Kちゃんまんのサンバイオで1億円を目指す日記

サンバイオへの集中投資で1億円を目指します。

カテゴリ: 登山

昨日はいつもの友人と雨風吹き荒れる中、塔ノ岳に登ってきました。(また塔ノ岳)

5時頃起床し外を見るとかなりの勢いで雨が降っていました。
風も強いしこれは結構ヤバイんじゃないかと思って友人に電話をかけて相談。
「行けるとこまで行ってダメそうなら引き返そう」という話になったため決行することに。(いつもの)
通常ならこんな日は二度寝しますけど今回はどうしても最近手に入れたForeAthlete235Jを登山に使ってみたかったんですよね。

渋沢駅からバスで大倉まで行きましたが登山者は私達以外にはいませんでした。(一人、それっぽい格好の人が乗車してましたが大倉で降りて駅の方向へ歩いていったので恐らく登山者ではなかったのだと思います)
そもそもこんな天気で山登りしようなんて変態はそうそういないのでしょう。

IMG_20180824_070313

大倉には私達以外には誰もおらず雨がしとしとと降り続けています。
幸いなことに起床時ほどの荒れた天気ではなかったので登る分には問題はないかなという感じでした。

今回はサロモンのTrail 20というランニングバッグに飲み物2.5L(1.5L、500mL×2)、レインウェア、着替え、食料、救急セット、ザックカバーその他もろもろを詰めていきました。
1.5Lのペットボトルを入れるとかなり容量が圧迫されるので500mLはそれぞれバッグの横に差しておきます。(やっぱりハイドレーション必要かな)
ソフトフラスクを購入したのでジェルを自作して持っていこうとも考えましたが結局ゼリー飲料を3つ持っていきました。
(まだジェルを自作したことがなくていざ作ってクソ不味かったらげんなりしちゃうなと)

登り出しからレインウェア(上だけ)を着ていたので蒸し暑くて蒸し暑くて雨だか汗だかわからないくらい何かがしばらく滴り落ちてました。
一応ゴアテックスだったんですけど買ったのももう8年か9年くらい前ですしもしかしたら劣化してたのかもしれません。
もうサウナスーツ状態で熱中症になるんじゃないかっていうくらいムシムシしていて
「今日は途中で下山もあるな」なんて思っていました。
標高が上がりはじめてからは気温の低下と風で大分涼しくなって、ようやくなんとかいけそうな雰囲気が出てきたと思います。

個人的に塔ノ岳で一番のキツいポイントは堀山の家から花立山荘までと思っています。
気合いを入れてこの区間を登りきってしまえば後は山頂までそんなにキツくないので如何にここで萎えずに進めるかを意識してペース配分をしているつもりです。

IMG_20180824_093053

そして、なんとか山頂へ到着。
山頂は強風が吹き荒れていて普通に立っていても体が煽られる時があるくらいの悪天候でした。
雨で視界も悪く頑張ってスマホで撮影したんですけど一瞬でレンズに雨粒がつくのでぼやけてます。

IMG_20180824_154056

ランニングってなってますけどもちろん走っていません。
登りは2時間17分でした。
一応、ビジターセンターから少し歩き始めて車道に出たくらいで計測を開始したのですが山頂まで7kmありませんでした。
途中で下山も考えていたことを思うと悪くない結果だと思います。

IMG_20180824_154112

綺麗に登山道をプロットしていてさすがガーミンといった感じです。

IMG_20180824_154129

途中で謎のラップが取られているのですがこれは何なのでしょう。
設定では1km毎になっているのですが…もしかしたら途中でボタンに触れてしまっていたのかもしれません。

IMG_20180824_154254

設定はGPS+GLONASSにしています。
大倉は標高290m、塔ノ岳山頂は1,491mなので少し誤差があります。
GPSは元々高度の測定には向いていません。おそらくガーミンも地球楕円体からの高さを測定しジオイド高を引いて標高を出しているのではないでしょうか。
山頂で1,491mよりも大分低く出ているのでジオイド高を引いているのは確かだと思うのですがぶっちゃけ詳しくは知りません。(え)
そう考えるとGPSだけでここまでの精度が出るのならかなり優秀のようにも思います。
まあ私のように日帰り登山程度ならこのくらいであれば実用上問題はないと思います。

IMG_20180824_154425

ガクッと落ち込んでいるところは小休止か疲れて立ち止まったかのどちらかです。
まだまだ長い登りでは疲れて止まってしまうことがあるのでまずはそこを改善できればよりペースを上げることができると思います。
私の場合、平日休みのときは登山後に保育園に子供を迎えに行くため、山行に費やせる時間が限られています。(遅くとも15時には大倉に到着したい)
なので塔ノ岳よりも遠くに行きたかったらより速く登るしかないんですよね。
あと持久力のトレーニングも兼ねているのもあるので今後もペースは意識していきたいです。

一緒に登った友人とは前回同様、途中から各々のペースで登ることにしました。
友人は山頂まで3時間15分程度かかると見込んでいたので私とは1時間程度の差が生まれます。
今回は悪天候でとても山頂で1時間も待っていられなかったので30分だけ丹沢山方面へ歩くことにしました。
30分進んで30分で戻ってくれば1時間、そうしたら友人と山頂で合流し一緒に下山という流れになります。

IMG_20180824_154505
IMG_20180824_154530

塔ノ岳から1.6km進んだ地点でタイムアップとなり引き返してきました。
塔ノ岳から丹沢山までは結構道が崩れていて危険っていうわけではないんですけど歩きにくいところが多かったです。
アップダウンは少ないので気持ちよく走れそうな感じでした。(走りませんけど)
稜線上では遮るものがないので風をダイレクトに受けながらの歩行でした。
天気が良かったら景色を眺めながらゆったり歩きたいコースです。

IMG_20180824_154602
IMG_20180824_154706

そして塔ノ岳に戻ってきて下山開始。
しばらく下るも友人と会いません。
もしかしたら間違えて別の道へ下りて行ったのかもと不安になりましたが堀山の家で追い付いて合流。
なんと3時間切って山頂に着いていたらしく悪天候だったのですぐに下山したということでした。
友人も少しずつタイムが上がってきています。
結局2時間19分かかって大倉に到着。登りより時間がかかってしまいました。
地面が常に濡れていたので転ばないように慎重に慎重に下りた結果、登りより時間がかかりました。
走りながら下りていく人とか転ばないんでしょうか。
13時前に大倉に到着しバスで帰路につきました。

リカバリータイムは登り終了後に計測を止めて見てみたところ47時間でした。
その後、丹沢山方面へ少し進み折り返して下山したので実際はもっと疲労しているわけですが…
運動効果は大倉から塔ノ岳山頂までが3.4、塔ノ岳山頂から丹沢山方面へ進んで塔ノ岳山頂が2.5、塔ノ岳山頂から大倉が1.9でした。
かなりキツかったんですけど登りで3.4とは。
下りなんてほとんど心拍数が上がらなかったので心肺機能の向上にはほとんど効果がないんですね。

飲み物は2.5L持っていきましたが全行程で1Lちょっとしか飲みませんでした。
次回は2Lまで減らしてみようと思います。登りで結構飲んでしまったら山小屋で買えば良いですし。

帰宅時(15時頃)で充電は半分くらい残っていたと思います。
今回の山行でガーミンのFA235Jは十分使えることがわかったので次回からも持っていこうと思います。

昨日、前回一緒に塔ノ岳を登った友人とまた塔ノ岳に登りました。
台風が接近していたので当日朝に決行するかどうか決めて登っている途中でも怪しい感じだったらすぐに引き返そうという流れで登山に至りました。
結果、一度も雨に降られることもなくじめじめはしていましたが気温も丁度よくて前回より快適に登れたと思います。(相変わらずめちゃキツでしたが)

一緒に登った友人は前回登った後に一人で来て登頂したという話だったので今回は始めから各々のペースで登ることになりました。

渋沢駅からバスに乗車。登山者は我々を含めても4人しかいませんでした。
我々以外にも物好きはいるんですね。

7時ちょい過ぎに大倉に到着、いつものようにだらだらと準備をして7:15に出発、山頂には9:46に到着しました。
相変わらず途中で足が止まることがあって体力不足を痛感しました。
今回は特にタイムを意識せず結果として約2時間半で登ったのですが慣れた人なら2時間は余裕で切れるんだろうなという印象です。(荷物の量にもよりますが)

IMG_20180809_094846

私が山頂に着いたときは雲海から富士山が顔をのぞかせていました。

そして友人と山頂で合流し11:17に下山開始。(山頂に1時間半もいました)
下りは友人のペースに合わせて2人でだらだらと歩いたため大倉には14:30に到着。
下山開始直後に友人が滑って足を少し捻ったかもということで大事をとってゆっくり下りました。

今回は飲み物を3.5L持っていったのですが1.5Lくらいは余りました。
またまたゼリー飲料もたくさん持っていきましたが次回からはソフトフラスクを購入して自作ジェルを作って持っていこうと思います。
そっちの方がゴミも出ませんし

そう言えば前回も今回もランナーっぽいすごく軽装の方を見かけて驚きました。トレランっていうみたいですね。
調べたらトレラン用のシューズや装備も結構充実しています。
確かに塔ノ岳往復くらいなら軽装でパッと行ってパッと帰ってくるのも良いかもしれません。
始発で行って正午には家にいれると思うと魅力的です。
私は登山に力を入れているわけではなくどちらかと言うと体力向上を狙っているだけなのでよりクイックに登るトレランの方が性に合っているのかもしれません。(花を愛でるとか写真をいっぱい撮りたいとかも無いですし)
次に登るときはランニング用に買ったサロモンのTrail 20にハイドレーションを装備してなるべく軽量にし、どれだけ短時間で登れるか実験してみたいです。
普通に歩いて2時間は切れないととても走って登るのは難しそうです。

次回に色々と挑戦してみたいことが増えた山行となりました。



IMG_20180724_102938

昨日、丹沢の塔ノ岳に登ってきました。

趣味仲間の友人と登ったのですが友人は登山が初めてで私は何年も前に丹沢や富士山等で合わせて10回ほど登山経験があるくらいのレベルなので難易度的に易しそうな大倉~塔ノ岳の往復をしました。

そもそもなぜ山登りなんかしたのかというと8月に富士山に登ろうという話になったからです。(フルマラソンと同じ流れ)
友人は全くの登山未経験者でいきなり富士山は不安なのでまずは簡単に行って帰って来れる山を登ってみたいということでした。

当日は始発で渋沢駅まで行き渋沢駅から6:48発のバスで大倉へ。
平日だったのでバスはかなり空いていました。
ダラダラと準備をしてバスから降りた人がほぼいなくなった7:15に大倉のバス停を出発しました。
事前にツイッター等で情報収集したところ登りでかなり水を消費したということで水やスポーツドリンク等を合わせて3L用意しました。
その他、雨具や着替え、食糧等々もザックに詰め込んでいきました。
食糧は山頂で食べるおにぎり2つ、ゼリー飲料3つ、チョコ(M&Ms)、ボンタンアメ、柿ピーなど。適当に好きな菓子をチョイスしました。
渋沢駅で朝食用におにぎりを2つ買ってバスを待っているときに食べたのであまり腹が減らなかったですね。
持っていった食糧も半分くらい食べず、山頂でコーラを買ったのもあって飲み物も1Lちょっと余りました。(それでも2L以上は飲んだことになります)
ゼリー飲料は重さの割にカロリーが少なくて登山に向いているかと言われると微妙なところもあると思いますが疲れていても飲めるので私は持っていくことが多いです。
ゼリー飲料を考えた人まじで神です。

私はオスプレーの30Lくらいのザックで行きましたがランニング用に購入したサロモンの20Lのバッグでも良かったかなと思います。
念のためドリンクをたくさん入れたら他の装備が入りきらなくなったのでオスプレーにしましたがサロモンにハイドレーションを付ければそっちの方が身軽になりそうです。

IMG_20180724_102307

山頂には10:15に到着し11:30に下山開始、14:00前に大倉に到着したので塔ノ岳はお手軽登山にもってこいの山ですね。
ぶっちゃけ登っているときはかなりしんどくて景色が良いところも少ないですし苦行にしか感じません。(え…)
でもアクセスの良さと適度な距離、難所という難所がないことから登山トレーニングとしては最適かもしれません。
そして、今回の山行で自身の足の弱さを痛感しました。
多少なりとも走っていてこれなので走ってなかったら酷いことになっていたかも…

登りは登りで大腿が重く階段やガレ場で何回か止まってしまいました。
下りもきつかったです。登りで足が疲労していたので登りよりもキツかったかもしれません。
下りは伸張性収縮がずっと続くのでなかなか鍛えにくい部分はあると思いますがランニングで坂道も走るようにして多少なりとも山登りを続ければ適応していけると思っています。

IMG_20180724_102858

早めに塔ノ岳の山頂に着いたので丹沢山まで行こうかとも考えたのですが家の都合で最低17:00には帰宅していたかったのもあり今回は見送りました。
体力的にも見送っていて正解だったかもしれません。下山した時点である程度の余力が残っていないと道中何かあったときに対応できなかったことになりますからね。

案の定、今日はかなりの筋肉痛で特に階段の下りがキツかったのですが早めの疲労回復を期待して回復ランを行いました。
ゆっくり45分ほどかけて7km走りましたが終始足が重かったです。
むしろ逆に疲労を溜めてしまった感もあります…
早く回復させてランニングを再開したいです。


↑このページのトップヘ