Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ:個別銘柄 > サンバイオ

明けましておめでとうございます。

新年早々で申し訳ありませんが、私の独断と偏見で2019年のお年玉銘柄を予想してみたいと思います。

いきなりですが、世の中には様々な投資のスタイルがありますね。
株、FX、先物、オプション、債権、銀行預金、貴金属等々、多数の投資対象が存在します。
同じアセットクラスであっても、その中身の投資手法は多岐にわたります。
例えば株ではインデックスファンド、ETF、配当金や優待狙い、バリュー、グロース、個人で先物やETFを使ったロングショートなんかを行っている人も多くいます。
この中で、どれか一つの手法に拘るという人は意外と少なく、多くの方は複数の項目を意識してポートフォリオを組んでいくのだと思います。

色々な考え方があるなかで私が常々意識しているのは、
「爆発的に上昇するような銘柄に資金を投じる」
ということです。

では、爆発的な上昇が期待できる銘柄とはどんなものがあるのでしょうか。
それは、未だに人類が到達できていない領域を切り開いていく可能性のある銘柄だと思っています。
世界中の誰に聞いても
「そんなことが可能になれば、それはとても素晴らしいことだよね」
と言われるような、技術を持つ会社を選ぶことが大切ではないでしょうか。
それは一部の人にしか恩恵がないような物ではなく、多くの人に恩恵をもたらすものでなくてはなりません。(だんだん雲行きが怪しくなってまいりました)
そして、景気や流行り廃りに左右されず、いつの世でも人々に必要とされる、そんな会社であれば最高です。


その辺を踏まえてどんな銘柄が良いのか考えた結果、、、




4592 サンバイオ




を今年上半期のイチオシ銘柄にしたいと思います!


「、、、お前ふざけてんのかよ」
と思われるかもしれませんが私は大真面目です!
いくつか、気になる銘柄はありますが、自分が持っていなかったり少ししか持っていない銘柄をオススメするのはどうかと思うので、結局サンバイオになってしまいました。

なにも、サンバイオ、サンバイオ言い過ぎて引っ込みがつかなくなったからサンバイオって言ってるわけではありません。
直近で期待できる材料が多数あるので、短期間で株価が大きく上昇する可能性も高いです。(失敗したら下へ振れます)

未だに「時価総額ガ高イカラー」って言う人もいますけど、昨年7月、エーザイがバイオジェンと共同開発中のアルツハイマー治療薬BAN2401のP2突破で時価総額を8,900億円上げたのをもう忘れてしまったのでしょうか。
また、2018年の時価総額増減ランキングで3位に入っている大日本住友製薬は1年間で7,245億円の上昇を見せたわけですが、7,245億円のうち、11月2日以降、大納会の終値までで5,270億円程度上昇しています。
途中、ラツーダの用途特許について係争中の後発品メーカーと和解するなどがあり、この上昇分全てがTBIのP2成功を好感してというわけではありませんが、それでも市場はSB623の成功に期待していることがわかります。(知りませんけど)


さて、そんなサンバイオですが、今後、どのようなイベントが予定されているのか紹介したいと思います。

・1月7~10日
JPモルガン・ヘルスケアカンファレンスに参加、森社長がプレゼンを行います。

・1月25日
森社長だけでなく、創業科学者の岡野教授、厚生労働省審議官の森氏、大日本住友製薬の取締役執行役員の木村氏等、そうそうたる顔ぶれの方々が登壇されます。
サンバイオホルダーならこの面子を見てビビっと来るものがあるのではないでしょうか。

・2月20~22日
第5回再生医療産業化展 大阪では、セミナープログラムで森社長が講演を行います。
また、厚生労働省審議官の森氏、大日本住友製薬の岸野氏の講演もあります。


昨年12月22日で組み入れ完了から1年経過した慢性期脳梗塞P2bの結果もあと1か月ほどで出てくるのではないかと言われています。
脳梗塞P2bでは、主要評価項目が手術後から6か月後のFMMSが10ポイント以上改善している割合なので、この部分のデータは既に揃っているはずです。
大日本住友製薬の意向により、安全性を見るために12か月の経過観察期間を設けていましたが、それも昨年の12月22日で完了し、あとはデータを解析するだけとなっています。

繰り返しになりますが、脳梗塞P2bでは主要評価項目が、FMMSのベースラインから10ポイント以上改善した割合となっています。
コントロール群に当たった患者さんが10ポイント以上の改善は非常に難しいので(TBIのP2ではコントロール群は平均2.4ポイントの改善)、実質はSB623を投与された患者さんの中で何割程度が10ポイント以上改善するかを見るテストとなります。
P1/2aでは7割以上の方が10ポイント以上改善しています。
以前に、サンバイオの治験考察で紹介させてもらったのですが(セックさん情報提供ありがとうございます)、P1/2aの半分程度の結果でもいけるという話がありましたよね?(知らんがな)
なぜ半分程度の結果でもいけるのかというと、コントロール群が10ポイント以上改善はほぼ無理なので、SB623で改善した患者さんが仮にP1/2aの半分ほどでも十分に有意差が出てくるというわけです。

これまでは、
「いやいや、そうは言っても、リハビリとかFMMSのテストを何回も受けてたら10ポイントくらい改善する患者さんはいるだろうから、有意差が出るかどうか難しいだろ」
という話が"かなり"出ていましたが、TBIのP2の結果からその可能性は消滅し、今ではそんな恥ずかしいことを言ってる人はいなくなりました。(え)
ということで、脳梗塞P2bの結果はかなり良いものと予想していますが、市場が脳梗塞の成功率をどれほどと見込んでおり、株価にどの程度織り込んでいるかはわかりません。
でもこれほどの新薬なので成功時のインパクトは大きくなりそうです。

SBI証券のレポートでは、今年1~2月にTBIの承認申請が行われると予想しており、立て続けに色々な材料が出てくる可能性も高くなっています。
ますます売る隙がありませんねー。()

これまで最強かと思われていたサンバイオですが、本日-1,160円(前日比-12.55%)と大きく下落しました。
サンバイオの牙城もついに崩壊かと思われがちですが、私は全くそうは思いません。
サンバイオ自体になんら悪材料は出ていないからです。
むしろ、ここひと月の間にメガバンク3行からコミットメントラインを取り付け、JNSにP1/2a後の2年間の追跡結果が掲載されるなど、事業内容は着実に前進しています。
そして、来期(2019年2月以降)早々に出るであろう慢性期脳梗塞P2bの結果も、非常に期待できるので、地合いの影響か、個人の狼狽か、機関の揺さぶりかは知りませんが、まだまだ売らずにホールドしています。

今回の下落と脳梗塞の結果を結びつけるような人がいるかもしれませんが、わずかひと月半前の出来事を思い起こしてみれば、TBIの結果が出る直前に3,000円を割るかというところまで下げたことから見てもこの程度の上げ下げはあって当然と思います。

「じゃあ、どこで下げ止まるんだよ?」って話になるかもしれないんですけど、そんなことは私の知る由ではありません。
ただ、少なくとも脳梗塞が成功すれば、直近高値は超えてくるはずと思うので、いま買い増しできる人は正直、うらやましく思います。
私は増担解除されるまでは買えませんので。

脳梗塞の結果が出る前に増担が解除になり、株価も下がっているのなら、逆に千載一遇のチャンスと言えるかもしれません。
9,000円やそれ以上の株価で推移したまま、2月を迎える場合と7,000円程度まで下落して2月を迎える場合、どちらが大きく買い増しできるかは自明の理であるからです。
信用取引を勧めるわけではありませんし、脳梗塞が成功するなんて保証はどこにもありませんので、あとは個々が、己の調査結果をどれだけ信じることが出来るかという話になりますけどね。

11月のパフォーマンス
月間パフォーマンス    ー%
年間パフォーマンス +216.8%

このパフォーマンスには、国内株式口座、米国株式口座、先物・オプション口座も含めているのですが、入金、出金含めて資金を移動させまくっていることもあって月間パフォーマンスの計算が良くわからなくなってしまいました…。
この年間パフォーマンスも概算でっていう感じです。
+200%を超えたので年初よりも、入金分を含めずに考えると3倍以上になったことになります。
10月末が+7%くらいでしたので、サンバイオの爆発的上昇により資産を大きく増やすことができました。
とはいえ、ブログタイトルの1億円にはまだしばらくは届きません。(元が弱小なのでしょうがないです)
「爆発的に上昇する銘柄に十分な資金を投じる」というのを主眼に投資してきましたが、11月で一気に報われたように思います。
弱小投資家が1億円という大金を手にするために10年、20年かけてコツコツやっていくというのも一つの手だと思います。
ですが、せっかくそこそこ若いうちに大金を掴むチャンスに挑戦できるというのであれば、積極的にリスクを取っていくことも間違いではないはずです。
(くれぐれも自己責任でお願いします)


11月は株式投資 2018年10月のパフォーマンスに書いた通り、カスのような売り煽り達が雲霞の如く押し寄せて、
「サンバイオとシンバイオの区別もよくわかんねーけど、バイオだからとりあえず叩いておくべ」
みたいな感じで安い煽りをしていました。
多少、危機管理能力のありそうな方は、この銘柄への売り煽りが逆に自分の無知さを露呈するだけと悟って早々に手出しをやめたようにも思いますが、一部のアレな方は未だにどうこう言ってますからね…。
売り煽ってる暇があったら100株でも買ってこの相場に乗れば良いのにと本気で思います。
6,000円、7,000円で手放した方も多いと思いますが、長期的に見るのなら9,000円で再度inしたとしても誤差の範囲となるはずです。
株価が20,000円になったとき、ポジションが6,000円でも9,000円でも見える景色に大差はないはずだからです。
実際、1,000円以下で買った人も3,000円で買った人も治験結果前の高値である4,500円で買った人も今は一様にホクホクしているでしょうから。笑

私は、今も少しでもサンバイオを増やしたいと思って試行錯誤していますが、増担が解除にならないと信用で買えないので困っています。
盲信とかお花畑ではなく、脳梗塞P2bの成功率はめちゃくちゃ高いと思っているので、買えるうちに少しでも買っておきたいのです。

12月はどういう展開になるか予想はできませんが、これだけ、
「"下がったら"買いたい」と思っている人が多いうちは下がらないような気もしますね。


3、4日前にサンバイオ以外に唯一保有していた株を売って、現金を増やしていたのですが、気付いたらサンバイオの買い増しをしていて余力がすっからかんになりました。笑

来期早々に発表されるであろう慢性期脳梗塞P2bの結果は、P1/2aや外傷性脳損傷のP2の結果から考えて、成功率が非常に高いので売る理由が全く見当たらないです。
再三、言われていることですが、外傷性脳損傷のP2の結果からプラセボでの回復がほとんど見込めないことが明らかとなりました。
慢性期脳梗塞P2bの主要評価項目であるFMMSの10ポイント以上改善の割合は、コントロール群がほぼ0%、SB623投与群が数十%(50%以上はあると思っています)となり、圧倒的な有意差が出て治験は成功に終わる、そんな未来が見えているのです。

お花畑と言われるかもしれませんが、慢性期脳梗塞のP2bは99.9%成功すると思っています。
成功すれば、大幅に株価が上がることが目に見えているのに、こんなところで売るなんて考えられません。
今後も株価が大きく下がるタイミングがあると予想し、上手く回転させようとしている人も多いかもしれませんが、脳損傷の治験成功後の上昇率を踏まえると結局はただ、持っていただけの方が良かったとなる確率は高いです。

株式投資において、「稲妻が輝く瞬間に居合わせる」という話は有名ですね。
これは、インデックス投資の話ですが、過去72年間だかの間に劇的に株価が上昇する数日間にポジションを持っていなければ大幅に利益が減ってしまうというものです。
外傷性脳損傷の結果発表前に一生懸命回転させてたら、あっという間に置いていかれたという人は、まあまあいるんじゃないかなと思ってます。
来期の慢性期脳梗塞の結果発表は、この「稲妻が輝く瞬間」がいつなのか、ほぼわかっているという非常に稀有な現象が発生しているのです。

「そんなうまい話があるわけない」と思われる人も多いと思いますし、人に話せば笑われるようなことかもしれません。
ですが、来年の春には、現在、ツイッターで「前にサンバイオ持ってたのに…」みたいにグチグチ言ってる人と同様、
「なんで、脳損傷の結果が出てからでも買えなかったんだろう」って後悔する人が急増しそうです。

※売買は自己責任で行ってください。

本日、6,090円でサンバイオを買い増ししました。
この株価で買い増しするなんて異常かと思われる方もいると思います。
が、時間軸の差と言いますか、まだまだサンバイオを持ち続けるつもりですので、TBIの成功が確認できて6,090円で買えるなら安いものだと思っています。


森社長は治験結果について、自信があるという発言を何度もされていました。
そして、外傷性脳損傷のP2は文句のつけようのない、素晴らしい結果が出ました。
私は、今回の治験結果から、森社長の言の確度が高いということがわかり、本当に喜ばしかったです。
(森社長を信じていなかったわけではありませんよ)

来期前半には、慢性期脳梗塞のP2bの結果が出てきます。
今回の外傷性脳損傷のP2の成功により、脳梗塞P2bの成功は約束されたようなものと見ています。

慢性期脳梗塞のP2bは、主要評価項目がFMMS 10ポイント以上改善の割合となっています。
既に脳梗塞ではP1/2aにて、18名中13名(72%)でFMMSの10ポイント以上改善が確認されています。

このP1/2aでは、コントロール群を設けていないため、
「プラセボ効果による回復ではないか」
という疑念を抱かれていましたが、今回発表された外傷性脳損傷のP2により、プラセボでFMMS 10ポイント以上の改善は絶望的であることが判明したのです。(コントロール群は2.4ポイントの改善)
つまり、脳梗塞P1/2aで7割以上の患者さんに、FMMSや他の評価項目で大きな改善があったのはプラセボ効果ではなく、SB623の効果であることが、外傷性脳損傷のP2の結果から判明したということになります。
外傷性脳損傷の治験に関与していない大日本住友製薬の株価があそこまで上がったのもSB623の成功を見込んでいると言えます。

繰り返しになりますが、慢性期脳梗塞のP2bは昨年12月22日に組み入れ完了しており、経過観察期間は12か月なので、今年中にキーオープンとなります。
そして、外傷性脳損傷のときと同様、解析に1か月とすると、年末年始を考慮しても2月中に結果が出る可能性は高いと考えています。

慢性期脳梗塞P2bの結果が出たら、日本では脳梗塞の治験をやらずに、外傷性脳損傷と脳梗塞のデータを使用して、承認申請を行うという話が株主総会で出ていました。

正直、最初に聞いたときは「そんなこと出来んのかよ…」と半信半疑ではありましたが、株主総会の記事を見返してみると、かなりの自信があるようです。
冒頭、森社長の言の確度が高いという話をしましたが、その森社長が常々言っていた、
「慢性期脳梗塞でも世界で一番早く、日本で上市させる」
という話がかなり現実味を帯びてきたことになります。

前述したように、脳梗塞P2bは成功率が非常に高いため、結果については全く心配していません。
さらに、来期には外傷性脳損傷と慢性期脳梗塞の両方で承認申請があるかもしれません。(既にPMDAとの折衝も行っているようです)
これも、早期承認制度を利用できるからであり、このスピード感は従来のバイオベンチャーでは考えられないことです。

また、米国においても、P2bの結果により迅速承認の可能性がありますが、日本の早期承認制度と比較するとかなり難易度が高いようなので、可能ならラッキーくらいに思っています。
ただ、患者さんのニーズが非常に高いため、P2bの結果を見て、「早く使わせてくれ!」という声が上がるかもしれませんね。
P2bでは163名で治験を行っていますし、安全性に問題がなく、効果も十分ならRMAT指定からブレイクスルーセラピーの適用を受けて米国でP3スキップの可能性もあります。

SB623の導出期待もあります。
これもまた森社長の話ですが、「引き合いが多数来ている」ということから、比較的早く導出が決まる可能性もあります。
バイオベンチャーの「引き合いが多数」っていう話は、まともに受けると悲しい結果が待っていることが多いので、話半分で聞いておくのが良いのですが、サンバイオの場合は違うと思っています。
何故ならSB623は競合がない、唯一無二の薬となるからです。
細胞薬で脳梗塞の治験を行っているところはいくつかありますが、慢性期で行っているのはリニューロンくらいです。
私見ですが、リニューロンとサンバイオの治験結果から、サンバイオに分があるのは明らかだと思います。

大日本住友製薬へ導出した条件はロイヤリティ17%と製品供給収入合わせて末端売上高の30%程度と言われています。
これは数あるバイオベンチャーの中でも破格の条件です。
P2成功後の導出となるので、これよりも更に良い条件が見込まれるでしょう。

導出がない場合は自社開発となりますが、その場合の利益は更に上がるため長い目で見れば、サンバイオとしては自社開発したいのではないでしょうか。

導出か自社開発かはわかりませんが、近いうちに欧州など日米以外へのアクションは間違いなく来ると思っています。
最近導入したMSC1、MSC2の進展があるかもしれませんし、他のパイプラインの開発が進むかもしれません。

11月1日の外傷性脳損傷の治験結果発表から興奮さめやらぬ日が続いていますが、サンバイオの飛躍はまだまだ始まったばかりと言えそうです。


↑このページのトップヘ