月7日に起工式が行われていたんですね。知らなかったー。

今日もイーレックスの空売りを上手く決済できました。金額にして1万円ちょっとですが何もしないよりかマシですかね。
現物を減らすのは売り玉が担がれたときだけにしようと思っています。
完全に私の妄想ですが、イーレックスはPER18~20倍くらいが上限ではないでしょうか。
今期予想EPS59.3×PER18倍で1,067円、20倍なら1,186円みたいな感じです。
当面、ここより上にいくためにはかなりのエネルギーが必要だと考えています。
そのため1,050円より上では空売りの量を増やすことにしています。
さらに成長性から考えると下限はPER15倍の890円くらい。よほど地合いの悪化か悪材料がない限りここより下を攻めるのは難しいと思っています。
最近も918円まで下げましたがそこからの買い圧力はかなり強かったです。
良くも悪くも、今ある材料だけだとイーレックスは成長が限られているのでしばらくはこの水準で推移して来期予想EPSを織り込むくらいになったらまた一段上のステージにいくみたいな。
来期予想EPS79.5×PER18なら1,431円です。順調に2Q、3Qとこなして悪材料が出なければ来年にはこの辺の株価は目指せると思います。
新たな材料を打ち出せれば大きく上がる可能性もあります。
こうやって書くとイーレックスにあまり期待してないようにも見えますが電力会社でPER18倍というのはかなり高いので結構期待してる方です。
IRに質問して燃料不足問題も解消出来ましたし2019年には豊前、大船渡のバイオマス発電所が稼働して発電事業だけで年間300億円の売上が見込まれます。順調に2020年に沖縄も稼働すれば年間売上400億円弱。
この頃までにはA地点の詳細も明らかになってきてさらに新たな計画も立ち上がると思うので2,000円~3,000円以上の可能性もあります。
年足らずで10倍になるような銘柄もある中で3、4年かけて株価2~3倍だと少なく感じるかもしれませんが博打的な要素が少なく着実に売上を伸ばせるシステムなので集中投資しても良いのかなと思っています。
少し前に複数銘柄に分散とか言ってましたがやっぱり<イーレックスに賭けてみたい。売り玉が担がれたらそこはしょうがないですけど。
何にせよもうしばらく900円台から1,100円くらいで推移する可能性が高いのかなと思ってるってことです。
テクニカル的なことは全くわからないしそもそもチャートもほとんど見てないのでチャーチストの方たちとは見解が違うかもしれませんね。

イーレックスは1Q決算後に一時1,100円を超えてくるなどして強い動きを見せましたが再び下がってきています。

(以下は完全に私の妄想です)
下がっている理由として今期売上500億円に対しての疑惑、不信感等があると思っています。
もちろん他の要因も多々あると思います。
発電での売上は良くも悪くもほぼ決まっているようなものなので小売の伸びにかかっていますが1Qで90億円、のこり3四半期で410億円は普通に行くと厳しいはずでは。
ただし小売の伸びが見えてくれば達成も可能かもしれません。
利益面では進捗率が1Qで25%程のため達成できると思います。
そこで500億円達成のために何らかのアクションがあると思っていますがそこが見えてくると大きく株価を上げる要因になるのではないでしょうか。

具体的には発電所の買収、電力トレーディングや燃料事業の大幅な拡大等々…
経営陣もただ漠然と500億円という数字を出したわけではないはずです。
さらに言うと500億円は通過点で2021年3月期には1,000億円を目指しているのでここでしっかり500億円を達成し投資家の信頼を勝ち取っていただきたいと思います。

↑このページのトップヘ