Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ:個別銘柄 > サンバイオ

ストック・オプション(新株予約権)の付与に関するお知らせ

本日、サンバイオより従業員向けストックオプションの付与に関するお知らせが出ました。
この時期にストックオプションの発行とは…
順当に考えて、治験成功が見えてきている証左ではないかと思います。(いつもの妄想なのでシカトしてください)

今回のストックオプションの内容は
  • 従業員2名に対し27,000個(株)
  • 金銭の払い込みはなし
  • 割当日は2018年10月30日
  • 行使価額は、2018年9月の各日の終値の平均か、割当日の終値のいずれか高い方
  • 権利行使期間は2018年10月30日から2028年10月14日まで
となっております。

今さらですが、ストックオプションとは、経営者や従業員が自社株をある価格(行使価額)で購入できる権利のことです。
新株予約権とは株式会社に対して行使することにより、同社の株の交付を受けることのできる権利です。
今回の場合では、権利行使期間中に新株予約権を行使すると上記の行使価額で株を手に入れることができるということです。

ざっくりした説明ですが、仮に行使価額が4,000円に決まったとします。
来年、株価が1万円になっていたとしても、この新株予約権を行使することにより、4,000円払えば会社から株券を取得することができるのです。
もちろん、来年ではなく権利行使期間である2028年10月14日までであれば新株予約権の行使は可能です。

サンバイオのようなベンチャーは従業員に対するインセンティブとして、ストックオプションを発行することが多いです。
会社側としては優秀な従業員を引き留めるためにたくさん給料を出したいところですが、まだ安定した収益がありません。
そこで、将来、事業が成功して株価が上がったときに今の安い株価で株を買える権利を与えて、人材を繋ぎ止めます。
従業員側は言わずもがなですね。
事業が成功し、株価が爆発的に上がれば美味しいです。
事業が失敗し行使価額よりも株価が下がれば、わざわざ高く株を買うメリットなんて無いので、ストックオプションによる利益を見込んでいた人ならモチベーションはだだ下がりになります。

サンバイオは昨年11月にも同じような内容のストックオプションを子会社従業員向けに発行しています。


この時は行使価額が3,030円になりました。

繰り返しになりますが、従業員としては、株価が上がる要素がなければストックオプションなんか付与されても意味がないわけです。
サンバイオのパイプラインから考えても、もしSB623が転けたら今の株価を維持することは不可能なんですよね。
自身の報酬を自社の株価に委ねることのできる人ってどれだけいるんでしょう。

以上のことを考えた上で、この時期でのストックオプションの付与はかなり良い傾向なんじゃないかなと思います。

ただ、9月の終値の平均か割当日の終値の高い方が行使価額となるので、10月中にTBIの結果が出て、良い結果なら、行使価額がかなり高くなるかもしれません。
9月の終値の平均は計算していませんが3,800円くらいでしょうか。
10月30日がいくらであろうが、最低でもこの額になるということです。
となると、TBIのトップラインデータは11月の可能性もありますね。

外傷性脳損傷の治験結果がもう間もなく出るであろうこの時期に治験の成功を示唆する様々な材料が出てきています。

・来年1月の再生医療産業化フォーラムにて森社長がパネラーとして登壇
・日本脳神経外科学会で「周術期から現在まで重篤な有害事象は認められていない」との報告
・治験に参加されたと思われる方のブログの更新
・ホームページの画像変更(イタリア asiago)
textreamでkokekoketaさんがasiago→asia go?と考察されていましたが正にその通りな気がします。
さらに「不可能を可能にする」から「再生細胞薬で未来を創造する」への変更
等々

トップラインデータがいつ出るかはわかりませんが、ここで色々動かすよりも結果が出るまでホールドした方が良いと思うので特に動かずにいこうと思います。

SB623の外傷性脳損傷P2のキーオープンが間近に迫るなかで俄然、サンバイオの注目度が上がっています。

掲示板では
「効果が微妙なら暴落」
なんてことを訳知り顔で書いている人もいますけどアキュセラと違うのは早期承認制度により例え有意差が出なくとも上市まではもっていけるということです。
つまり"普通にいけば"上市はされるわけですね。
そこから先、治療を受けるかどうかは患者さん次第なわけです。
一般に治療を受ける方は有意差がどうとか気にしませんし川上さんの例もあるので可能性があるのなら治療を受けたいという方はたくさんいると思います。
(現時点で川上さんがSB623の投与を受けたかはわかりませんが…)

外傷性脳損傷のP2では61人の患者さんを250万個、500万個、1,000万個のSB623投与群またはプラセボ群に1:1:1:1で分けています。
1群は15名か16名です。

組み入れが61名でも1群15名程なら実質15名と15名の比較になるので仮にプラセボ群と有意差が出なくても不思議じゃないのかなと思います。

それでもこの人数でやるというのはサンバイオの自信の表れかもしくはサンバイオの戦略として早期承認制度の基準である有効性が推定され安全性が確認できる最小のサイズにしたのかもしれません。(時間もお金もかかりますからね)

つまり端から有意差を出そうとしていないのかもなんて。
森社長は自信があるとおっしゃられていたので全く狙っていないとも思えませんがそこに関してはそれほど重要視していないのかもしれないです。
仮にP2で有意差が出なくともSB623に全く効果がない可能性は限りなく低い(と思っている)ので脳梗塞くらいまで組み入れ数を増やせば有意差は出ると思います。

「え?お前、不安だなんだ言ってたじゃねーかよ」
って思われるかもしれませんけど私が不安視してるのはそういう部分じゃないところが大きいんですよね。
予期せぬ何かが出てくる可能性は絶対に残されているわけです。

順当にいけば例え結果が微妙、つまり有意差が出なくとも上市まではいく予定なのでアキュセラの二の舞になるわけではないんです。

株価の方はどうなるんでしょう。
現状では圧倒的な有意差を期待している人が多そうなので(もちろん私も)IRの出し方にもよりますが有意差無しって言われたら微妙な反応になるかもしれません。
なるかもしれませんが、全く予期せぬ副作用や別の要因でアウトにならず、効果が確認できたので承認申請を行うとなればとりあえず勝ちだと思うので有意差無しでも大きく下がることはないと思われます。
慢性期脳梗塞では人数も多くなりますし既に人で治験が行われているのでそこでの結果が天王山となりそうです。

9月は本当に長く感じましたが10月はそれ以上に長い月になりそうです。

IMG_20180926_145716

サンバイオホルダー待望の外傷性脳損傷のキーオープン、そしてトップラインデータの発表が迫ってまいりました。

ぶっちゃけ、もう私がいちいちブログに書くような内容もないので雑談程度なんですけどベイリーギフォードという英独立系の投資運用会社がサンバイオをずっとフォローしていて最近になっても買い増しを続けています。
ベイリーギフォードについては以下のサイトが参考になります。

創業109年、スコットランドの「ユニコーンハンター」に迫る(前編)

創業109年、スコットランドの「ユニコーンハンター」に迫る(後編)

文中にも出てくる"既存の価値基準を破壊する企業を探す”って心に響きますね。
Baillie Gifford - Japan - Land of the Rising Sonを見ると2016年からサンバイオやヘリオスに注目していたようです。

現在、ベイリーギフォードは
・Baillie Gifford Japan Small Co C Acc
・Baillie Gifford Shin Nippon Ord
Baillie Gifford Japan Ord
の3つのファンドでサンバイオ株を1,348,900株保有しています。(2016年頃は20万株位だったと思います)
3つのファンドとも過去一貫して買い増しを続け売却はしていません。
直近のわかる範囲ではBaillie Gifford Japan Ordが今年6月末に106,400株を追加で購入しています。
ずっとモーニングスター社のサイトを見ているとわかるのですが6月に10万株追加したと更新されたのってここ数日のことなんですよね。
ってことでもしかしたら今はちょっと減らしたりしてるかもしれませんし増量してるかもしれませんけどバイオベンチャーにこれだけ投資する会社も珍しいなと思います。
(ベイリーギフォードは巨額の資金を運用しているのでほんの極一部だとは思いますが)

森社長は株主総会で
「影響力のある皆さまに喜んでもらえるような機関投資家を増やしたい」
とおっしゃられていましたが多くの機関がサンバイオ株を欲しがる日も近いと思いますね。


IMG_20180910_231619

サンバイオから重要なIRが発表されました。

再生細胞薬SB623の適正使用・普及、安定流通の在り方を5社で共同研究するための資本業務提携の合意に関するお知らせ


8月の頭にサンバイオの雑感で中間決算で流通に関する進捗が来るのではと書いていたのですが本当に来たのでびっくりしています!(素晴らしいIRなので自画自賛させてもらいます)

製造の次は流通です。
ここまで戦略的なバイオベンチャーが日本にあったのかと驚愕しております。
何となく日本のバイオベンチャーは経営陣も研究者然として「俺のところはスゲー技術持ってんだぜ」で完結していてライセンスアウトや臨床試験の成功で株価が大きく上がってもその後が続かない、そんなイメージを抱いていました。
しかし、サンバイオは違いますね。しっかり経営陣が経営をしていると言いますか。(経営のことは全く知りませんけど)
もちろんモノ(SB623)が良い(社長談)というのもありますが日立化成をはじめとして上市前からこれだけ多くの企業を巻き込んでいくには水面下での並々ならぬ努力(陳腐な言葉ですが)があったことと思います。
今回のIRでいち早く患者さんに薬を届けたい、ステークホルダーに報いたいという思いを見せてもらった気がしました。

ケアネットのウェブサイトでサンバイオ株式会社との資本業務提携に関する説明動画が紹介されていますが動画内で「脳損傷だけでなく脳梗塞の追加承認を視野に入れて~」とケアネットの藤井社長が言ったのには驚きました。
「2020年東京オリンピックの前後には承認販売されるのではと期待している」という話もあってサンバホルダーとしてほ嬉しい限りです。

今回の資本提携の概要は
・サンバイオがケアネット株を1,076,400株(発行済み株式総数の9.74%)を取得
・ケアネット、メディカルインキュベータ、バイタルケーエスケー・ホールディングス、アステムがサンバイオ株を発行済み株式数の1.59%を取得(発行済み株式総数が49,713,533株のため4社で約79万株取得)
となっています。

これは日経新聞の記事ですがもう少し詳しく内容が出ています。
ケアネット株の発行済み株式総数の9.74%について、筆頭株主を通じて約10億円でサンバイオに売り出す。ケアネットが強みを持つ医師や薬剤師向けの情報提供のノウハウを生かし、サンバイオの再生細胞薬の普及につなげる。
~中略~
ケアネットなど4社がサンバイオ株の発行済み株式総数の1.59%を取得する。このうちケアネットはサンバイオ株の発行済み株式総数の0.12%を約1億9000万円で取得する。
ケアネットがサンバイオの発行済み株式総数の0.12%を約1億9000万円で取得するということは3,200円くらいで取得するということになります。(単純に発行済み株式総数から割っただけなので実際は違うかも)
残り3社がどのような割合でサンバイオ株を取得するのかは不明ですが仮に同様の3,200円ならケアネットの1億9000万円を除いても23億円ほどになるのでかなりの額ですね。
もしSB623が転けたらサンバイオ株はとても3,000円の値が付くとは思えませんし逆に上市までいけば3,000円台でウロウロしているとも考えにくいので結構ギャンブルしたのかなと思います。(勝算の方がかなり高いですが)

恥ずかしながらメディカルインキュベータ、バイタルケーエスケー・ホールディングス、アステムはこのIRで存在を知ったくらいの知識しかないのですがググってみると、

3151 バイタルケーエスケー・ホールディングス
時価総額 770億円
売上高 5,650億円(2018年3月期)
医療用医薬品卸5位
東北、関東、北信越、関西地方を中心に展開

アステム(非上場)
※売上はフォレストホールディングス
売上高 4,568億円(2018年3月期)
Wikipediaによると
医薬品関連卸業での九州地区での売上高2位(中国地区を含めると総売り上げでは九州地区では1位)
と言うことで東から西まで幅広くカバーしていることになります。
実際に医薬品卸を行っている大手企業が2社もサンバイオの株を保有するということで上市の実現性が更に高まったと言えるでしょう。

サンバイオの株主総会に行ってきました 6でSB623の流通について質問された方がいたので紹介させてもらいましたが各社から話が来ているというのは本当だったんですね。(失礼)
Q. 自社販売を目指すと聞いてMRやSB623は冷凍保存での移送など大変ではないか。JCRファーマはテムセルでメディパルと提携しているがそういう話があれば聞かせてほしい。 
A. (森社長)各社、興味があってお話が来ている。メディパルが先行しているが液体窒素での輸送、保管は各社で対応できるものなので色んな条件を含めてどこが良いのかということになってくると思う。
自社販売は目指していて取り組みもやっているが今の段階では自社販売か提携か両睨みで進めている。
ということは
サンバイオの株主総会に行ってきました 5でも紹介させてもらった
Q. 海外での販売を模索しているということだが海外企業からはオファーが来ているのか。
A. (森社長)多数の引き合いが来ている。今後、フェーズ2、フェーズ2bのデータが出てくることでプログラムの価値が上がるのでそこは一つのポイントになる。
資金的なところもあるが自社で進めれば進めるほどより価値が高まるので企業価値の向上、欲を出すとヨーロッパも自分たちで進めていくことも頭の片隅に置いている。
これもかなり期待できると思います。(ちょっと飛躍し過ぎ)
森社長の言が嘘とは思っていませんが導出するする詐欺の多いバイオ業界のなかで多少のリップサービスは含まれているのかなくらいに考えていました。
仮に欧州やアジア地域でメガファーマに導出となれば恐ろしいことになります。
事実、2018年1月期決算説明会資料では今後の取り組みとしてエリア拡大にも言及されていることから(今のところエリア拡大以外は達成)TBIのトップラインデータ発表後に何らかの動きが期待できそうです。
IMG_20180911_132445

キーオープン前のこの時期にここまで色々とぶっ込んで来るなんて誰が予想できたでしょうか。
TBIのトップラインデータ発表までまだ時間はあるので先日のような急落局面も十分考えられますが「悪いようにはしないからガチホしとけよ!」というサンバイオからのメッセージなのかもしれませんね。

↑このページのトップヘ