Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ:個別銘柄 > エンバイオ

エンバイオHD、CREのIRセミナーに参加してきました。
時間の都合でパネルディスカッションまで聞いて退室いたしました。
セミナーの内容を簡単にまとめてみたいと思います。


エンバイオHDは土壌汚染対策事業をメインに、汚染リスク込みで土地を購入し自社で浄化し販売するブラウンフィールド事業、太陽光やバイオマスを用いた自然エネルギー事業を行っております。

土壌汚染対策事業では土壌汚染調査、浄化を行います。
土壌汚染対策法が施行され汚染リスクのある土地は調査し汚染があれば浄化しなくてはなりません。
汚染リスクのある土地は日本で約43万件あると言われそのうち今まで調査された土地は累計で2.2万件ほどだそうです。
まだまだ日本の土壌汚染対策は未開であると言えます。
調査の結果およそ半数の土地に汚染が確認されます。
国内の土壌汚染対策費用は16.9兆円と試算されており莫大な費用がかかります。

従来は汚染地の土壌を掘削し汚染された土を別の場所に持っていき、掘った箇所に綺麗な土で埋め立てることで浄化を行っておりました。(掘削除去)
エンバイオは土壌内の汚染物質を微生物や薬剤で分解したり直接吸い上げたり熱を加えて気化させそれを回収するなどして汚染土を掘削したり移動させたりせずに浄化を行う原位置浄化という技術を持っており掘削除去の半分ほどの費用で浄化できることもあるようです。
原位置浄化は汚染土をダンプで運び出したり綺麗な土を持ってくる必要もないので環境負荷も低くアメリカではこの手法がかなりメジャーで行われています。
原位置熱脱着法は関東で国内1例目を施工中です。
産廃中間処理場の話もありましたが既に処理場は建設済みで現在は設備の認可を取得し事業(営業?)の認可を申請中のようです。
今期中には稼働するようですが今期は売上等はなんとも言えないという話でした。
しかし引き合いは多数あるとの話です。

原位置浄化の技術を活用して汚染リスク込みで土地を購入し自社で浄化して販売するというブラウンフィールド事業が今後の柱として位置付けられています。
ブラウンフィールドとは汚染リスクがあるため売ったり使用するのが難しく、浮いてしまっている土地を言います。
日本におけるブラウンフィールドは約10兆円あると言われています。
エンバイオは今までクリーニング店やガソリンスタンドなど小規模のブラウンフィールドを手掛けてきましたがCREとの共同出資により土地再生不動産投資(LRI)という会社を設立し大型の案件も手掛けます。
これは大企業が対象のようです。
保有している土地をコンプライアンスを遵守した上で計画的に売却したいニーズがあります。
大規模な汚染地の浄化はリスクもあるため責任施工保証保険で浄化費用の上振れをヘッジするなどしてリスクを削減できるようです。

自然エネ事業の太陽光発電は今年夏から秋稼働の石川県案件を含めると約30MWになります。
30MWというのはインフラファンドに匹敵する規模で例えばいちごグリーンインフラ投資法人29.43MW、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人は21.76MWです。
バイオマス発電はノウハウ蓄積段階で三重のバイオマス発電所に10%だけ出資しています。
バイオマスは今後も拡大させていきそうな印象でした。

2019年3月をゴールとした中計を出しています。
1.国内の土壌汚染関連事業のリーディングカンパニー
(1)原位置浄化を中核とした土壌汚染の技術力でNo.1
(2)土壌汚染地(ブラウンフィールド)の活用サービスでNo.1
2.次の飛躍に向けた成長基盤の構築
(3)海外での収益モデルの確立
(4)自然エネルギー事業による収益の安定化

2019年3月期計画(億円)
売上高 85.0
営業利益 7.0
経常利益 8.0

例年は3Q、4Qに売上が集中するが今期はバランスよく売上が立っているとのことなので上振れを期待したいですが・・・

質疑応答

Q 土壌汚染というと豊洲が思い浮かぶがあそこは今から汚染をクリーンにすることは出来ないか。
A 専門的な見地から建物があそこまで建っている状態で汚染を0にすることは難しい。汚染を管理することになると思う。
(これ、エンバイオと全く無関係の質問立ったと思います)

Q 海外展開について詳しく聞きたい。
A 一番力を入れているのは中国、タイや韓国、台湾でもニーズがあるが韓国や台湾は日本を拠点としてスポットで技術を提供する。
中国での事業は元々中国での土壌汚染関連法案が2015年頃に制定されるという想定で早めに進出したが法案の制定が予想外に遅れたのでまずは中国での基盤を安定させる。

Q 中間処理場は今期中に売上が入ってくるのか。
A 明言は出来ないが申請はしているので今期中に稼働できるスケジュール。
マーケットの手応え、引き合いは相当あるので徐々に引き受けを増やしていく予定。

Q スペースワールド跡地の土壌汚染に参加するというニュースが出ていたが本当か。
A 取材も受けていないし今朝初めて知った。本当かどうかという質問だが個別の案件についてはお答えできない。

Q 第2四半期で予算が達成されているが上方修正しない理由はなにか。
A LRIや資金調達の経費がかかるため今の段階では上方修正を出す出さないは言えない。決算のときを待っていただきたい。


印象的だったのがエンバイオとCREの提携に至った経緯です。
CREの亀山社長が自社の倉庫を開発する際に土壌汚染に相当苦労されて新聞で見たエンバイオに浄化を依頼しました。
そして浄化後の打ち上げで意気投合して資本提携まで至ったそうです。

今回のIRセミナーに参加し今まで以上にエンバイオをホールドしようという気持ちが高まりました。
次の3Q決算を楽しみに待とうと思います。

エンバイオより新株予約権行使完了のIRが出されました。
行使完了=みずほが全部捌ききったという訳ではありませんがひとまずの安心感はあると思います。
ラクオリアを見てもわかる通り雰囲気が大事ですからね。笑
それにエンバイオとしても当初予定していたより多くの資金を得ることが出来たのではないでしょうか。

BF事業の優れているところは利益率が高いので一撃で今期の1Qのような巨大な利益が入ってくる可能性があることです。
これを今回の増資で得た資金を使って大規模に行うということですから否が応でも期待が高まります。
またBF事業で大きな利益を期待出来つつも土壌汚染対策事業と自然エネ事業で手堅く稼いでいくというスタイルも気に入っています。
土壌汚染対策事業は中国でもどんどん伸びていますし自然エネ事業は今年羽咋のメガソーラーが稼働すれば年間10億円の売上、FITの活用で安定した利益を生み出すでしょう。
出来高も今年入って一番大きくなっていますし特に不安材料はありません。(全く無い訳ではありませんが売るほどの理由は無いと思っています)

私としてはこんな100円、200円の上げで売るつもりは全くありません。
1/19のIRセミナー、2/14の3Q決算発表と面白くなりそうな流れが来ているのでとにかくガチホです。
こんなガチホガチホ言った翌日にすぐ売ってしまうくらい握力のない私ですが今回は目先の利益ではなく長期的な見通しのもと投資しているつもりなので利益を最大化出来るように最善を尽くします。

今日放送されたTBSの報道特集で中国での公害病と思われる症状に苦しむ人達が紹介されていました。
残念ながら最後まで見ることができなかったのですがエンバイオという環境汚染対策に特化した事業を行う会社の株を保有しているので興味深く見てみました。

日本でもカドミウムの河川への垂れ流しによるイタイイタイ病など深刻な被害をもたらした公害病が発生しました。
新たな被害の拡大を防ぐため汚染物質が含まれる土壌を入れ換えることになったのですが文字通り土壌を入れ換えるため、莫大な費用と年月がかかった経緯からエンバイオの持つ原位置浄化こそが今後の土壌汚染対策に求められているものであると改めて確信しました。
(原位置浄化が向いていない汚染地もあるので掘削法も必要ですが)
西村社長は度々、中国の環境汚染の深刻さを語っております。
低コストで行える原位置浄化は引き合いも多いと思われますので中国事業はかなりの確度で成長を遂げるでしょう。

twitterでは「なんでいまさら」とか「10年前から問題視されてる」なんて話も出てますが近年中国で急速に進む土壌汚染対策の法整備もあり私はタイムリーな話題だったのではと思います。
まだまだ中国での利益は少ないですが本格的に寄与し始めれば今の時価総額で収まるはずがありませんね。

こちらで聞くことが出来ます。
http://www.radionikkei.jp/podcasting/fukunokami/2017/09/player-6092.html

相場の福の神、藤本さんがホストを務める人気?のコーナーです。
上場企業の社長に色々質問してその企業の特色を分かりやすく伝えてくれます。
エンバイオは昨年9月に放送されていたのですが今さらながら聞いてみました。
色々と面白い話が聞けたのですが私が一番驚いたのはブラウンフィールド事業の今後についてです。

ざっくりとその部分を書き起こしてみます。

「今までは小振りな案件を取り扱っていてリスク管理、ノウハウの蓄積が進んだためこの事業モデルがイケることはわかっている」
「これからは投資額を増やし大きな土地まで対象を広げデベロッパーとの連携も強めてこの事業の本格的な拡大を行っていく」
「これはまだテストケースです」

テストケースでこれだけの利益を出すことが出来るのなら本格的に稼働した場合、どれほどの利益を生むのかちょっと想像できません。
テストケースですのあとに新しい仕掛けや他社も真似出来るので真似出来ないリスク管理を取り入れて大きくしていくとおっしゃってたので全く死角がないわけではないのでしょうが来期がとても楽しみです。

中国での事業も2Q時点で黒字化したため今期は通期で黒字化出来るのかもしれませんね。
この社長の発言以降、シーアールイーとの共同出資会社設立、大量の資金調達と状況が急加速しているように思えます。
今後、ブラウンフィールド事業が拡大し続けていくことは間違いないと思っているので早売りしないように握力を高めてその恩恵を享受しようと思います。

先日、開設されたエンバイオTOKYO R&Dセンターですが所沢サービスセンターよりもかなり広くなっています。

地図蔵というサイトで大まかに建物の面積を見積もったのですが
所沢サービスセンター 約143坪
TOKYO R&Dセンター    約306坪
と2倍以上の面積となっております。

所沢サービスセンターは賃貸であったのが今度は2倍以上の面積の倉庫を自社物件として取得です。
用途もランドコンシェルジュの販売用資機材の保管、保守メンテに加えて土壌汚染対策事業用設備の保管倉庫としても活用するようです。
これはシーアールイーと行う大規模ブラウンフィールドの開発に備えてのことと考えると着々と体制が整ってきている訳ですね。
賃貸でなく自社物件として取得というのも強気である証ではないでしょうか。

今日は下落したので2,050円で500株追加しました。今後に益々期待がかかります。

↑このページのトップヘ