Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ: 投資雑感

バフェット太郎氏著作の「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」を読みました。

友人が株の勉強のためと言って何冊か本を買ったのですがその内の1冊で内容に感銘を受けていたようだったので借りて読んでみました。

私は以前からバフェット太郎氏のことは存じていました。
バフェット太郎氏のブログはlivedoor Blogの金融カテゴリで常に上位に表示されているので暇なときなどちょこちょこと読ませてもらっています。
昨今、まさに雨後の筍のように米国株ブログが増殖していますがその内容はほぼバフェット太郎氏の記事にインスパイアされているというかパロディというかよく言えばオマージュみたいな…まあ詰まるところパクryな感じなので氏の影響力はかなりのものだと思います。
他の米国株ブログを読んでいてもポートフォリオも氏と似たような感じ人が多いですよね。
(それが良いとか悪いとかじゃないんですけどせっかく株やってるならもっと尖った銘柄買ってる人がいても面白いと思うんです)

ネットでサーフィン中に米国株ブログにたどり着いて少し期待して覗いてみると「JNJの企業分析をしてみた」「なぜ米国株が良いのかその理由を教える」みたいな記事ばかりでウンザリみたいなことが何度もあります。

バフェット太郎氏は私と真逆に近い投資スタイルですけど1日2回?ブログを更新しているところとか投資スタイルが一貫しているところとかは結構好きですしリスペクトしている部分もあります。
氏の著作である「バカでも稼げる……」はブログの内容をまとめてある感じで氏のファンである私は楽しく読むことができました。
特に感銘を受けたのが「米国株を買うときは1,120ドル以上で買う」という部分です。(え)
SBI、マネックス、楽天とも購入時の手数料はほぼ同じらしくて例えばSBI証券だと約定代金の0.45%(最低5ドル、上限20ドル)の手数料がかかります。
20ドルの株を1株だけ買っても手数料が5ドルかかってしまうんですけどこの1,120ドル以上であれば4,445ドルまでは下限の5ドル以上の手数料がかかるので手数料の影響を0.45%まで小さくできるんですよね。
逆に上限は20ドルなので4,445ドル以上になればなるほど購入金額に対して手数料の割合は小さくなります。
で、この1,120ドル以上で買うってのに何でそんなに感銘を受けたのかというと今まで米国株の手数料について全く調べてこなかったので単純に「分かりやすい!」と思ったからなんですね。
手数料くらいすぐに調べれば良いんですけどなかなか気持ちが向かなくて…。(そういうことありませんか?)
複雑で調べるのに時間がかかるかもみたいに考えていた部分もありました。
それでずっと後回しにしてたんですけど氏の本を読んで「ちゃんと調べてみるか」って気持ちになったんですよね。そしたら全然難しくなかったという。

っていうことで「バカでも稼げる「米国株」高配当投資」の評価は星5です!笑
バフェット太郎氏のおすすめ銘柄は購入しませんが前々から気になっていた銘柄を購入するきっかけとなったので読んで良かったなと思います。
この本を読めば米国株ブログ界隈の話題にはほぼついていけると思うので米国株に興味のある方は読んでみても良いんじゃないでしょうか。

グッドラック。



以前に売買していた銘柄も含めて気になる銘柄が増えてきました。
2019年以降に色々と面白くなりそうな銘柄がたくさんあります。

9517 イーレックス
定期修繕の影響により1Qは微妙でしたがさすがに下がり過ぎかと思って今朝1,000株だけ購入しました。
下がればナンピンする予定です。
イーレックスは一時期主力にしていて上がったり下がったりしながらも結構利益が出た銘柄なので愛着がありますね。
将来的に6発電所350MWを目指していて来期には大船渡、豊前の発電所が稼働予定です。
低圧の契約も増えてますしこの辺の水準で買うなら悪くないと思います。

6092 エンバイオHD
中国事業は来期から、大規模ブラウンフィールド事業は再来期から利益に貢献、新中計では2022年3月期に売上高143億円、営業利益17.9億円、経常利益14億円を掲げています。
再エネ事業は今期中に石川の太陽光発電所(13MW)が稼働予定で既存のものと合わせると自前の太陽光発電所が約31MW規模に。
これは小規模なインフラファンドくらいの規模になります。
みずほからコミットメントラインを受けた大規模ブラウンフィールド事業や中国での土壌汚染対策事業によっては大化けの可能性ありと思っています。

4565 そーせいグループ
少し前に購入済みですが株価は私の取得単価付近をいったり来たりしているので数百株くらいで買ったり売ったりを繰り返してます。笑
私が買った理由はエーザイがBAN2401のP2の結果について長い作文を作ったところ大きく株価が上がったからです。
そーせいはパイプラインがたくさんあって全然内容を理解していませんがエーザイを見ているとムスカリン受容体M1作動薬の成功だけでそーせいはここから数倍になってもおかしくないんじゃないかなと思います。
そしてこのM1は成功しそうな感じがしますしアラガンに導出しただけでなく自社でDLB治療薬としても開発していると言うのが大きいです。
成功しそうな感じというのはそーせいの個人投資家説明会での資料やネットの情報から感じただけですが。(え)
Xanomelineの臨床試験によりM1受容体の活性は認知機能の改善に繋がることが判明しているもののXanomelineではM1以外にもM2、M3も活性化してしまい心血管、消化器系の副作用が出たため開発を断念。
そーせいが開発中のM1作動薬はM1のみに効かせることができるということで理屈的には成功するでしょうという話なわけです。
これが2020年7月くらいに終わるので今から買ってそこまで待てれば結構利益が出るんじゃないかななんて皮算用をしてみました。
欧州でのアルツハイマーのP1も最近終わって結果発表待ちですがここで良い結果が出ればDLBもさらに期待できますし株価にも多少インパクトはあるのではないでしょうか。
しかしまあ、そーせいもここまで下がると大部分のホルダーが含み損を抱えていそうで恐ろしい限りです。
もしかしたら分割前の2万円台で買ってる人もいるのでは。
そうしたらここから株価が4倍になってようやくトントンですよ。
上がったところでの突っ込み買いは本当に危険ですね。(私もサンバイオを4,000円台で買い増ししたので人のことを言えませんが)

ATHX Athersys
NASDAQ銘柄。自身初購入の外国株となるのでしょうか。
急性期脳梗塞の治療薬として細胞薬であるMulti Stemを開発中です。
急性期脳梗塞用途では米国でP3に突入、日本のヘリオスにも導出していて国内では昨年11からP2/3の組み入れが開始されています。
ATHXのMulti Stemはサンバイオのことを調べているときに出てくることが多くて名前だけは知っていました。
最近少し調べたところまだまだ時価総額が低く(約270Mドル)、もしMulti Stemが上市されたら大化け間違いなしと思って購入予定リスト入りしています。
ツイッターでWSCさんに色々教えてもらいP2の結果からかなり期待できると思っていますが米国株では信用の担保にならないので躊躇してしまっています。
大化け狙いで2万株くらい買うのがちょうど良いのかもしれません。
ATHXについては自分用のまとめのため別個で記事を書いてみたいと思います。






前々から個人年金を解約したい解約したいと思っていたのですがなかなか踏ん切りがつかず……ようやく思い腰を上げて先日、解約してきました。

・10年近く続けて6%の損失
入社して2年目くらいから積立てを始めてなんだかんだで10年くらいやってましたが返戻率は94%ほど。
10年も続けて6%損するという笑えない結果となりました。
加入当初から最低15年は続けないと元本割れすることは理解していたのですがもうこんなクソ保険に金を払うのが嫌になってしまったのです。
毎年、年末調整の保険料控除で幾らかは戻ってきていたので丸々6%損したわけではありませんがこんなことならインデックスファンドなりでも買っておいた方が遥かにマシでした。(タラレバですけど)

戻ってきたのはサンバイオ換算で1,000株ほど買える額になるんですけど買うかどうか悩み中です。
いや、正確にはどのタイミングで買うかどうかというべきでしょうか。
ワラントの行使が終わってから買いたいという気持ちもありますけどまごまごしている間にシティがサンバイオのレーティング上げちゃいましたし…
将来性で考えるなら特にタイミングを見計らってもしょうがないとも思うので気が向いたら買っていけば良いのかなー。

以前から趣味仲間のBさんから投資を始めたいという相談?を受けていて今日、少し話をしたのですがBさんの話に付いていくことができず
「これ、どうすれば良いの?」
っていう感じになってしまいました。

Bさんは最近FP2級を取得したらしく金融の知識は多少あると言っていたのでてっきり銘柄の相談とかそういう話になるのかと思ったのです。(サンバイオ全力の私に銘柄のことを聞かれても困りますが)
ところがBさんが求めていたのはそんなちゃちいレベルのものじゃなかったのです。

Bさん(以下敬称略)「俺もそろそろ本格的に投資を始めようかと思ってるんだよね」

私「良いですね。やりましょうやりましょう」

B「とりあえず投資初心者だから色々勉強してみようと思ってるんだ。何からやれば良いと思う?」

私「(知らんけど)初心者向けの用語とか解説している本でも何冊か読むのが良いんじゃないですかね」

B「投資全般の?俺は株、投資信託、FX、不動産と一通り勉強してから全部試してみたいんだよね。そういう本ある?」

私「…(え?この人何言ってんの?)、それ全部載ってるような本はないんじゃないですかね。個別で買うしかないと思いますよ」

B「そっかー。じゃあこの中からだと何をやれば良いと思う?」

私「僕は株メインなんで…FXも少しやったことがありますけど基本株だけなので他のはわからないです」

B「そうなんだ。俺は一通り勉強してから何が自分にあってるか選びたいんだよね。全部勉強して理解した上でやりたいんだ」

私「全部勉強って相当大変ですし効率悪いと思いますよ。それに、1度勉強したら終わりじゃなくて日々の積み重ねが大事になってきますから(そういう自分はやってない)」

B「でも株だけだとFXとか投資信託のことわからないでしょ?そういう状態でやるのって何か不安なんだよね」

私「……、いや、何となく言いたいことはわかりますけど株の勉強だけでも膨大な量になりますしソレを全部勉強なんてしてたらいつまで経っても始まらないと思いますよ」

B「いや、でも俺は初心者だからさ。とりあえず一通りの知識は必要だと思うし何もわからない状態でやりたくないんだよ」

私「確かに知識は必要ですけど株もFXも不動産もって色々手を出すよりまずは株の勉強をして実際に運用してみることが大事じゃないですかね」

B「私君は株ばっかりみたいだけどだけど他のもやってみた上で初めて「株が良い」って言えるんじゃない?俺は色々やって自分に合うやつをやりたいし、理解できてないものに手を出したくないからとりあえず一通り勉強したいの」

私「………(もう勝手にしてくれや)。そうですね。全部勉強して色々始めるのも手だと思います。頑張ってください!」


Bさんは現実が見えてないところがありますが人間的には良い人なので全然嫌いではないんです。
でもこの調子だと一生投資は始められないかもしれませんね。

その後、話の流れで今度、本屋に行って投資本を探すことになりました。
こんな、Bさんがどんな本を選ぶのか少しわくわくしています笑

私のメイン口座はSBI証券なのですがIPOチャレンジポイント目当てで昨年くらいからちょこちょこと気付いたときにIPOに応募しまくっております。(遅)

もし私が投資を始めた頃からなにも考えずにIPOに応募しまくれば今ごろIPOチャレンジポイントが数百Pは貯まっていたでしょう。(ちなみに現時点で30P…)

30Pですが一度も当選したことがないので30連敗ということでもあります…
ま、まあ、IPOチャレンジポイント狙いですからね。当たれば儲けもんくらいにしか思ってないですから!

このIPOチャレンジポイントは廃止にならない限り、時間をかけることで"誰でも"S級IPOを手に入れることができるという非常に優れたサービスです。
IPOに申し込んで落選したら1Pもらえます。
ポイントを使用してIPOを申し込んだ場合、使用ポイントの多い人から順に当選し落選した場合はポイントが消費されません。
現在は200~300Pが当選ラインのようです。
初値の利益を消費ポイント数で割ると平均して1P1,000円くらいの利益になります。
IPOの申し込みなんてスマホからものの1分もかからずに行えるので効率で言えば最強の部類に入ると思います。
(私はしょっちゅう申し込みを忘れていましたが最近では3日に1度程度確認する癖がつきました。)

まだ私は当選していませんが(補欠当選は一度だけ)チャレンジポイント狙いで申し込んで偶然当選するというラッキーが起こるかもしれません。
その場合は値上がりするかを調べて購入を決めないとなりませんが辞退しても落選でもらえるはずだった1Pがもらえなくなるだけでペナルティ等はありません。

これはやらないと損ってレベルかもしれませんね。
頑張って落選してポイント稼ぐぞー()

↑このページのトップヘ