Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ: 雑記

IMG_20180531_100424

本日、午前10時頃に三井住友カードより「ご入会審査のお知らせ」というメールが届き審査に通った旨の通知を受けました。

"ANA VISA ワイドゴールドカードの申し込みをしましたが審査に通る気がしません"なんて記事を書きましたが杞憂?だったようです。(実際ギリギリのところだった可能性は高そうですが)

一般カードもリボ払い、ゴールドカードの初期設定?もリボ払いにしていて、そもそも銀行の引き落としが出来ていなかったという状況でも大丈夫なんて…
"ゴールド"なんて付いてますけどそんなに大したものじゃないってことなんでしょうね。
ネットの情報に踊らされてしまいました!

最初に「満20歳以上かつ年収400万円以上」なんて条件を見たときは楽勝!と思いましたし実際、楽勝なんでしょうけど私の場合、認印相違により引き落としが出来ておらずさらにしばらく放置していたという特殊な事情があったので少し時間がかかったのかもしれません。
5/30の深夜(日付は5/31)にネットで申し込みをしたので3営業日で連絡が来たことになります。
今日の夕方にはキャッシングやリボ払いの案内のハガキが届いたので実質、先週金曜日(6/1)には審査が完了していたんでしょう。
何はともあれ作ることができたので後は年会費分程度は元を取れるようにしたいと思います。

先日、リボ払い使ってますか?なんて調子こいた記事を書きましたが実は私、ANAカードにしたのは今年の4月からなんです。(え…)

まずは普通の青いカード(一般カード)を発行したのですが…(↓これです)
IMG_20180531_100252
色々調べるうちにワイドゴールドカードが一番メリットがあるという結論に至り、カードの切り替え(ランクアップ)を申請しました。(↓これです)
IMG_20180531_100424

一般カードではポイントをマイルに換える際に1ポイント→5マイルなら無料ですが1ポイント→10マイルにしようとすると6,000円かかってしまいます。
ワイドゴールドカードにすることで年会費は上がりますが1ポイント→10マイルへの交換は無料になりますし諸々考慮するとメリットがあるかなと思います。

このワイドゴールドカードの審査基準として20歳以上、年収400万円以上というのがあるらしくそれを聞いたときは正直、

「楽勝だろ…落ちるやついんのかこれ」

なんて思っていました。

しかし今となってはそんな甘い考えは吹き飛び、もう落ちる気しかしません…。

理由は2つあるのですがまず1つ目

・銀行の引き落としができない
「???」って感じですよね。私もです。
少し前に三井住友カードからハガキと封筒が届いていてしばらく放置していたのです。
どうやら最初に送った銀行の認印が違ったらしく
「4月分のリボ払いが引き落としできなかったので直接口座に振り込んで認印も再度、押印して送付して」
という内容だったのですが1週間くらいシカトしてしまってました。
振り込みも認印の再送も遅れたのでもしかしたら延滞?扱いみたいになってるかもしれません。(っていうか支払日に引き落としできない時点で延滞してるんですけど)
事前にリボ払いの分以外は若干残高が残るように調整して振り込み(臨時増額)したのですが…
当たり前の話なんですけどこういう書類はちゃんと確認しないと駄目ですね。
カードの審査云々の前の問題です。

・そもそもリボ払いだと審査に通りにくいらしい
これ、カードの審査について調べてから初めて知ったんですけどリボ払いしていると審査が厳しくなるようです。
クレヒスがどうとか色々書いてありましたがざっくり言うと支払いの先延ばしはお金のない人(または身の程を越えてお金を使う人)がやることだからだそうです。
まあ…確かに通常リボ払いを使う層っていうのはそういう人たちが多いんでしょうけど…
でもおたくのサービスの一環でしょ?と言いたいです。
それを正当に利用して何で審査が厳しくなるんですかねぇ。
言いたいことはわかりますけど感情的には納得できません。

そもそもの問題として銀行の引き落としすらできない奴を相手にゴールドカードを発行するメリットがあるのかなんてところもありますし。(ゴールドにそれほど価値があるともry)
5/30の深夜にネットで申し込みしたのでそろそろ結果が来るんじゃないかなって思ってるんですけど結構個人差があるようなので期待しないで待ってます。




ネット界隈ではもはや口にすることすらはばかられ、自称情報強者の皆さんからアクティブファンドばりに叩かれるリボ払いですが私はカードを使うときは基本リボ払いで支払いをしています。
と言うか元からそういう設定になっています。

こういう話を始めると
「おいおい、こいつ情弱かよ!リボ払いってのは金利が極悪で(ry」
みたいなことが始まるのがネットの世界な訳ですがリボ払いもなかなか捨てたものではありません。

私は安心と信頼()の三井住友VISAカードを使用しているのですがこの三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」を利用して金利が発生するとボーナスポイントが加算され還元率がマイル換算で1.3%ほどになるのです。

「でも金利が発生したら手数料を多く取られてしまって結局ポイントが増えても意味ないじゃないか」
となりがち?ですが毎月、請求額が確定したらリボ払いの臨時増額を行って残額が110円以上残るようにすれば数円の手数料で済むのでかなりお得です。
この臨時増額もスマホのアプリ(Vpass)から数分とかからずに行えるので特に手間だとは思いません。

私は"マイルを一生懸命貯めてる"とか"ポイント系が好き"とか"たくさん飛行機に乗って旅行したい"とかないのですがこうやってマイルを貯めていけば家族で旅行や帰省をするときに役立つのであえてリボ払いにしてわずかな手間をかけています。
もし興味があったら詳しいやり方をググってみてください。


IMG_20180307_000901

先日、セリアでマイクロブロックというナノブロックのパチもんみたいなものを見つけてつい衝動買いしてしまいました。
ダイソーでも探してみると同様のプチブロックというパチもんが売っていてまた衝動買いしてしまいました。

左下のジュラシックパークザウルスは本家のナノブロック
下段のパトカー、消防車、救急車はセリアのマイクロブロック
上段のパンダ、ブルドーザー、ゾウはダイソーのプチブロックです。

100円にも関わらず本家のナノブロックと遜色のない素晴らしい出来映えであると思います。
100均の商品にこんなに感動したことはないかもしれません。

これを夜にこっそり作ってさりげなく部屋の棚などに配置しておきます。
すると我が家の坊っちゃんが起床時に目ざとく発見して「ん!ん!ん!」と指をさしながら興奮するので面白いです笑

セリアのマイクロブロックはナノブロックと互換性がありパーツをごちゃ混ぜにしても問題なく組み上げることができましたが、ダイソーのプチブロックは他のブロックとの互換性がありませんでした。
またセリアのマイクロブロックは本当に良くできていてスクレーパー状のブロックを外す道具もついていてストレスなく組み上げることができました。
(スクレーパーが無くても人力で外せますがあると便利)
ダイソーのプチブロックはバリがあったり異常にハマりにくいブロックやスカスカなブロックもあったりで少しストレスを感じます。
(組み上げることは可能です)

と言うことで買うならセリアの方がおすすめですね。
全種類コンプリートしたくなりました。

私が入社して2年目に突入したころ同時期に数人の同期が仕事を辞めていきました。
その後1、2年の間にも何人も辞めていき、もう今となっては辞めた同期全員の名前すら思い出せません。(薄情)

彼らは口を揃えて
「月50万くらいもらえる仕事見つけたわ」
「友達が○○(大体アパレルか謎の飲食店など)で毎月50万稼いでて誘われたんだよね」
「地元で○○(漁師とか農業系)やってる奴が50万くらい稼げるって言ってたから地元帰るわ」
などと言いながら辞めていきました。

彼らは同じ職に就いたわけでも結託して会社を辞めたわけでもありませんが何故か全員が50万円というワードを出してきたのです。(全員は誇張かも)
とにかく仕事の中身より”50万円”っていうのを多く聞いていたのでそればっかりが頭に残っています。

なんというか私をはじめとして学の無い人間は50万円というのが一つの境になるのかもしれませんね。
50万円っていかにも手が届きそうですし、当時私や彼らの年収は350万円ほどだったので魅惑的に見えたのかもしれません。
「50万円なんか少ねーよ」っていうブルジョアな方もいると思いますが毎月50万円稼げるってなかなか胸を張れることだと思います。
現に今の私は休日出勤や残業を頑張るかボーナス月でもない限り50万を超えることはありません…。

そんな彼らが今、どういう状況なのかは不明ですが先日興味深い話を聞きました。
ショップの店長だかなんだかになると言って辞めていった同期の一人が職を転々としたあげく元のサヤに戻ろうと我が社の社会人採用試験を受け続けているということでした。
受け続けているということは…まあ結果はお察しの通りです。
私はその彼とちょっとだけ仲が良くてたまに飯とか食べに行ったりしてました。
辞める直前も少し話をしていて私は若干寂しい気持ちもあったのですが、何故か奴はその時にはもう成功者にでもなったつもりで上から目線で接してきたので最悪の印象を抱いたまま別れることとなりました。
案の定その彼も50万教の熱心な信者でした。
我が社は典型的な年功序列型(と、ちょっとの頑張り)で昇給していく古の体質を保持した企業なので社会人採用と言っても新卒とあまり変わらない程度の給料しか出ないのです。
それなのに毎年受け続けるということは…まあお察しの通りです。(2回目)
私は話を聞いた瞬間「ざまあみろ!」と思ったのですが(今もちょっと思っ)、と同時に少し悲しい気持ちにもなりました。
私がいまさら新卒と同じ条件でしかも同じ仕事をしろって言われたら発狂するかもしれません。子持ちですが真剣に転職を考えます。
それくらいきつくてワリに合わない仕事だと思っています。(下っ端は責任がないのである意味気楽ではありますが)
少しづつでも昇格することでやりやすくなってくるという未来が見えたからこそ頑張れたのです。
それなのに「自分と同い年の彼が新卒の待遇を知りつつ前に勤めていたこの会社を受け続けているんだな」と思うとやるせない気持ちになってきます。

「アメリカでは一度退職し経験を積んで戻ってくる人間を重宝する」みたいな話を聞いたことがあります。
もちろん後に続くのは「日本は出戻りを嫌うから遅れている」的な。
このミクロな問題をマクロな視点で考えているわけではありませんが、出戻りが許される人って本当に優秀な人だけだと思うんですよね。
特に私が就いているような、言い方は悪いですけどやり方を覚えたらあとはひたすらミスなくそれを行い続けるっていうタイプの仕事では優秀な人材よりも(形だけでも)忠誠心みたいなのが求められている気がします。(適正とかありますけど)
つまり出戻りなんてのを許すのはご法度なんですね。良いか悪いかは別にして。

10年以上かけてちまちまと昇格、昇給していった私は昨年の年収が640万円になりました。
ようやく「50万円もらえる」と喜んでいた彼らに年収換算で追いついたわけです。
でもこの50万円の質は全く違うものです。
資金力の少ないデイトレーダーが日銭を稼いで命をつないでいくのと莫大な資金力で配当だけで食っていける人くらい違うと思っています。
もちろん彼らが前者で私は後者のつもりです。

今になってみると20代前半なんていくらでもやり直せそうな気がしますが個人の能力次第ってことなんでしょうね。
1度の挑戦(良い言い方)が人生をここまで変えるとは彼も思わなかったでしょう。(もしかしたらおう歌しているのかもしれませんが)
凡人であればあるほど人生において何かに挑戦できる回数というのは思った以上に少ないのかもしれません。
なんてことを考えてしまいました。



↑このページのトップヘ