Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ: アクアリウム

IMG_20180628_094607
(なんだか小汚ない感じですが実際はもう少しまともです…)

メダカがエサなしでも元気に泳ぎ回り、すくすくと育つベランダビオトープは本当に優れたメダカの飼育システムだと思いますがその難点の一つとしてメダカの卵を確保するのが難しいことが挙げられると思います。

ご存知の通り?メダカは繁殖力旺盛で特にいま時期なんかは毎日のように産卵している気がします。
メダカは卵を産んだら午前中にはホテイソウやマツモ等に卵を産み付けるのですがメダカの卵も稚魚も親メダカの格好のエサとなってしまうのでベランダビオトープという環境下では卵→稚魚→成魚と育成させていくことがかなり難しいです。
メダカの稚魚は累積の気温が250℃付近(25℃×10日など)で孵化すると言われているので親メダカに10日近く見つからず、さらに生まれたての2、3mmしかない状態から1cm程度になるまで約1か月、およそ40日もの間、親メダカから逃げ切らなければならないと考えるとベランダビオトープ内で成魚になる確率は相当低いと見て間違いないでしょう。

そこでメダカを増やす場合は人間の手により卵のときから親メダカから隔離することで生存率を上げようとするわけです。
が、水槽なら卵をつけている親メダカであったりホテイソウやマツモに産み付けられた卵を容易に発見できるのに対してベランダビオトープの場合は見つけるのが非常に難しいように思います。
飼育容器がただのでかいプラケースなので上からしか見ることができないからです。

私は午前中の暇なときにホテイソウやマツモを持ち上げて根に卵が付いていないか一つずつ確認していたのですが如何せん時間がかかるわけです。
現在、繁殖可能なメダカは5匹しかいないので産む卵も少なく、1個見つけては「よし!」なんて言いながら別の水槽に移してました。
この作業もなかなか楽しいので時間があるときは良いのですが頻繁に行うのは難しかったのです。
2、3日チェックできないと
「今日も親メダカに卵が食われてるんだろうな…」
なんて思いながら仕事してたわけです。

数少ない発見した卵を別の水槽に移した際にビオトープからマツモも何本か一緒に移動させました。
しばらく経ってから稚魚が孵っているか確認したところ私が移した卵よりも多い数の稚魚が泳いでいることに気がつきました。
どうやらチェックしたはずのマツモにも卵がいくつか付いていたようです。
それ以来、水草のチェックも行いつつ1週間程度のサイクルでビオトープと稚魚用水槽の水草の一部を交換するようにしています。

水草に卵がついているかいないかはわかりませんがホテイソウやマツモを定期的に入れ換えるだけでメダカを増やすことができると感じました。
"水草チェックなんかめんどくせーよ"という方はとりあえず水草を入れ換えるだけで何もしないより劇的にメダカを増やす確率が高まるはずです。

親メダカから隔離していた卵から稚魚が次々と誕生しています。
先日、見たときは1匹しかいなかったんですけど現在は10匹くらいまで増殖しています笑
こうやって繁殖してくれると嬉しいですね。
成魚サイズになるのに約3か月ほどかかるようです。
最初の1か月を乗り切れば結構生き残る確率が上がるようなのでその間くらいは注視しておこうと思います。
一応、稚魚用の餌も買ってきたんですけど外に出していたら必要ないという話もありますしあげるか悩み中です。

親メダカも稚魚も水とソイルとマツモだけしか入れてませんがピンピンしてるのでベランダビオトープというのは非常に理にかなった飼育法なのだと感心します。

そして、白メダカを5匹購入してきました。
生き残ったヒメダカが2匹ともメスっぽいので今度は違う色のメダカと思って白メダカを購入したのですがやっぱりヒメダカとは違う色合いがまた美しいです。
ソイルが黒のため上見でもゆったり泳いでいるのがよく見えます。この白メダカたちも卵を産んでくれると嬉しいんですけどね。




前回、多摩川でガサガサ 2で捕獲してきたウキゴリ(スミウキゴリ?)やヌカエビやドジョウをメダカやハヤのいる水槽に入れたのですが「なんかメダカが少ないな~」なんて思っていたら9匹から3匹にまで減ってしまってました……
元からウキゴリも1匹入っていたので大丈夫だろうと思ったのですが甘かったようです。
よくよく水槽を見るとメダカの頭だけ転がっていたりという凄惨な状況で恐らくウキゴリに食べられたのでしょう。

慌ててでかいプラケースとメダカ用というソイルを買ってきてメダカ3匹を隔離しましたが弱っていたのか更に1匹死亡してしまい残りは2匹のみとなりました。
これからはメダカはベランダビオトープで飼育していくことにします。

悪いことばかりではなく良いこともあって最近、メダカの産卵ラッシュが起きていて卵をつけているメダカを発見しては別の水槽に隔離しマツモに卵を産み付けたら元に戻すということを繰り返していました。
そして今日、遂にメダカの稚魚を発見しました。
親メダカはかなり減ってしまいましたがこの稚魚達が成長しまた繁殖してくれることを祈ります。

また、ホームセンターのペットコーナーでウィローモスを購入しました。
60cm水槽に入れていたホテイソウを全てベランダに移動させ、エビたちの隠れ家が少なくなってしまったためウィローモスで代用しようという作戦です。
(マツモがめちゃくちゃ増えてるのでいらないような気もしますけど)
ウィローモスを活着させるためのプラケースみたいなのも買ったんですけどみんな石とか園芸用のマットとかに活着させてるみたいなのでいらなかったかな。(600円くらいしました…高)
今度は100均で調達します。


本日も多摩川(の支流の野川)でガサガサをしてきました。
2回目のガサガサですが野川(二子玉川近辺)はあまりガサガサに向いていないのかもしれません。
水際に草が繁茂しているところが意外と少なくて水深も浅いためガサガサしにくいような気がします。(早くも贅沢を言い出す)

成果はウキゴリ2匹と10cmくらいのドジョウ(マドジョウ?)、エビ多数でした。(前にヨシノボリって書いたけどウキゴリでした)
今日は小魚は狙わず石をひっくり返して出てきた魚を狙うようにしたため底物系が多かったです。
エビはもういくらでも捕れるので結構逃がしちゃいましたけど。

狙いはオヤニラミだったのですがどうやら野川にはいないようです。
投網をしていた方に「何か狙っているんですか?」と聞かれ「オヤニラミを探しているんですけど…」と言うと、どうやら野川の下流域では見たことがなくもっと上流にいかないと駄目だそうで。(泣)
更なるリサーチが必要なようです。

捕ってきた魚たちは水合わせをして水槽へ。
大分賑やかになりました。
早くオヤニラミを捕まえたい。

IMG_20180524_201044

水槽用のLED照明と水槽のフタを購入しました。
私はコトブキの60cm規格水槽を使用しているのですがどのフタを買えば良いのかわからずAMAZONでジェックス ガラスフタ 60-AとBの2枚を買って並べています。
これで上部は覆うことができるので特に不満はありません。
アクリル板を切って自作しようかとも思ったのですがフタ自体が相当安いのと2枚並べた方がエサをあげるときに1枚ずらすだけで良いので簡単だという理由から購入に至りました。
照明はジェックス クリアLEDパワーⅢ 60cm用というものですが非常に薄型でかなり気に入ってます。
意外と自作の水槽台も良い感じになってます。(自画自賛)

照明を付けると一気に映えますね。
ベランダのメダカ水槽にいたメダカやアカヒレ、ヌカエビ?も数日前に全て投入しましたが今のところみんな元気そうです。
マツモとホテイアオイもよく洗って移してみました。
エサはフリーズドライの赤虫とメダカ用のエサを与えてますが赤虫の方が食い付きが良いですね。
メダカ用のエサも一生懸命食べてますけど赤虫だと手から食べるんじゃないかってくらい水面に近づいてきます。

だんだんアクアリウムっぽくなったきましたが問題点もありまして、ハヤは大きくなるとメダカやエビを食べてしまうらしいのです…(え)
今はメダカと同じくらいのサイズなので共存?していますがいずれはどちらかを隔離しないといけません。
メダカは穏やかな水流の環境に生息しますがハヤは流れがあった方が良いようです。
川魚とメダカでは同じくらいのサイズでも運動性能が全く違ってハヤはメダカよりもクイックに動くので全体にエサが行き渡るようにしなければなりません。
この水槽は水流の吹き出し口の関係から右上側の流れが強く左側が弱いので夜は左や下の方で休んでいるみたいです。

"ハヤ"って一括りにしてますけど正確な魚種がわからず60cmで終生飼育できるのかどうかという問題もあります。
スペース的には置けても90cmスリム水槽かなと思うので60cmをメダカ、エビ水槽にして90cmでハヤを飼育するという手もありますが……さすがに大変かも。

↑このページのトップヘ